スピリチュアルにおけるチャクラとは?チャクラは心身にどのような影響を与える?

人にはチャクラと呼ばれる、エネルギーの出入り口が存在します。チャクラから溢れるエネルギーは、肉体はもちろん精神にも、さらには霊的な部分にまで影響を与えるのです。

チャクラが閉じるとエネルギーが生まれず、エネルギー不足になることで心身に悪い影響を与えるとされることから、スピリチュアルの世界では、人間が生きるために重要な要素と考えられています。

チャクラとはいったいなんなのか。各チャクラについて説明します。

チャクラとは

チャクラとは、体内エネルギーの出入り口のことです。サンスクリット語で「車輪」や「回る」といった意味があります。

人には、第1から第7までの「門」と呼ばれる道が存在し、1~7までの道のりを常にエネルギーが流れています。

エネルギーが不足、もしくはエネルギーの流れが悪くなると体調が悪くなることから、スピリチュアルの世界では、チャクラを整えることはとても重要だと考えられているのです。

また、霊感が強いとチャクラをオーラとして感じる(見る)事もできます。各門で色は違い、色の濃さなどからチャクラの状態を知覚できるのです。

チャクラの性質

チャクラは、門ごとに性質が異なります。第1から第5のチャクラは肉体、第6のチャクラは精神、第7のチャクラは霊性に関係しており、正常にエネルギーが巡ることで、人の心身を保っているのです。

もちろん、それぞれの性質は違うため、調整する方法も異なります。各チャクラの場所やオーラとして見た際の色、調整の仕方などの紹介です。

第1チャクラ:ルートチャクラ(ムーラダーラ)

● 場所:会陰部(生殖器と肛門の間)
● 色:赤
● 役割:生命力、エネルギーを作る土台の作成
● 整え方:ガーデニングや森林浴など、自然に触れる

第1のチャクラは、根源的な意味を持ちます。樹木でいう「根」のような意味があり、全チャクラの土台となる場所です。

第1のチャクラが乱れていると、その後全てのチャクラが乱れると思ってください。体調を崩したり、不安感が増したりなど、「地に足がつかない」状態になるでしょう。

第2チャクラ:セクシャリティチャクラ(スワーディシュターナ)

● 場所:丹田(へその下)
● 色:オレンジ
● 役割:エネルギーの調和、発信、創造
● 整え方:腹式呼吸、感動や創作などに触れる

第2チャクラは、感情や思考につながりがあります。喜楽と健康の源となる場所でもあり、情熱の燃料となります。

他にも、欲求や性欲といった我欲にも関係しており、能動的に心身を動かすための場所となります。

第3チャクラ:ソーラプレクサスチャクラ(マニプーラ)

● 場所:みぞおち(へその後ろ)
● 色:黄
● 役割:エネルギーの加工、増強
● 整え方:運動、体を温める、火を感じる

第3チャクラは、自己表現に関係する場所です。第2から受け取ったエネルギーを加工・増強し、どのような事がしたいかを決める場所でもあります。

遊びたい、肉が食べたい、旅行に行きたい、バッグが欲しいなど、チャクラが正常であることで、欲求が生まれるわけです。

第4チャクラ:ハートチャクラ(アナーハタ)

● 場所:胸の中心部(心臓の後ろ)
● 色:緑
● 役割:愛情や友情などの共感
● 整え方:感謝や思いやりなど、良い感情に触れる

第4チャクラは、他人への感情に関係する場所です。特に感謝や思いやりなど、愛情に関して強く関りがあります。

また、自分から発するだけではなく、受け取りに関しても関係があります。チャクラが乱れると、人間不信に陥り、孤独感を感じるようにもなるでしょう。

第5チャクラ:スロートチャクラ(ヴィシュッダ)

● 場所:喉
● 色:青
● 役割:自己の表現、コミュニケーション
● 整え方:歌や踊りなど、自己表現を行う

第5チャクラは、自己表現に関係があります。踊りや日記など、自分の気持ちや感情の表現に影響を与えます。

特に喉にチャクラがあることから、言葉・声に関する表現に影響が大きいです。歌や会話など、チャクラの調子が良いほど、人とのコミュニケーションがスムーズになりやすいです。

第6チャクラ:サードアイチャクラ(アージュナー)

● 場所:眉間
● 色:藍
● 役割:直感、ひらめき
● 整え方:朝日・夕日を浴びる

第6チャクラは、直感力に関係があります。別名サードアイチャクラ(第3の目)とも呼ばれており、目に見えない情報を捉える力に影響があるのです。

また、芸術や創作に関係するインスピレーションにも影響します。チャクラが乱れていると、良いアイデアは生まれません。自分の直感にも自信をもてず、優柔不断にもなるでしょう。

他にも、霊感やサイキックといった第六感にも関係してきます。瞑想やヨガでも意識する場所であり、スピリチュアルにおいては、最も重要な場所といえるかもしれません。

第7チャクラ:クラウンチャクラ(サハスラーラ)

● 場所:頭頂部
● 色:紫
● 役割:宇宙や高次元に触れる(悟り)
● 整え方:パワースポット巡りや瞑想など、霊的な世界を感じる

第7チャクラは、高次元へのチャネリングです。いわゆる「悟り」の世界のことであり、過去・現在・未来、全ての環境から解き放たれた世界への意識に使われます。

第1~第6チャクラの総まとめのようなものでもあり、全てが正常で順調であることで初めて第7チャクラが開くのです。

全てと平等につながることで様々なことを感じる事ができるようになり、新しい感性や考えが生まれるでしょう。

チャクラが閉じる理由

チャクラを開くことで、様々な感覚や思考が研ぎ澄まされ、心身ともに調子が良くなります。可能ならば常に開いている方が、色々と都合が良いといえるでしょう。

ですが、感覚や思考が研ぎ澄まされることで、心身への負担も大きくなります。仮に第3チャクラが常に全開だと、やりたいことだらけで疲れてしまいますし、第6チャクラが全開では、常にスピリチュアルな世界を感じ取ることで精神的に疲れてしまいます。

そのため、大きな出来事を感じると、心身の負担を軽くするためチャクラは自然と閉じてしまうのです。

能力を開花させることは重要ですが、時には休むことも必要です。無暗矢鱈にチャクラを開かず、必要な時や調子が悪い時だけ開くようにしましょう。

調子が悪い時にはチャクラを感じてみよう

チャクラは、精神的な栄養素を生み出す場所です。たんぱく質やミネラルのような生きるために必要なエネルギーではありませんが、チャクラからのエネルギーが不足すると肉体や精神に「疲れ」を感じてしまいます。

睡眠や食事、運動など、健康的な生活をしても、なぜか「疲れ」を感じる時は、もしかしらたチャクラに異常があるのかもしれません。

各チャクラによって整え方は違いますが、基本はリラックスすることです。それぞれの整え方を試して、チャクラの流れを整えてみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!