ミニマリストのインテリア術で快適に!シンプル&おしゃれな実例集

最終更新日

ミニマリストのインテリア術で快適に!シンプル&おしゃれな実例集

大量消費の時代が終焉に向かいつつある今、彗星のように現れたのが現代のミニマリストたち。“物を持たない主義”を貫きながら、有意義に暮らす彼らのライフスタイルは、世間の注目の的でもあります。

そこで本記事は、ミニマリストの極意やおしゃれな部屋づくりについて、インテリアの実例を交えつつご紹介します。

ミニマリストの基礎知識

ミニマリストとは、minimal(最小限)とist(主義者)から成る言葉で、「物をなるべく持たずに生活している人」を指します。あるいは、必要最小限でありながら、自分が本当に必要とする物や高品質な物だけを所有する考え方のことです。ミニマリストが誕生した背景には、大量生産・消費が行き着く環境の悪化や経済的な負担、生活への虚しさがあると考えられています。そうした従来の価値観にとらわれずに、丁寧な暮らしを実践し、内面の豊かさを得ようとする人が増えてきているのです。ミニマリストは一見、不要な物を手放す行為である「断捨離」と似ているように感じるかもしれません。ただ、断捨離は整理整頓や浄化の側面が強いのに対して、ミニマリストは「最小限の物に囲まれた豊かな暮らし」を追求することに意義を持ちます。それゆえミニマリストの中には、シンプルなライフスタイルを楽しみながら、人生を気楽に謳歌している人も少なくありません。加えて、自分にとって“本当に大切な物”を見極める姿勢が、仕事や人間関係などにも、より良い効果を与えると考えられています。

必見!ミニマリストの部屋づくり実例集

実際のミニマムな部屋とは、どのような展開が成されているのでしょうか?ここでは、ミニマリストたちが取り入れているおしゃれなインテリアや、収納術などのライフスタイルの実例をお見せします。

ワークスペース:シンプルで洗練された空間に

(画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/28429041378410085/

身の回りに最小限の物だけを配置することで、こざっぱりと清潔な空間が生まれます。物が少なければ埃が立ちにくく、掃除が楽になるのも大きな利点です。パソコンの前でいざ創造的なデスクワークに打ち込む際にも、余計な物に目を奪われることがなく、インスピレーションを得やすくなるでしょう。ワークスペースに遊び心を取り入れたい場合は、アクセントになる色を適度に配置するとよさそうです。

ダイニング:見えない収納で生活感をオフ

(画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/752734525205250532/

生活感を極力なくしたい場合は、ダストボックスやキッチン用品を机の下にしまう収納がおすすめ。雑多なゴミ類や細々とした器具が目に入らないため、ゲストを招く際のエチケットとしても有効です。友人などにおもてなし料理を振る舞ったり、カフェ気分を味わったりする時にこそ、ミニマリストの収納術が好印象を与えるでしょう。彼らの中には、収納家具を上手く使って、生活空間を無機質に見せようとする人も数多く存在しています。

キッチン:調理家電をインテリアの一部に

(画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/804666658404097402/

不要な物を取り除いた上で、キッチン家電を点在させるとスッキリ&メリハリのある空間に。普段使いをしている物は配置を変えず、インテリアの一部にすることで時短にもなります。ミニマリストは実用性にこだわる人が多く、物の置き方にもそれぞれに工夫すべきポイントがあります。丁寧な暮らしを実践するためには、1つ1つのアイテムとの対話を楽しむ必要がありそうです。

ベッドルーム:眠りを妨げる物をシャットアウト

(画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/732960908086746491/

寝室では毎晩、心身の浄化が行われています。寝室が、暮らしの中で最も神聖な場所と考える人も少なくありません。心身を休めている時間帯はなるべく物を遠ざけ、電子機器などの電磁波を受けないようにする工夫が必要となります。その点、ミニマリストのライフスタイルは、ベッド周りの空間さえも至ってシンプルです。ベッドが主役でありながら広々とした室内では、日頃のストレスも忘れ、上質な眠りに誘ってくれるでしょう。

リビング:植物と木の温もりでくつろぎモード全開に

(画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/737534876461558820/

自然に近い上質な素材に囲まれることで、無上の癒しと温もりを得ることができます。緊張モードだった体が緩み、次なる英気を養う場所としてリビングが大きな役割を持つかもしれません。人が最大限にくつろぐためには、開放感のあるスペースとお気に入りのインテリアが不可欠です。リビングは特に、気づかぬ内に物が溜まりやすいため、家のメインスペースとしての気配りが必要となります。

まとめ

男性・女性を問わず、最小限の物に囲まれて暮らすミニマリズムが広がりを見せています。ミニマリストは物を所有することにこだわらず、むしろ物から自由になろうとする価値観の変容を起源としています。暮らしぶりは人それぞれですが、“Quality of life”に重きを置く彼らのライフスタイルには賛同できる場面も多いでしょう。もしもあなたがミニマリストに関心を持ったのであれば、彼らのブログやSNSからインテリアのヒントを掴んでみてはいかがでしょうか。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!