アルファ波とベータ波の違いとは?アルファ波による効果を紹介

脳を休ませたい時には、アルファ波を意識すると良いです。アルファ波とは脳波の一種であり、主にリラックスした際に発せられるといわれています。

他にも、脳波にはベータ波と呼ばれる波形も存在し、よりアルファ波のよる休息効果を意識するためには、脳波の違いについて知っておくことが大切となります。

アルファ波とベータ波は何が違うのか?アルファ波による効果や発生方法についても紹介します。

アルファ波とベータ波の違い

アルファ波とベータ波の違いは、周波数の違いです。アルファ波が8~13Hzの脳波を発するのに対して、ベータ波は14~30Hzの脳波を発します。

脳の周波数は、脳の状態によって端数が異なります。脳波とは脳が発する電気信号を波形で表したものであり、周波数が高いほど、脳が電気を発しているのです。つまりは、脳が働くと周波数が高くなり、逆に脳が休んでいる時には脳波が低くなります。

また、脳波は全部で5段階に分けられます。睡眠時に発せられるデルタ波から、脳が活動している際のガンマ波まであり、アルファ波とベータ波はその間にあります。

そして、ベータ波は覚醒時に発せられる脳波であり、ベータよりも周波数が弱いアルファ波は、リラックスしている時に発せられる脳波となります。

アルファ波とベータ波の違いは脳の状態の違いであり、アルファ波はリラックス時、ベータ波は何もしていない時の周波数というわけです。

脳波の種類
●デルタ波(1~3Hz):睡眠時に発する脳波
●シータ波(4~7Hz):瞑想時に発する脳波
●アルファ波(8~13Hz):リラックスしている時に発する脳波
●ベータ波(14~30Hz):覚醒時に発する脳波
●ガンマ波(30~80Hz):活動時に発する脳波

アルファ波の効果

アルファ波の状態になることで、以下のような効果が期待できます。

ストレスが軽減できる

アルファ波の状態になることで、以下のような効果が期待できます。

ストレスが軽減できる

アルファ波の状態になると、ベータエンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が発せられます。ベータエンドルフィンは鎮静や幸福感を得られる物質であり、アルファ波が発せられることで、脳の働きを抑えリラックス状態になれるのです。

そして、脳の疲れを癒すことのより、ストレスを軽減させることができます。

自律神経が改善する

脳を休めリラックスさせることにより、自律神経も改善されます。自律神経とは人の体を制御する神経であり、活動を促す交感神経と休息を促す副交感神経によって制御されています。

ですが、ストレスなどの疲労を感じる続けると、自律神経の制御が効かなくなります。その結果、入眠前でも交感神経が優位となり目が覚めるなど、生活に乱れが生じるようになるのです。

自律神経を改善するためにも、脳や精神を休める必要があります。

また、自律神経の乱れは、免疫力にも影響します。風などを引かないためにも、しっかり休ませる必要があるのです。

集中力が回復する

脳を休ませることで、集中力も向上します。人は常に脳を働かさることはできません。体力と同じで、長く使うことで疲れて集中力が途切れてしまいます。

人の集中力は、60~90分が限界だと言われています。集中力を回復させるためにも、脳をアルファ波の状態へと保つための休憩時間を設けましょう。

アルファ波を発生させるには

アルファ波は、リラックスした際に発せらる脳波です。つまりは、アルファ波を発生させられれば、「リラックスしている」と判断することができます。

アルファ波を発生させてリラックスさせるには、どのような方法があるのでしょうか?

自然音を聴く

1つ目の方法は、自然音を聴くことです。自然音とは、木々のざわめきや川のせせらぎ音など、自然界の音のことを指します。

自然が奏でる音は、規則性がある一方で不規則でもあります。そのような変化を「1/fゆらぎ」と呼び、音の緩急が心地よく感じるのです。

また、クラシックも脳を休ませアルファ波を発生させる効果あります。

単純作業を繰り返す

2つ目の方法は、単純作業だけを繰り返すことです。単純作業とは、編み物、草むしり、折り紙など、頭を使わず流れだけで行える動作のことを指します。

単純作業をしている際、眠くなった経験はありませんか?それは、飽きて眠くなるのではなく、アルファ波が発生することで眠くなるのです。

無心になって単純作業を繰り返すことで、アルファ波を発生させ脳を休ませることができます。

アロマを使う

3つ目の方法は、良い香りを嗅ぐことです。香りによって脳が刺激され、心地よさとともにアルファ波が発生します。

中でも、柑橘系やハーブ系の香りは、気持ちがスッキリしてリラックスできます。

他にも、コーヒーの香りにはアルファ波を高める効果があると言われており、リラックスするのにおすすめの香りといえるでしょう。

よりリラックスを促すシータヒーリング

脳波を活用した療法として、シータヒーリングと呼ばれる方法もあります。

シータヒーリングとは、アメリカで開発されたヒーリング療法の1つであり、脳波をシータ状態に保つことで心身を癒すのです。

シータ波は、アルファ波よりも周波数が低く、瞑想時や入眠時などの意識があやふやな時に発せられます。それゆえ、アルファ波よりも癒し効果は高く、より効果的といえます。

また、意識があやふやな状態であることから、潜在意識の改善効果も期待されています。トラウマや苦手意識といった、リラックスだけではどうしようもできないことも、シータヒーリングでなら癒すことができるのです。

他にも。除霊効果が期待できるなどもあり、近年は注目を集めています。

アルファ波とベータ波の違いは脳の活動状況によるものです

アルファ波は、脳がリラックスした際に発する脳波です。通常時はシータ波と呼ばれる脳波を発しますが、特定の状況によって脳が休憩を求めると、ベータ波からアルファへと変化します。

脳を休めることは、疲労回復だけではなく、ストレスの頸がんや免疫力向上にもつながります。集中力の回復にも効果的であり、受験勉強などをする際は、アルファ波を意識すると良いでしょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!