占い依存症とは。脱却するにはどうすればいい?

困った時、不安な時、占いはとても頼りになります。的確なアドバイスによって窮地を乗り越え、「次回も利用しよう」と思った人も多いことでしょう。

ですが、あまり占いばかりに頼りすぎると、占い依存症になってしまいます。占い中心の生活が続くことで生活が苦しくなり、最終的には日常生活そのものが儘ならなくなってしまうでしょう。

占い依存症はどのような人がなりやすいのか。脱却方法も紹介します。

占い依存症ってなに?

占い依存症とは、過度に占いに頼り過ぎてしまう症状の事です。アルコール異常症などと同じように、不安を解消したり、占いに万能感を感じることで、日常から占いが欠かせなくなってしまいます。

分からない事、不安な事も、占いに頼れば簡単に解決策が見つかるのですから、依存してしまうのは仕方がないのかもしれません。

ですが、占いに依存しすぎると自己決定力が低下してしまいます。何かするたびに占いに頼ってしまうため、自分で物事を選択できなくなってしまうのです。

また、占いの優先順位が高くなることで、生活にも支障が出てしまいます。場合によっては占いに入り浸ってしまい、仕事や家事が疎かになるかもしれません。

占いの結果が悪ければ、常に不安な気持ちになり、何事も手につかない状態にもなるでしょう。

他にも、依存症になることで貯金も無くなります。無料の占いならともかく、占い師に相談すればその都度お金がかかるからです。割安の電話占いやネット占いだったとしても、ことあるごとに利用していれば、すぐに貯金は尽きてしまいます。

特に、電話占いは安く手軽に使えるため、依存性が強いと言えるでしょう。

占いに頼ることは悪い事ではありませんが、依存しすぎると生活自体が困難になり、逆に本人たちを苦しめる大変な状況になってしまうのです。

どんな人が依存症になりやすい?

占い依存症は誰にでも生じると言えますが、特になりやすい人の特徴を紹介します。

自信が無い人

流されやすい人、引っ込み思案な人など、自分に自信が無い人は依存症になりやすいです。

物事を決めるのは本来自分の役目なのですが、自分の考えに自信が無いと「本当にこの選択で良いのか」と迷ってしまいます。

大切な事ほど簡単には選択できず、結果として占いに頼ってしまうのです。

もちろん、1度や2度なら問題ありません。むしろ多くの人が選択に迷って占いを頼っています。

ですが、自信がない人ほど何度も占いたくなるもので、さらに占いの結果が合っていると「占いを信じれば大丈夫」と思うようになり、次第に依存するようになるわけです。

責任感のある人

頼まれたら断れない人、完璧主義な人など、責任感が強い人も依存症になる可能性があります。

責任感があることで周囲の人からは頼られるのですが、逆に自分から頼るのは苦手な人が多いからです。

分からないことがあっても自分で解決しようとしますが、本当に1人ではどうしようもないことだと手も足も出なくなってしまいます。

もちろん、そのような場合は友人や家族に相談すればいいですが、任された以上は自分で何とかしたく、身近な人には頼りたくありません。

そのため、占い師に相談することで問題の解決やアドバイスを貰おうとするのです。

1度や2度ならよくあることですが、次第に占い師に相談するのが当たり前になり、いつの間にか占い依存症になってしまいます。

自己愛が強い人

占いを信じるのではなく、信じられないから依存症になる人もいます。

もし占いをしてもらった結果、悪い運勢が出たらどうしますか。一般的には悪い結果も受け入れ、結果を回避するように努力すると思います。

ですが、自己愛が強すぎることで、その結果を認めることができなくなります。結婚したくて占ってもらったのに「婚活は上手くいきません」と言われたら、誰だって占いの結果を受け入れたくはありません。

その結果、占いの結果を無かったことにし、別の占い師に相談してしまいます。そして、次の占いも望み通りでなければ次の占い師に、と言ったように、占い師の梯子をするようになるわけです。

