デリケートゾーンのケアはどうすれば良い?毎日のケア内容について紹介

デリケートゾーンは、普段どのようなケアをしていますか?基本的には腕や体と同じように洗っているとは思いますが、それだけでは十分とはいえません。また、洗うにしても、正しい洗い方をしないと肌を痛めてしまいます。

ケアが不十分だと、、ニキビや発赤、さらには黒ずみの原因となるため、正しいケアの仕方が求められます。

デリケートゾーンはどのようにケアをすれば良いのか。洗い方などの対策について紹介します。

デリケートゾーンとはどこのこと?

デリケートゾーンとは、股間部分。つまりは性器周辺のことです。特に女性に対して使われやすく、デリケートゾーンといえば、女性のYOIラインのことを主に指します。

皮膚が弱いことから肌トラブルにもなりやすいため、優しくケアをしなければなりません。

デリケートゾーンをケアする方法

デリケートゾーンのケアが必要な理由は、汚れやすい場所だからです。尿や汗によって汚れやすく、不衛生の状態のままだと菌が発生します。

また、菌が原因で悪臭にもなります。大切な場面で悪臭がすると、気持ちが萎え、雰囲気を壊してしまうでしょう。

美容と健康目的だけではなく、大切な異性の為にも、デリケートゾーンのケアは重要です。

デリケートゾーンをケアするには?

デリケートゾーンはどのようにケアすればいいのでしょうか?

毎日優しく洗う

デリケートゾーンは、石鹸やボディーソープを使って綺麗にします。ゴシゴシとは擦らず、泡でなでるようにして洗ってください。

特に、大陰唇と小陰唇の間など、溝がある部分は垢が溜まりやすいです。表面を洗うだけではなく、溝の間までしっかり洗いましょう。

また、使う石鹸も、刺激の弱い物(弱アルカリ性)を使います。デリケートゾーン専用のボディーソープも販売していますので、肌が弱い人は、そちらを使うことをおすすめします。

ただ、腔内まで洗う必要はありません。腔内は自浄作用があるため、基本的には綺麗です。むしろ石鹸などで洗うと自浄作用を妨げてしまうため。逆効果になりやすいです。洗うにしても、ぬるま湯で軽く洗う程度にとどめましょう。

洗った後は保湿をする

デリケートゾーンを綺麗にしたら、保湿も合わせて行いましょう。顔や腕などと同じで、洗った後は水分が蒸発するため、乾燥肌にならないよう保湿ケアをする必要があります。

デリケートゾーンは下着によって擦れやすく、顔や腕などよりも、乾燥によるダメージが大きいです。ニキビや発赤だけではなく、黒ずみにもなりやすくなります。

保湿ジェルやクリームを使って、しっかりケアしてください。

デリケートゾーンのケアで注意することは?

他にも、以下のことに注意しましょう。

ゴシゴシ拭かない

トイレに行った時など、ゴシゴシ擦らないようにしてください。擦ることで色素が沈着し、黒ずみの原因となります。

汚れをしっかり拭き取りたい気持ちは分かりますが、摩擦が加わらないよう、優しく拭き取ることを心がけてください。

ゆとりのある下着を選ぶ

服や下着は、ゆとりのある物を選んでください。ピッタリした下着だと、動いた際の摩擦が大きくなり、黒ずみの原因となります。

熱が溜まることで蒸れやすくもなるため、ゆとりのあるサイズを選ぶようにしてください。

また、シルクなど、肌に優しい素材を選ぶのも大切です。摩擦が少なくなり、肌へのダメージも少なくなります。

ムダ毛処理に剃刀を使わない

ムダ毛処理をする際は、剃刀を使わないようにしてください。剃刀は、ムダ毛と一緒に肌も傷つけ、肌荒れの原因になるからです。

ムダ毛処理をする場合は、電気シェーバーや、クリニックやサロンで脱毛するようにしましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直すことで、デリケートゾーンのケアになります。十分な睡眠や運動など、健康的な生活は自律神経を改善し、肌荒れを抑制します。

また、食事も重要です。細胞を作るタンパク質や、メラニンを抑え、黒ずみを抑制するビタミンCなど、美容には欠かせない栄養素はいろいろあります。

休息、運動、そしてバランスの取れた食事をすることで、肌荒れや黒ずみの予防をしてください。

ケアをするなら脱毛はした方が良いの?

デリケートゾーンのケアには、脱毛がおすすめです。ムダ毛が無くなることで尿や汗を綺麗に拭き取れ、清潔な状態を保てます。蒸れにくくもなることで、汗疹の心配もありません。

「脱毛している方が好き」と答える人も多く、異性からの評判も良いです。

また、処理の必要が無いことから、水着が着やすいといった意見もあります。祥らに敵に介護が必要になった際も、「介護がしやすい」といった意見もあり、脱毛によって様々なメリットがあるのです。

一方で、脱毛にはお金がかかります。大まかですが、完了までで6万円程度。念入りに脱毛した場合は10万円程度かかります。

さらに、一度脱毛をすると、素の状態には戻りません。他にも「脱毛したら肌荒れや多汗になった」「脱毛は痛い」などのマイナス意見もあります。

基本的にはメリットになりやすいですが、デメリットもあるため、よく考えてから脱毛するようにしてください。

脱毛サロンと医療脱毛の違い

脱毛には、脱毛サロンと医療サロンがありますが、それぞれ脱毛方法が異なります。

脱毛サロンは、光を使った脱毛方法です。特殊な光を当てることで、毛根の成長を抑制しムダ毛が抜けやすくなります。

手軽にできるため施術時間は短く、一回分の料金が安いのが特徴です。

一方医療脱毛は、レーザーを使った脱毛方法です。毛根に影響を与えるのは同じですが、レーザーは毛根にダメージを与え、ムダ毛が再成長しにくくします。

その分値段もかかりますが、効果は脱毛サロンより強力であり、短期間で脱毛することが可能です。

どちらもメリット・デメリットがありますので、値段だけで決めず、よく調べてから選ぶようにしてください。

デリケートゾーンを毎日しっかりケアしよう

デリケートゾーンは、汚れが溜まりやすく菌が発生しやすい場所です。ケアが不十分だと、肌荒れが生じるだけではなく、悪臭も生じてしまいます。

大切な部分を守るためにも、毎日の洗浄を心がけてください。

また、洗浄以外にも、ケアする方法はあります。拭き方や服装、生活習慣を見直し、綺麗な肌を目指してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!