チャネリングを使って危険回避をしよう。チャネリングのやり方も紹介

人生には、危険がつきものです。交通事故や病気といった命の危険はもちろん、人間関係のトラブルを始めとした精神的な危険、さらには、仕事や試験が原因の立場的な危機など、様々な祈件が挙げられます。

順風満帆の人生を送るためには、いかに危険な回避をするかが重要といえるでしょう。

チャネリングには、そんな未来の危険を見通す力があります。事前に対策をとっていれば、将来的に危険が迫っていても怖くはありません。

チャネリングとは、どのようなものなのか。仕組みややり方について紹介します。

チャネリングとは

チャネリングとは、「高次元の存在」と交信するための手段や能力のことです。

この世界には人の常識では測れない、高次元な存在がいると考えられています。神や天使、あるいは悪魔や心霊などと呼ばれる存在であり、昔から信仰されていました。実際、人の理解を超えた超常現象は古今東西で確認されており、高次元の存在を証明しているともいえるでしょう。

ただ、たとえ存在していたとしても、基本的に高次元の存在に干渉することはできません。よく、漫画のキャラクターが私たち、漫画を読む読者が高次元の存在として例えられますが、漫画のキャラクターが読者に干渉できないように、私たちが高次元の存在に干渉することもできないからです。

ですが、そんな不可能もチャネリングなら可能にします。電話回線のようにチャンネルをつなげることで、高次元の存在とやり取りが可能となります。

人によっては断片的や抽象的なメッセージになる場合もありますが、通常では知りえない情報も、チャネリングによって知ることができるのです。

チャネリングができる人はチャネラーとも呼ばれ、占いなどに活用しています。

チャネリングによて危機回避ができるわけ

高次元の存在は、物理的な常識にとらわれません。物質を無視した移動はもちろん、距離や時間の概念もなく、古今東西自由に移動ができると考えられています。

そのため、未来の出来事も知ることができ、事前に対策することで危険回避ができるわけです。

「虫の知らせ」を始めとした悪い予感も「偶発的なチャネリングにより、高次元の存在から知らされている」ともいわれています。

ただ、正直な話、危険回避の性能は高くありません。理由としては、「いつなのか」が分かりにくいからです。仮に「交通事故に遭う」とチャネリングによって知っていても、それが明日なのか一年後なのかが詳しく分からないわけです。

更に未来は常に変化しています。結果を知ることで回避できる危険も多く、絶対に生じるわけではありません。「落石に巻き込まれる」と知らされていて、好んで山登りをする人は少ないでしょう。

他にも、断片的・通称的なことから読み間違いする可能性もあり、チャネリングの結果が外れることも珍しくはないです。

危機回避は出来ても万能ではありませんので、チャネリングを活用する際は注意が必要です。

チャネリングのやり方

チャネリングはどのように行うのか。やり方について紹介します。

環境を整える

チャネリングを始める前に、まずは環境作りから始めます。チャネリング中は集中する必要があり、環境が悪いと集中できません。

整理整頓をして綺麗にするのはもちろん、換気もして新鮮な空気に入れ替えてください。

また、リラックスができるよう、好きな音楽やアロマを焚いても良いです。自分がリラックスして集中できる空間を作りましょう。

自身を整える

環境を整えたら、次は自分自身を整えます。一般的な瞑想と同じで、目を閉じた後、ゆっくり深呼吸をして雑念を取り去ります。

姿勢についても楽な姿勢で構いません。極論を言ってしまえば、寝そべった状態でも良いです。

深呼吸をしながら心を「無」にし、自信と世界がつながる(同じになる)まで感じてください。

ターゲットを想像する

ココロを無にしたら、メッセージを聞くターゲットを思い浮かべます。神、天使、心霊といった高次元の存在をイメージし、「つながる」よう意識してください。

そして、頭に浮かんだ言葉や図などが、高次元の存在からのメッセージとなります。

大切なことは、メッセージを疑わないことです。高次元の存在についてはもちろん、メッセージを疑うと、すべてが虚言になってしまいます。どのような内容でも、素直に受け止めましょう。

メッセージを理解する

メッセージを受け取ったら、その意味を理解します。ハッキリわかる場合はそのままいに、抽象的な場合は、直感に任せて考えてみてください。上手く理解するコツは、あまり深く考えすぎないことです。

また、メッセージはどのように行動するかも自由です。メッセージはあくまでもアドバイスであり、行動するかは本人次第になります。行動しない方が良い場合もありますので、自分の未来は自分で決めるようにしましょう。

メッセージが受け取れない場合は?

残念なことに、チャネリングをすれば必ずメッセージがもらえるわけではありません。特に初心者の場合は、ほとんどのメッセージが受け取れるようになります。

ですが、チャネリングは練習次第で精度が上昇します。繰り返し行うことで精度が研ぎ澄まされ、次第にメッセージを受け取れるようになります。

メッセージが聞こえないからといって諦めず、毎日練習をして、チャネリングをマスターしてください。

チャネリングをする際の注意点

チャネリングをする際は、必ずプラス思考の時に行ってください。気持ちが落ち込んだり、ストレスが溜まった状態で行うと、悪い存在と繋がりやすくなります。

いわゆる悪魔や悪霊といった存在と繋がってしまい、受け取るメッセージも悪いものになります。内容によっては、危険回避どころか、逆に窮地に陥ってしまうかもしれません。

「悪い存在は心の隙間に入り込む」ともいわれています。入り込む隙を作らないためにも、チャネリングのタイミングには注意してください。

チャネリングをして悪い未来を回避しましょう

チャネリングを活用すれば、危険を回避することも難しくはありません。メッセージから未来の出来事を予想し、対策を取ることで悪い未来を回避できるでしょう。

また、チャネリングは危険回避以外にも活用できます。恋愛や仕事を上手くするためのアドバイスや、岐路に立たされた場合のアドバイスなど、様々な質問を聞くことも可能です。

占い同様に確実性に欠ける方法ではありますが、何かに迷ったら、ぜひチャネリングで選ぶ道を聞いてみると良いでしょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!