五芒星を使った復縁のおまじない。簡単にできるやり方を紹介

五芒星を使ったおまじないを知っていますか?五芒星には強い力があり、様々な占いやおまじないに活用されています。

その中の一つ「邪星のタリスマン」は、効力の強い復縁のおまじないとして、離縁に悩む人たちから注目されているのです。

邪星のタリスマンとはどのような方法なのか。五芒星を使った復縁のおまじないを紹介します。

五芒星ってなに?

五芒星とは、5本の線で作る星のマークの事です。一筆書きで星が描けることから普段でも使われる事が多く、中心には逆向きの五角形ができます。

そんな五芒星ですが、魔術的な記号としても有名で、世界的に悪しき者から守るお守りとしても知られています。日本では平安の陰陽師「安倍晴明」が好んで使用していたことから「晴明紋」と呼ばれたり、桔梗の花を簡略する際に使われることから「桔梗紋」とも呼ばれているのです。

5つの角はそれぞれ「火」「水」「土」「木」「金」を表しており、それらは世界中にある物質、つまりは森羅万象を表します。一筆書きで作ることは「ほつれが無い」事を表し、五芒星で区切ることで、一種の世界(結界)を作るのです。

強力な印であることから占いでもよく使用されており、願う人の願望を増幅させてくれるでしょう。

朱色で作る復縁のおまじない

復縁するためのおまじないは、「邪星のタリスマン」と呼ばれるおまじないです。有名な黒魔術の一種で、強く縁を結び直します。「邪」とありますが、決して悪いおまじないではありませんので、恐れることはありません。

効果が強く、しかも手軽にできることから、縁結びの定番として人気があります。

用意する物

● 朱色のペン

主に必要なのは朱色のペンだけです。強いて言えば、手を綺麗に洗うために石鹸が必要かもしれません。

また、ペンの代わりに絵具でも良いです。朱色の画材なら何でも良いので準備してください。

方法

1. 左手を綺麗に洗う
2. 左手の平に、3cm~4cmほどの五芒星を描く
3. 五芒星の先端に丸(〇)を付け加える
4. 左手の手の平を顔に向け、5分~10分ほど強く相手との復縁を意識する
5. 左手を綺麗に洗って終了

方法としては難しいものではなく、「左手に丸のついた五芒星を描いて願う」だけです。五芒星を描く際は、大きすぎると手の平に描き切れなくなるため注意してください。

また、おまじないは満月の日にすると効果が高まるといわれています。満月は魔力が高まるタイミングでもあり、黒魔術の効果もアップするからです。もちろん、それ以外の日でも大丈夫ですが、可能ならより効果のある日に試した方が良いでしょう。もちろん、毎日おまじないをしても構いません。

注意すること

おまじないをしたら「願いを他人に話さない」ようにしてください。人に話したり、人に見つかると効果がなくなってしまいます。

おまじないは「お呪い」と漢字で書くように、立派な呪いの一種です。「丑の刻参りは人に見つかってはいけない」といわれるように、呪詛は人に見つかると効果がなくなり、効果が強いと自分に跳ね返ってくることもあります。

邪星のタリスマンもそれは同じで、人にバレると効果が無くなるだけではなく、場合によっては逆に離縁を促進させる事もあり注意が必要です。

幸いなことに邪星のタリスマンは規模が小さく、声も出さなくていいことから人にバレる心配もほとんどありません。部屋に鍵をかけてからこっそりとおまじないを試しましょう。

塩を使った復縁のおまじない

邪星のタリスマン以外にも、塩を使った復縁のおまじないもあります。正確にいえば「願いを叶える」おまじないですが、復縁の願いにも対応しており、強い復縁効果も期待できるでしょう。

他の願いごとへの応用も利きますので、心配事があれば、復縁に限らずぜひ試してみてください。

用意する物

● 紙(水で流せる成分)
● 塩(天然塩)
● 黒ペン(書ける物)
● ライター(火)
● 灰皿

要となる塩は、海塩や岩塩といった天然塩を用意してください。天然物は大地のエネルギーが詰まっており、おまじないの効力を高めてくれます。天然塩以外なら、神社などで清められた塩もおすすめです。

方法

1. 紙に悩み事を書く
2. 塩を願い事が書かれた紙で包む
3. 灰皿の上で包んだ紙を燃やす
4. 燃えた灰をトイレで流す

塩まじないでは、紙に「悩み事」を書きます。塩で悩み事を浄化し良くしますので、「願い」を書くわけではありません。復縁を願うなら、「恋人とよりを戻したい」と書くのではなく、「恋人と仲が悪い」といったように現状の悩みを書いてください。

塩の量は一つまみで十分です。少量でも効果があります。むしろ、量が多いと紙が燃え切らず、おまじないが失敗する事もあるため分量には注意しましょう。

おまじないを簡略化させるなら、紙は燃やさなくても結構です。その場合は、そのままトイレで流してください。また、流す場所はトイレ以外でも大丈夫です。あくまでも「水に流すこと」が大切ですので、キッチンや洗面台でも良いでしょう。ただ、水道管に詰まる危険がありますので、流しやすいトイレの方をおすすめします。

注意すること

邪星のタリスマンとは違い、火を使うおまじないです。おまじないをする際は、やけどや火災に十分注意してください。

また、塩まじないも「お呪い」の一種ですので、人にバレないようにしましょう。

自分磨きも忘れずに

五芒星は、スピリチュアルにおいて基本的なマークです。陰陽道や黒魔術を始め、様々な呪術(おまじない)で活用されています。多くの分野で使われているのは、効果があることの証であり、五芒星を使った復縁のおまじないも、同様に効果があるといえるでしょう。

必要な物は朱色の画材だけと、方法はとても簡単です。恋人との仲が危なくなったら、ぜひ試してください。

ただ、おまじないは絶対ではありません。おまじないを過信しすぎると、蔑ろにされた恋人との仲がより広がってしまうでしょう。「原因を探して改善する」「悪かったことを謝る」「一緒に出かけるようにする」など、積極的に仲良くなるよう勤めてください。おまじないも大切ですが、もう一度振り向いてもらえるよう努力することも重要です。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!