家庭菜園はベランダでも始められる?ベランダ菜園のやり方を紹介

「マンション暮らしだから野菜が育てられない」と諦めている人はいませんか?確かに、野菜を育てるには必要であり、個人の庭がないマンション暮らしでは、家庭菜園を始めるのは難しく思えるでしょう。

ですが、マンション暮らしでもベランダ菜園なら野菜を育てることができます。必要なのはプランターを置くスペースであり、広い庭を必要としません。

ベランダ菜園の特徴

まずは、ベランダ菜園の特徴について紹介します。

小スペースから始められる

ベランダ菜園の最大の特長は、一般的な家庭菜園のように、庭を必要としないことです。プランターから1から始められますので、育てるスペースを取りません。

また、ベランダが無くても、窓際で育てることができます。プランターを1つ置くスペースがあれば、誰でも家庭菜園を始められます。

状況によって移動させられる

ベランダ菜園は、状況に合わせて移動させることも可能です。台風や猛暑の日でも、室内に避難させられます。

庭で育てると各種対策を必要としますが、ベランダ菜園なら、気にする必要がありません。

収穫がしやすい

ベランダ菜園は、収穫がしやすいのも特徴です。菜園がベランダにありますので、いつでも収穫ができます。

必要な量を必要な時に収穫できますので、いつでも採れたての野菜が楽しめます。

ベランダ菜園の始め方

ベランダ菜園の始め方について紹介します。

事前の確認事項

家庭菜園を始める前に、まずは確認することがあります。近隣トラブルやマンションの解約になる場合もありますので、必ず確認してから始めてください。

マンション規約

一つ目の確認事項は、マンション規約についてです。マンションによっては、「ベランダを共用スペースとする」場所もあるため、勝手に始めることはできません。

規約上では、「ベランダはどのような扱いになるのか」また、「そもそも育てて大丈夫なのか」を書類やオーナーに相談して確認するようにしてください。

他にも、重量制限や排水についても確認が必要です。土の入ったプランターは重く、場合によってはベランダが壊れてしまいます。流れた土によって配水管が詰まる心配もありますので、面倒くさがらず、しっかり確認しましょう。

ベランダの環境

植物を育てるには、直射日光が必要です。それはベランダ菜園でも変わりません。ですが、ベランダが日陰になりやすいと、植物が育たなくなってしまいます。

また、風通しが悪いと、湿気が溜まりカビが発生します。根腐れなどの原因となり、植物を枯らしてしまうでしょう。

大切なのは、「日が当たること」と「風通しが良い」ことです。育てる場所が、条件を満たしているかを確認してください。

必要なもの

ベランダ菜園に必要なものは、主に以下のものです。他にも必要となる場合もありますが、まずは以下のものを準備してください。

●プランター
●じょうろ
●鉢底石
●用土
●肥料
●薬剤
●スコップ

プランター

プランターはできるだけ大きめの物を選びます。にんじんやジャガイモなどの地中の野菜も多いため、浅いプランターだと十分に育ちません。

また、ミニトマトやナスなどの背の高い野菜も多く、根をしっかり張って固定させる必要もあります。

家庭菜園用のプランターが販売されていますので、自宅のベランダに合わせたプランターを選んでください。

じょうろ

じょうろは、葉や根を痛めないシャワー状のものが良いです。ホース状だと、水の勢いが強く土がえぐれてしまいます。

ただ、水の速度や場所に注意すれば、ホース状のじょうろでも問題ありません。なんでしたら、コップで水やりもできます。

今後も家庭菜園をするなら必要になりますが、試しで始める程度なら、急いで用意する必要はないでしょう。

鉢底石

鉢底石とは、用土の下に敷く軽石のことです。入れることで、通気性と排水性が良くなります。鉢底石がないと、余計な水が残ってしまい、根腐れの原因となります。必ず用意するようにしてください。

用土

ベランダ菜園では、用土も用意しましょう。用土とは、必要な日帳を含んだ園芸用の土のことであり、家庭菜園には必ず必要となります。

よく、そこら辺の土を入れて間に合わせる人見ますが、そこら辺に土は必要な栄養素が少なく、野菜が元気に育ちません。余計な微生物や金が含まれている場合もあり、野菜を枯らす原因にもなります。

石灰やミネラルを混ぜて作る方法もありますが、作るのが面倒ですので、用土を購入することをおすすめします。

肥料

野菜を元気に育てるためには、肥料が必要です。プランターは閉ざされた世界であり、長く育てていると、地中の栄養素が無くなってしまいます。

美味しい野菜を作るためにも、追肥ができる肥料を購入しましょう。

スコップ

スコップも、用意しておくと便利です。素手で作業すると手が汚れてしまいます。土を掘るのも大変ですので、可能なら用意することをおすすめします。

スコップの種類に決まりはありませんが、あまり大きすぎると扱いにくいです。逆に小さいと作業効率が悪くなりますので、自分が使いやすいサイズやプランターの大きさに合わせて選んでください。