最終的に望みの占い師が見つかると、今度は「私の事を理解してくれる」と懇意にするようになり、結果として依存症になってしまうでしょう。

お金がある人

貯金が多い人も依存症になりやすいと言われています。単純にお金があるため、後先考えずに占いができるからです。

本来なら貯金が減った時点で「止めておこう」とブレーキがかかりますが、貯金が多いことでブレーキはかからず、どんどん占いをするようになります。

ギャンブルと同じで、始めは遊び程度だったとしても、ハマってしまうと借金をしてでも占いたくなるものです。

「お金がある」という余裕からのめり込みやすく、気が付いたら依存症になっていたと言う事例も、珍しくは無いでしょう。

信じやすい人

自分から依存症になるのではなく、騙されて依存症になる人もいます。

霊的な力を使った占いは、霊感が無い人から見れば神秘的で不思議なものです。悩み事などをピタリと当てられてしまうと、「霊能力なら何でもお見通し」と信じてしまうでしょう。

そのような占い師から「運勢が悪い」と言われたら、誰だって気が気ではありません。解決策を求めて、相談に来てしまいます。

もちろん、「アドバイスをして終わり」なら問題ありませんが、悪徳占い師の場合は、「来週も来た方が良い」などと言って常連化を狙ってきます。

そして、安心を求めて毎週通うようになり、次第に依存症になってしまうのです。

もちろん、全ての占い師がそうではありませんが、残念なことに、常連化を狙う悪徳占い師がいるのは事実と言えるでしょう。

脱却するにはどうすればいい

占い依存症になってしまったらどうしたらいいのか。対処法も紹介します。

占いから離れる

一番良いのは占いから離れることです。離れて生活することで占いは必要で無いモノになり、自然と占いをしなくなります。

お金を管理する、アプリや電話番号を削除してするなど、占いを気軽にできない環境にしてください。他にも、趣味や勉強など、他にやることや熱中できることがあると、占いの事を忘れることができます。

もちろん、思ったその日にすぐ止められるわけではありせん。止められるのならば依存症にはなっていないからです。「月に数回まで」「週に1回まで」と言ったように制限を決めて徐々に止めていきましょう。

占い師を変える

占いが止められない理由は占い師にあるかもしれません。悪徳占い師のように、不安を煽ることで常連化されてしまうからです。

真っ当な占い師ならしっかりしたアドバイスをしてくれますし、依存症の兆候が出ていれば、控えるように忠告もしてくれます。

信じている占い師を変えるのは難しいですが、試しに他の占い師にも相談してみましょう。

自分で考える癖を付けること

依存症は自信が無く、他人に意見を求める人がなりやすいです。そのため、他人に頼らなくても良いように、自分で考えて行動する癖を作りましょう。

もちろん、不安があれば友人などに質問をしても良いです。その場合でも、「自分はこうしたい」という、自分で考えた意見を前提に相談をしてください。

自分の意見がしっかり持てるようになれば、次第に占いに頼らなくていいようになります。

医師に相談する

医師に相談と思うと抵抗があるかもしれませんが、生活に支障が出るようなら、それは立派な精神疾患です。ギャンブル依存症やアルコール依存症と同じように、医師に相談して治療法を提示してもらいましょう。

薬や相談をしてもらうことで、一人で頑張るよりも依存症から脱却しやすいです。

自分を信じて占いに傾倒しないこと

占いに頼ることは決して間違ってはいません。スピリチュアルな力で解決策が見つかるのはもちろん、人に相談することで考えもまとまるからです。

結婚や就職など、重要な選択ほど、一人で悩まず占い師に相談してほしいと思います。

ただ、頼りすぎるのは止めてください。占いはあくまでもアドバイスなだけであり、必ずしも正解ではないからです。

占いとの距離をしっかり保ち、効果的に利用しましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!