スピリチュアルを仕事にするにはどうすればいい?。転職方法を紹介

メディアや占いの館などで活躍する占い師。特殊な仕事は特別感があり、憧れる人もいるのではないでしょうか?占いが好きな人も多く、仕事にしたい人もいることでしょう。ですが、いざ仕事をしようにも、どのようになればいいのかよく分かりません。占いの館で働くには、履歴書を持っていけばいいのでしょうか?チャネラー、霊媒師、ヒーラーなど、スピリチュアルな仕事は他にもあり、転職方法が気になります。スピリチュアルな仕事にするにはどうすればいいのか。転職方法を紹介します。

スピリチュアルな仕事は何がある?

単にスピリチュアルな仕事といっても、その種類はたくさんあります。占い師はもちろん、チャネラー、霊媒師、ヒーラー、ダウザーなど、内容も方向性も様々です。占い師だけを見ても、手相占い、辻占い、水晶占い、カード占いなど、有名な種類だけでも多岐にわたるのです。オリジナルの占いも含めれば、スピリチュアルな仕事は無限大ともいえるでしょう。スピリチュアルな仕事を目指す前に、「自分はどのような仕事をしたいか」を、しっかり定めておく必要があります。

仕事に霊感は必要?

スピリチュアルな仕事でよく言われているのが「霊感は必要なのか」ということです。霊感とは、霊を知覚する力であり、第六感ともいわれています。スピリチュアルな仕事はどれも超常的な出来事ばかりで、いかにも「霊感が必要」と感じることでしょう。ですが、実際には必要というわけではありません。霊媒師は作法を知っていれば除霊ができますし、占いも手順さえ分かれば占い師はできます。霊感が無い、もしくは弱くても仕事にしている人は多く、無くても問題はありません。もちろん、霊感があった方ができることは増えます。効力や的中率にも影響し、より人気が集中するでしょう。霊感はあった方が良いけど、無くてもスピリチュアルな仕事はできるのです。

スピリチュアルには資格がある

占いを始め、スピリチュアルな仕事には資格や認定証が存在します。専門の協会や組合が運営をする試験であり、取得することで、協会や組合から認められる専門家になるのです。もちろん、資格は国家資格ではなく、無くても仕事をすることはできます。実力主義の仕事であり、資格がなくても結果が出せれば問題ないからです。極論をいえば、「占い師になりたい」と思ったその時から、占い師になれるといえるでしょう。ですが、一般の人から見れば、資格がない人はただの胡散臭い人です。目に見えないスピリチュアルな現象を扱う仕事であることも合わさり、無名だと到底信用はできません。中には実力の無いモグリも存在し、一種の詐欺ともいえます。

資格や認定証は、一般の人に「一定以上の実力や知識がある」ことを証明するために必要であり、大切なセールスポイントなのです。資格や認定証以外にも「有名占い師の弟子」や「占いの専門学校卒業」など、仕事を始める前には、実力が保証される称号は取得しておきましょう。スピリチュアルな仕事に霊感は無くても良いですが、資格はあった方が良いです。

仕事にするにはどうすれば良い?

仕事をするためには何から始めたら良いのか。主な方法を紹介します。

講習を受ける

最も一般的な方法は、学校や通信教育などの講習を受けることです。講習にはマニュアルが存在し、仕事をするうえで必要な知識と技術を教えてくれます。講習には試験対策の勉強も含まれており、しっかり勉強すれば、順当に資格が取得できるでしょう。学校なら認定証や卒業証書なども貰えます。さらに、講習が終了すると、そのまま協会や組合に属せる場合もあります。協会や組合に属せれば、さらなる勉強になるのはもちろん、仕事も斡旋してくれて、スムーズに仕事をスタートできます。

独学で勉強する

知識や技術は、独学でも習得できます。専門書は通販でも購入できますし、様々な場所に出向いて実戦経験をしても良いでしょう。一昔前は、技術を磨くため、通行人を相手に手相占いをする人もいました。資格がなくても仕事ができるからこそ、独学でも問題ないのです。「百聞は一見に如かず」。座学を繰り返すよりも、実戦経験の方が技術は身に付きやすいです。

ただ、独学だと間違った知識や技術を取得するかもしれません。さらに、資格や後ろ盾がないことで信用性も低く、仕事を始めるのがすごく難しいです。実戦経験の伝手で名前が広がる可能性もありますが、あまり期待はしない方が良いでしょう。ローコストでできますが、将来的にみるとハイリスクな方法です。

プロに弟子入りする

有名なプロに弟子入りする方法もあります。プロの技を間近で見て学べるため、すぐ実戦に使えます。肩書も「○○の弟子」になるので、後ろ盾もしっかりしているでしょう。師匠の伝手から仕事にもありつけ、ある程度有名になれば独立もできます。ただ、プロに弟子入りするのは簡単ではありません。商売敵を育てることになるため、多くの人は弟子を取らないでしょう。また、師匠によっては後ろ盾も弱いです。肩書の事を考えると、メディアで紹介されているような有名人でなければいけません。同僚や新人として教えてくれることは多いですが、弟子となると、かなり難しくなります。

仕事の始め方

知識や技術が身についたら、いよいよ仕事のスタートです。では、どのように始めればいいのでしょうか?

求人募集に応募する

意外かもしれませんが、実はスピリチュアルな仕事も求人募集が出されています。「占いの館のスタッフ募集」「ヒーラーの施術師募集」といったように、店舗で募集をしているのです。特に占いの館が募集している場合が多く、一般企業と同じように、履歴書を持って面接を行います。また、日通いで募集をかける場合もあり、働き方は正社員からアルバイトまで様々です。インターネットで求人募集を探すか、近くの店舗に直接申し込みに行きましょう。

協会・組合から仕事を貰う

協会や組合に属していれば、仕事を貰うこともできます。占い師なら占いの館を紹介されたり、企業へ派遣されたりなど、内容問わず仕事が貰えます。また、講習の教師になる場合もあります。塾講師と同じであり、安定した収入が得られるのです。もちろん、独立もできます。基本的には、協会で仕事を貰いながら実戦経験を積み、ある程度有名になったら独立するのが一般的です。講習や学校を受講して入会する必要はありますが、安定した仕事のスタートが切れるでしょう。

個人営業を始める

基本的なセオリーを無視して、個人営業から始める方法もあります。近年はインターネットの発展により広く宣伝できるようになりましたので、営業方法次第でいくらでも稼げるのです。営業用の公式サイトを設立すれば、依頼も来やすく自由な商売ができます。ただ、無名だと難しいです。胡散臭く思われ仕事の依頼は滅多に来ません。スピリチュアルな仕事だけで生計を立てるなら、ある程度知名度が必要になるでしょう。独立する人もいますが、多くは「元占いの館出身」「スピリチュアル関係の本を出版」「専門学校の講師」といったように、別の場所で経験と名声を得た人ばかりです。いきなり個人営業を始めるのではなく、別の場所で仕事をしてから独立した方が現実的です。

スピリチュアルが好きなら誰でもなれる

スピリチュアルな仕事に資格はありません。仕事にしたければ誰でも転職ができます。もちろん、知識や技術は必要ですが、講習はもちろん独学も可能で、ハードルは低いといえるでしょう。最も大切なことは「スピリチュアルが好きな事」です。「好きこそ物の上手なれ」というように、好きなら理解も早く、すぐ仕事ができます。「よく分からない仕事だから」と恐れず、スピリチュアルを仕事にしてみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!