数珠の正しい使い方とは?本式数珠と略式数珠の使い方を紹介

数珠は、宗派によって使い方が違うのを知っていますか?普段使う際は、何気なく合掌した手に数珠をかけて使っていると思いますが、宗派によっては異なります。

もちろん、間違ったからといってマナー違反となるわけではありませんが、大切な人を見送るとためにも、正しく合掌してほしいと思います。

数珠はどのように使うのが正しいのか。本式数珠と略式数珠の使い方を紹介紹介します。

本式数珠と略式数珠

数珠は、大きく「本式数珠」と「略式数珠」に分けることができます。それぞれどのように違うのかを知っておきましょう。

本式数珠>/h3>

本式数珠とは、宗派ごとに決められた正式な数珠のことです。煩悩の数と言われる108の玉が連なり、一つの輪を形成します。使う際は二重にして使うことから「二連数珠」「二輪数珠」と呼ばれることもあるようです。

また、宗派によって多少の違いがあります。玉の数が108ではない、房の結びが特殊などの違いがあり、自分の宗派に合わせて使い分けるのが一般的です。

略式数珠

略式数珠とは、本式数珠を簡略化した数珠のことです。玉を少なく輪を短くすることで、誰でも使いやすくしています。

玉の数は、54個(本式数珠の1/2)、36個(本式数珠の1/3)、27個(本式数珠の3/1)が多いですが、詳しい決まりはありません。近年では、玉の数よりも使いやすさが重視されています。

また、略式数珠は、すべての宗派の略式数珠でもあります。そのため、すべての葬儀で使用可能です。

数珠の選び方

天然石やガラス玉、木製など、数珠には様々な種類があります。購入する際は「高価な方が良いのか」など、気になる部分もあるでしょう。

数珠を購入する際は何を基準に選べば良いのでしょうか?

好みで選ぶ

数珠には様々な種類がありますが、実はどれでも問題ありません。宗派による違いはあっても、材質や色などによる決まりなく、自由に選ぶことができます。

「ガラス玉だからダメ」「明るい色は不謹慎」といったことはありませんので、気に入った数珠を選んでください。

また、金額についても決まりはありません。100均で購入した数珠でもマナー違反ではなく、問題なく葬儀で使用できます。

とはいえ、数珠は頻繁に買い替えるものではありません。一生使い続けられるよう、ある程度はしっかりした数珠を選ぶことをおすすめします。

男女別で選ぶ

数珠には、女性用と男性用があります。主な違いはサイズであり、女性用の方が、玉が小さく明るいデザインなのが特徴です。

数珠には男女兼用の物はありませんので、購入する際は、男性用と女性用を意識して選んでください。

数珠の使い方

数珠の使い方は、宗派によって少し異なります。数珠の種類と合わせて、使い分けてください。

略式数珠の使い方

略式数珠は、基本的に左手に持ちます。その際は、房は下向きに垂らして持ってください。

霊前で手を合わせる際は、左手に数珠の輪を通して合掌をします。

また、合掌した両手に、数珠の輪を通す方法もあります。決まりはありませんので、やりやすい方法を選びましょう。

本式数珠の使い方

基本は略式数珠と同じですが、宗派によって少し異なります。

曹洞宗・臨済宗の使い方

曹洞宗・臨済宗の持ち方は、輪を二輪にして左手で持ってください。

霊前で手を合わせる際は、左手に数珠の輪を通して合掌をします。

二重にして持つ以外は、基本的に略式数珠と同じです。ですが、両手に輪を通さないよう注意してください。

浄土宗の使い方

浄土宗の持ち方は、輪を二重にした後、房が付いていない輪を左手の親指で挟み、房が付いている方を左手の人差し指と中指に挟んで持ちます。

霊前で手を合わせる際は、二重にした両方の輪を、合掌した両手の親指にかけ、手首の上に数珠がくるような形で合掌をしてください。

略式数珠同様に、数珠の輪に両手を通すやり方もありますが、基本的に両手は通しません。略式数珠とは異なりますので注意しましょう。

日蓮宗の使い方

日蓮宗の持ち方は、略式数珠と同じように、輪を二重にして左手で持ちます。ただ、南無妙法蓮華経を唱える際と読経の際で、数珠の持ち方が異なります。

南無妙法蓮華経を唱える際は、数珠を八の字に交差させた後、房が3本の輪を左手の中指に、房が2本の輪を右手の中指にかけ、そのまま挟むような状態で合掌します。

読経の際は、略式数珠と同じで、二重にした数珠の輪を左手に通して合掌します。

それぞれ持ち方が異なりますので、状況に合わせて使い分けましょう。

真言宗の使い方

真言宗の持ち方も、輪を二重にして左手で持ちます。また、親玉は上にくるようにし、房は手のひら側に垂らすよう持ってください。

霊前で手を合わせる際は、数珠の輪を両中指にかけ、そのまま挟むような状態で合掌します。

天台宗の使い方

真言宗の持ち方も、輪を二重にして左手で持ちます。また、親玉は上にくるようにし、房は手の外側に垂らすよう持ってください。

霊前で手を合わせる際は、両人差し指と中指の間に数珠をかけ、そのまま数珠を挟むように合掌します。

浄土真宗の使い方

真言宗の持ち方も、輪を二重にして左手で持ちます。本願寺派・大谷派、どちらも持ち方は変わりません。

霊前で手を合わせる際は、両親指にひっかけ、数珠の輪に両手を通すようにして合掌してください。

また、本願寺派では房が合掌した手の下側に、大谷派では房が合掌した手の上側にくるように持ちます。本願寺派と大谷派で房の位置が違いますので、注意しましょう。

数珠の貸し借りはNG

基本的に、数珠の貸し借りは禁止されています。数珠は「念珠」とも呼び、人の念が入った仏具です。人それぞれ念は異なりますので、他人に貸すわけにはいきません。

数珠を忘れても、決してマナー違反ではありません。気になるようなら、近くの100均で調達しても良いでしょう。忘れたからといって、人から借りることはしないようにしてください。

個人と宗派が違う場合は?

数珠を使う際、気になるのは宗派の違いです。自分は真言宗だが、故人は浄土真宗といったように、それぞれの宗派が違うことはよくあります。

そのような場合は、自分の宗派に合わせると良いです。宗派によって数珠の種類は異なりますが、他宗派で使用してもマナー違反ではありません。自分が信じる形式で、故人を見送りましょう。

ただ、宗教が違う場合は注意が必要です。神道やキリスト教では数珠を使わず、使うとマナー違反となります。葬儀の形式が何になるかで、数珠の使用を決めてください。

宗派に合わせて使い分けよう

数珠には、略式数珠と本式数珠があり、それぞれ使い方が異なります。本式数珠の場合は宗派によっても使い方が異なり、自分の宗派に合わせた正しい使い方が求められます。

とはいえ、葬儀をする機会は少なく、折角覚えても次の機会には忘れてしまっているでしょう。

冠婚葬祭関係の仕事でもなければ、頑張って覚える必要はありません。「数珠には正しい使い方がある」ことを覚えておき、葬儀のたびに調べることをおすすめします。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!