子どもの方が、霊感が強いって本当?霊感が強い子供への対応も紹介

霊感とは、霊を知覚できる能力のことです。多くの人は例の存在を知覚することはできませんが、霊感が強い人は稀におり、霊の姿や気配を感じ取ることができます。

特に、子供は霊感が強いといわれており、霊を知覚し話しかける子も珍しくはありません。夜泣きする理由の一つには、霊が見えて怖がっているからだとも考えられています。

なぜ子供の方が、霊感が強いのか。霊感が強い子供の特徴や対応などを紹介します。

子供の方が、霊感が強い理由

子どもの方が霊感が強い理由には、いろいろな説があります。それぞれを確認してみましょう。

純粋だから

一つ目は、子供の方が純粋だという説です。

人間は、見えているのに見えない性質があります。視界では捉えているのに、その情報を脳が否定し、無意識の内に見えなくしてしまうのです。

一般的に視覚と呼ばれる性質ですが、これは霊に対しても当てはまります。本当は霊が見えているのに、脳が「霊は存在しない」と本能的に思っているため、大人は霊を見ることができません。

ですが、子供は知識や経験が少なく、見える世界が全てになります。大人のように「霊は存在しない」といった常識がないことで、脳が霊の存在を除去せずに見えているといわれています。

霊と波長が合いやすいから

二つ目は、子供の方が霊と波長が合いやすいという説です。

人は、誰もが生まれる前は魂の存在であり、霊的な存在です。生まれて肉体を得た状態でも、しばらくは霊的な部分が残っています。

そのため、同じ霊的な存在と波長が合いやすく、見たり感じたりすることができると考えられています。

第六感が強いから

三つ目は、子供の方が、第六感(霊感)が強いという説です。

第六感とは、五感以外で感じられる能力のことである、一般的には直感力や霊感のことを指します。第六感は誰もが持ち得る能力なのですが、残念なことに、成長するとともに第六感は不要となり、次第に感覚が閉じてしまうのです。

ですが、生まれた直後はまだ第六感が開いている状態です。閉じてしまったおt名よりも、子供の方が第六感(霊感)は優れており、それによって霊を感じられるといわれています。

霊感がある子供の特徴

子供には霊感があるといわれていますが、必ずしもあるとは限りません。霊感にも個人差があり、霊を感じられる子と感じられない子がいます。

霊感の有無は、どのように判断すればよいのでしょうか?

一人遊びをする子供

一人遊びをする子供は、霊が見えている可能性があります。本人としては霊と一緒に遊んでいますが、霊が見えない大人から見れば、一人で遊んでいるように見えるからです。

何も無い場所を気にしている、何かを話しているのは、相手が霊だからなのかもしれません。誰と話しているのかなど、子供に聞いてみると良いでしょう。

夜泣きをする子供

よく夜泣きをする子供も、霊感が強い可能性があります。子供が霊を怖がり、泣き叫ぶからです。

もちろん、子供は泣くのが当たり前ですから、夜泣きしただけでは霊感が強いとはいえません。頻繁に、もしくは激しくなど、他の時間帯と様子が違う場合に限ります。

霊は、午前2時~3時頃(丑の刻)にもっとも現れます。午前2時~3時頃に決まって夜泣きをするようなら、霊感を疑ってください。

血縁者に霊感が強い人がいる

霊感は、遺伝すると考えられています。そのため、先祖に霊感が強い人がいる場合は、子供も霊感が強くなる可能性があります。

近しい血縁者にいなくても、隔世遺伝する場合もあります。一人遊びが好き、よく夜泣きするなど、他の症状が見られるようなら、調べてみると良いでしょう。

霊感が強いことによるリスク

霊感が強いのは良いことのように思えますが、実はあまり良くありません。見える霊は全て良い霊なわけではなく、中には危険な霊もいるからです。

また、霊が見えることで、孤立しやすくなります。他の人と話が合わないだけではなく、「嘘つき」などと勘違いもされてしまうでしょう。

霊感が強いのは一種の才能ですが、使うことなくて錆びつかせた方が良い才能といえます。

霊感が強い子供への対応の仕方

もし、自分の子供に霊感があると分かったら、霊を無視するよう教えてください。霊は相手にしなければ干渉してきませんので、無視することで危険を回避できます。

もちろん、子供に霊の存在を説明しても、よく分からないと思います。小さいうちは、「その子と遊んではダメ」など、霊をボカして教えると良いです。

また、子供が霊に興味を持たないよう、大人が一緒に遊んであげることも大切です。親との時間が多くなればm自然と霊のことも忘れていきます。

霊への対応をそのままにするのではなく、霊を無視・忘れるよう、大人がサポートしてください。

子供に寄り添って対応する

大人よりも、子供の方が、霊感が強いといわれています。理由は色々考えられますが、共通して成長することで霊感がなくなってしまうからです。

子供は、あらゆることが新鮮で、何事にも興味を持ちます。霊を感じているようなら、無視するよう教えてあげてください。

最後に、子供の言葉を信じるようにしてください。大人からすれば、霊が見えるのは嘘つきではありませんが、子供にとってが本当のことです。たとえ見間違いでも、実際に見て感じたことには変わりありません。

もし、頭ごなしに否定してしまうと、子供は大人を信じれなくなります。中には、信じてもらえないことからストレスを感じ、体調を崩してしまう子もきっといることでしょう。

本当にいるかどうかは、子供にしか分かりません。まずは話を聞いてから、優しい対応や否定をするようにしてださい。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!