オラクルカードとは?カードの使い方や選び方を紹介

カード占いといえば、タロットカードが有名です。恋愛運をはじめ、仕事運、金運、相性占い、探し物、決めごとなど、様々なことを占えます。

ですが、タロットカード占いには難しい配置のものも多く、覚えるのは大変です。絵柄一つ一つに意味があり、逆位置も合わせて覚えるのは難しく感じるでしょう。

そのような人には、オラクルカード占いがおすすめです。タロットカード占いのような難しさは一切なく、インスピレーションによって占うことができます。

オラクルカードとはどのようなカード占いなのか?占い方などを紹介します。

オラクルカードとは

オラクルカードとは、「オラクル(神託、神の言葉)」を受け取るために使用するカードのことです。

大まかな使い方は、願いを思いながらカードを引き、引いたオラクルカードの絵柄によって運勢を占います。占いの種類としては、偶然性から占う「ト術」の一つになり、おみくじなどと同じ分類といえるでしょう。

タロットカードとよく似ていますが、大きな違いは、カードの絵柄が違うということです。タロットカードは、大アルカナ 22枚、小アルカナ 56枚の計78枚によって占うのに対して、オラクルカードには枚数や絵柄の指定はありません。「山のカード」や「金星のカード」といったように、タロットカードにはない絵柄のカードも含めることができます。

また、オラクルカードが初めて使われたのは1970年代であり、数ある占いの中でも比較的に新しいのも特徴です。日本で知られるようになったのは1990年代になります。

規則性がなく歴史も浅いオラクルカードではありますが、逆に柔軟性に溢れ今風の占いとも言えるでしょう。

タロットカードよりも簡単に占えることから、注目をされつつあります。

オラクルカードの使い方

1.願うことを思う(口にする)
2.オラクルカードをシャッフルする
3.直感で一枚カードを選ぶ
4.カードの絵柄から、願い事の運勢を判断する

オラクルカードには、タロットカードのような決まった並べ方はありません。上記で触れたように、「願い事をした後、カードを引く」だけになります。運勢の判断にはインスピレーションが必要ですが、カードの内容を深読みせず、直感で判断しても大丈夫です。

また、タロットカードとは違い、基本的には逆位置の考えはありません。逆位置をふまえて占うこともできますが、基本的には上下の向きを気にせず、絵柄のみから判断します。

オラクルカードの選び方

オラクルカードは絵柄が自由であるため、数多くの種類が存在します。そのため、どのオラクルカードを使えばいいのか迷ってしまうでしょう。

オラクルカードはどのように選べば良いのでしょうか?

直感で選ぶ

タロットカードと同様に、選ぶ際は直感が大切です。「これ」と思う物には縁があり、スピリチュアルで繋がることで、占いの精度を高めてくれます。

もちろん、多くの種類を調べて比較するのも大切ですが、自分の直感も重要視してください。

願い事に合わせて選ぶ

オラクルカードを選ぶ際は、願い事に近い種類を選ぶと良いです。

オラクルカードには、神様をモチーフとしたカード、自然をモチーフとしたカード、お金をモチーフにしたカード、人魚やユニコーンなどの幻想生物をモチーフとしたカードなど、色々なデザインがあります。

収入について占いたいなら、「お金」や「宝石」をモチーフとしたカード。恋愛についても占いたいなら、「神様」や「天使」をモチーフとしたカードといったように、関係性の近い種類を選ぶと、インスピレーションも湧きやすくなります。

もちろん、関係が牛種類でも問題ありませんが、初めてだとインスピレーションも湧きにくいでしょう。

まずは願い事を決め、その願い事に近い絵柄から探してみてください。

絵柄で選ぶ

絵柄の好みで選ぶのも、一つの方法です。「絵柄が気に入った」ということは相性が良い証拠であり、占いの精度を高めてくれます。

また、好きな絵柄なら占いも楽しくなり、すぐに上達していきます。好みの絵柄から始めることで、オラクルカードはもちろん、占い自体に馴染みやすくなるでしょう。

オラクルカード占いの注意点

占う際の注意点として、オラクルカードは「答えを示す占いではない」ことを意識してください。

オラクル(神託)は、「答えを教えてくれる」ものではなく、あくまでも「道を示してくれる」ものでしかありません。オラクルによって知らされたことから、「どのように行動するかを自分で決める」ことが重要になります。

そのため、オラクルカードには当たり外れの概念はありません。オラクルカードの本質は「アドバイスをする」ためのものですので、占い結果に正解はないわけです。

仮に的外れのアドバイスになったとしたら、それは内容を受け取る本人によるものです。願いを考えながら占ってしまいますので、基本的には的外れになることはありません。的外れになる場合は、意図的に外した場合や、始めから上手くいかないと自覚している場合になります。

占い全体に言えることではありますが、占いの結果が必ずしも正解なわけではありません。あくまでも参考程度にとどめ、より良いと思う方法を模索してください。

タロットカードを使ったワンオラクル

タロットカードにも、同じような占い方法があります。方法も同じであり、シャッフルしたカードの中から一枚を選び、絵柄から運勢を占うだけです。

ただ、オラクルカードと違い、逆位置の考えがあります。そのため、カードのシャッフルは机に広げた後、両手かき混ぜながらシャッフルをします。

また、カードを二枚使ったツーオラクルもあります。それぞれ「結果」と「対策」を記したカードであり、より詳しく占うことができるでしょう。

オラクルカードに興味を持ったら、ぜひタロットカードにも挑戦してください。

悩んだ時にすぐ試せるオラクルカード

オラクルカードは、タロットカードをより簡易にしたようなカード占いです。「カードをシャッフルして一枚引くだけ」という手軽さから、悩んだ際にすぐに試せます。

種類も豊富で、世界には100を超えるオラクルカードが存在しています。様々な絵柄があるため、観賞目的としても楽しめるでしょう。

「カード占いをしたいけど、覚えるのが難しい」人は、ぜひ、手軽にできるオラクルカードから挑戦してみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!