薬剤

すぐには必要ありませんが、病気になった際には薬剤も必要です。植物の病気は感染症がほとんどであり、放置していると、他のプランターまで被害が広がってしまいます。

異常が見られたらすぐに調べ、病気に適した薬剤を使用してください。

また、薬剤には蒸し胎児をするものもあります。虫の被害がある場合も同様に、薬剤で対処しましょう。

植え方

1.プランターの底が見えなくなるまで鉢底石を敷き詰める
2.プランターの約8割の高さになるまで用土を入れる
3.用土を平らにする
4.種や苗を植える
5.水やりをする

植付の基本は、以上の手順になります。難しいことはほとんどなく、鉢底石、用土の順番に入れた後、種まきをして水やりをするだけです。

以降も、用土の表面が乾いたら水やりを脂、成長に合わせて、追肥や支柱立てなどを行ってください。

ただ、種まきと苗植えで、注意点が少し異なります。特に水やりについてですので、よく確認しておきましょう。

種まきの場合

種まきの場合は、種をまく前に、軽い水やりをして土を湿らせます。

種まきをした後は、種が隠れる程度に軽く土をかけ、種が流れないよう優しく水やりをしてください。水やりの量も、目が出るまでは土の表面が濡れる程度で十分です。

苗植えの場合

苗植えの場合は、土を掘って苗を植えた後、土を根元にかけて軽く固定します。

水やりは、プランターの下から水が流れるほど、しっかり水やりをしてください。

水やりによって用土が大きく減るようなら、追加で用土を足しましょう。

プランターを置く場所の注意点

完成したプランターは、日当たりの良い場所に置きます。ただ、置く場所には決まりがあり、注意が必要です。

落ちないように固定する

プランターは転落しないように注意してください。日光が当たるよう、プランターを台に乗せて育てる人がいますが、万が一ベランダの外に落ちてしまうと、大事故になります。

雨、雪、風、烏など、落花する原因は色々考えられます。落花する可能性が少しでもある場合は、針金やロープなどで、しっかり固定するようにしてください。

避難口をふさがない

マンションによってはベランダに避難口があります。下の階に行くための梯子や、隣の部屋に行くための壊せる壁など、どれも命を守るための大切な設備です。

ですが、それらがある場所にプランターがあると、いざという時に避難口を使うことができません。

また、道をふさぐような置き方も問題があります。「足元に気を付ければ通れる」ようだと避難が遅れてしまいます。

万が一の可能性がありますので、絶対に避難口や経路をふさがないようにしてください。

ベランダ菜園におすすめの野菜

最後に、初心者でも育てやすい野菜の紹介です。

ミニトマト

ミニトマトは、家庭菜園の定番野菜です。見た目も可愛いことから、観賞用として人気があります。病気に強く成長が早いことから、初心者でも育てやすいです。

ミニトマトを育てるには支柱が必要になりますので、合わせて購入しておきましょう。

ピーマン

ピーマンも、病気や害虫に強い野菜です。苗を購入して植えて置けば簡単に育ちます。

支柱は必要なものの、あまり高くなりすぎないのも、ベランダ菜園におすすめな理由です。

ラディッシュ

ラディッシュは、カブに似た赤身のある野菜です。二十日大根とも呼ばれ、20日で育てることができます。

短期間で収穫できるため、試しで始めてみる人におすすめの野菜です。

収穫した後は、サラダにしていただいてください。

ハーブ類

ハーブ類も、ベランダ菜園で育てることができます。ハーブ類は生命力が高く、枯れにくいメリットがあります。

また、ハーブの臭いにはリラックス効果もあります。種類によっては虫よけの効果も期待できるため、観賞用としてもおすすめです。

しそ、バジル、ローズマリーなど、好みのハーブを育ててみましょう。

ベランダで家庭菜園を始めよう

プランターを活用すれば、庭が無くても家庭菜園が始められます。自分で育てて収穫すれば、家庭の助けにもなるでしょう。育てる楽しみもあり、癒し効果も期待できます。

ただ、ベランダ菜園には注意事項もあります。すきがってに育てると、近隣トラブルやマンション契約破棄に繋がる可能性もあるため注意してください。

規約や安全確認、近隣との関係に十分注意しながら、ぜひベランダ菜園を始めてみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!