乾燥肌が改善するスキンケアとは。原因も解説

最終更新日

乾燥肌に悩んでいる人はいませんか?ガサガサ肌は、見た目が悪いのはもちろん、痒さやあかぎれなどもあり悩みの種です。乾燥肌対策に化粧水や美容液を使っても、思ったような効果が期待できない人もいることでしょう。乾燥肌にはどのようなスキンケアが最適なのか。乾燥肌の原因も合わせて紹介します。

乾燥肌の主な原因

正しいスキンケアをするためにも、まずは原因を知る必要があります。原因が分かれば、いくらでも対策が取れるからです。なぜ肌が乾燥してしまうのでしょうか?

湿度が低い

最も分かりやすい理由は、湿度が低いことです。空気が乾燥していると、表皮も乾燥して体内の水分が蒸発していきます。特に冬は湿度が低く、何もケアしていないとすぐに乾燥してしまうでしょう。また、夏場でも、エアコンの使用により水分は蒸発してしまいます。「身体を冷やしすぎないよう直接冷風にあたらない」という話しも耳にしますが、スキンケアの観点から考えても、直接冷風や温風にあたるのは避けた方が良いでしょう。冬場・夏場に関係なく、肌が乾燥するようなら加湿器を導入してください。

スキンケアが間違っている

スキンケアをしても乾燥肌になる人は、もしかしたらスキンケアの方法が間違っている可能性があります。本来なら、角質によって水分の蒸発を防いでいるのですが、ゴシゴシ顔を洗ったりすると、角質が壊れ余計に水分が蒸発しやすくなってしまいます。また、熱いお湯で洗うと、水分が蒸発しやすく乾燥肌になりやすいです。寒い日に顔を洗う時などは、約38℃くらいのぬるま湯を使用しましょう。

紫外線

紫外線も、乾燥肌になる原因の一つです。紫外線は人体には刺激が強く、当たり過ぎると肌が変質(日焼け)してしまいます。本来なら、表皮を覆う角質(バリア機能)によって水分の蒸発を防ぐのですが、変質した肌は角質が壊れており、水分が蒸発しやすくなっています。「日焼けした肌は健康的」という話しも耳にしますが、乾燥肌になりやすいため注意が必要です。日焼けが許されるのは、瑞々しい10代までと思ったほうが良いでしょう。日光が強い日は、帽子や長袖を着用して紫外線から肌を守ってください。用事が急ぎでなければ、朝や夕方に出かけるようにすると、より日焼けを防げます。

代謝不足

新陳代謝(ターンオーバー)が悪いのも、乾燥肌になる理由です。本来なら、ボロボロになった角質も新しく入れ替わるのですが、新陳代謝が悪いと角質の交代が行われません。ボロボロの角質のままでは水分の蒸発を防ぐことはできず、乾燥肌になりやすくなるわけです。若い人の方が乾燥肌になりにくいのも、新陳代謝が盛んで、すぐに新しい角質に入れ替わるからといえるでしょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れていても、乾燥肌になりやすいです。偏食、睡眠不足、運動不足など、偏った生活はホルモンバランスを崩しやすく、新陳代謝を悪くします。ストレスによるホルモンバランスの乱れは、他にも、ニキビや肌荒れなど様々な肌トラブルを起こします。乾燥肌に限らず、生活習慣の乱れは美容の天敵といえるでしょう。乾燥肌にならないためにも、しっかりした睡眠やバランスのとれた食生活など、健康的な生活を送ってください。健康を意識して生活をすれば、自然と乾燥肌も改善されます。

スキンケアのやり方

スキンケアの方法を紹介します。夜はもちろん、朝もスキンケアすれば、より肌は瑞々しくなります。時間に余裕があるようなら、朝もスキンケアをしてください。

手順

1. メイク落とし:化粧落とし
2. 洗顔料:角質や皮脂落とし
3. 化粧水:角質を柔軟にし水分を肌に浸透させる
4. 美容液:美容成分を肌に浸透させる
5. 乳液:皮膚表面に膜を作り、水分を角質層に閉じ込める
6. クリーム:肌表面に膜を作り、水分の蒸発と外気による乾燥を防ぐ

スキンケアに必要なのは、主に6つです。使う順番も上から順に使用してください。また、人によってはよパックする人もいます。絶対に必要というわけではありませんが、化粧水や美容液がしっかり馴染みますので使用するのも良いでしょう。タイミングとしては、乳液をつける前に使ってください。

洗い方

洗顔の仕方は、指の腹で撫でるように優しく洗ってください。「洗う」と聞くとゴシゴシ擦って落としたくなりますが、それだと角質が傷つき、スキンケアをしても水分が蒸発してしまいます。何度もゴシゴシ洗うとダメージは蓄積し、肝斑(かんぱん)やシミになる場合もあるため、絶対にゴシゴシ洗わないでください。タオルで拭く時も同じです。タオルで軽く叩くようにしながら優しく拭き取りましょう。洗う順番は特に決まりはありませんが、鼻 → 額 → 顎 → 頬の順で行うと、泡を広げやすく洗いやすいです。また、水温は38℃以下のぬるま湯で洗います。熱過ぎると水分が蒸発しやすく肌が乾燥してしまうからです。入浴と同時に洗顔を済ませてしまう人も多いと思いますが、温度に注意してください。

つけ方

化粧水や美容液は、両手を使って優しく付けてください。人によっては擦ったり、叩きながらつける人もいると思いますが、それだと肌にダメージを与えてしまします。両手に十分な量を伸ばし、優しく包み込むようにしながら塗っていきましょう。また、化粧水をつけるタイミングは洗顔から5分以内を目安にします。洗顔したまま放置すると、見る見るうちに水分が蒸発して肌が乾燥してしまうからです。お風呂に入って身体を温めた場合、毛穴が広がって化粧水が浸透しやすいメリットもありますので、すぐにスキンケアすると良いでしょう。

毎日継続して乾燥肌を改善しよう

スキンケアで最も大切なのは、「擦らない」ことです。いくら良い化粧水や乳液などを使っても、角質を壊してしまうと効果が半減してしまいます。年齢と共に新陳代謝も低下し、「スキンケアをしても肌荒れが改善されない」状態になってしまうでしょう。メイク落としからクリームまで、人によっては面倒に感じるかもしれません。ですが、手入れを疎かにすると、すぐに乾燥肌になってしまいます。部屋の湿度や紫外線に気を付けながら、毎日欠かさずスキンケアを続けましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!