子育ての息抜きには何がおすすめ?人気の息抜き方法を紹介

子供との時間は楽しいものですが、常に一緒にいると疲れてしまいます。育児以外にも家事をする必要もあり、毎日が大忙しです。

そんな時には、子育てを忘れ、思い切って息抜きをすると良いです。責任感が強い人だと息抜きを悪いことと思いがちですが、息抜きをしないと育児ノイローゼになり、家庭にとって良くありません。幸せな家庭を作るためには、子供はもちろん、自分のことも考える必要があります。

今回は、息抜きの内容や時間の作り方を紹介します。普段あまり息抜きをしていないママ・パパは、ぜひ息抜きを考えてみてください。

おすすめの息抜き方法

息抜きは基本的に好きなことをすれば良いですが、いざ「息抜きをする」と言われても迷ってしまうかもしれません。

ママ・パパに人気の息抜きの方法をいくつか紹介します。

映画を見る

息抜きをするなら映画を見ると良いです。物語の世界に没頭し、現実のストレスを忘れることができます。

また、泣いたり笑ったりなど、感情を素直に出すことでストレス発散にもなります。泣いたり笑ったりすることで副交感神経が優位に働き、気持ちを落ち着かせてくれるからです。

もちろん、ハラハラやドキドキする作品でも息抜きになりますが、それらは交感神経が優位に働き、十分にリラックスしきれないかもしれません。精神的に疲れている場合は、泣ける映画や笑える映画を選ぶと良いでしょう。

映画の代わりに、録画した番組でも大丈夫です。子育てを忘れ、ゆっくり作品を楽しんでください。

ガーデニングをする

息抜きをするならガーデニングを始めてみるのも良いです。綺麗な草花は、見ていて心が和みます。作業に没頭することで子育てを忘れられ、良い気晴らしになるでしょう。

また、外で作業をすることで日光浴にもなります。日光を浴びることでセロトニンが分泌され、脳が覚醒します。自律神経も正されることにより、スッキリした気持ちになれるでしょう。

カラオケをする

声を出すことも息抜きにはおすすめです。声を出すことでドーパミンが刺激され、元気が溢れてきます。運動した後のような気持ちの良い疲れを感じることもでき、気持ちがスッキリします。

たとえ音痴でも、気にする必要はありません。大切なことは大声を出すことにあります。ストレスが溜まり気持ちがモヤモヤするようなら、大声で歌って、発散してしまうと良いでしょう。

入浴をする

疲れている人は、ゆっくりお風呂に浸かるのもおすすめです。入浴することで体の中から温まり、リラックスできます。入浴剤を入れることで、より心地良い時間が過ごせるでしょう。

自律神経の乱れも整うことで、熟睡もできるようになります。

ただ、温度が高いと血行が促進され、体が疲れてしまいます。そのため、リラックスする際は、38度前後のぬるま湯につかるようにしてください。

ママ友と会話をする

ストレスは、一人で抱え込まず相談することも大切です。気持ちを吐露することで気持ちの整理に繋がり、ストレスが発散されます。同じ悩みを持つ仲間がいることで、「頑張ろう」という気持ちも出てくるでしょう。

食事やお茶会に誘うのはもちろん、ショッピングや近くの公園でも構いません。同じ悩みを持つママ友と一緒に、色々と愚痴り合ってください。

旅行に行く

息抜きをするなら、思い切って旅行に出かけてしまうのも良いです。全く違う環境になることで、子育てを忘れてのびのびできます。観光地巡りやグルメ旅はもちろん、温泉に浸かってゆっくりするのもおすすめです。

子育てはもちろん、仕事や家事を忘れることができ、最高の贅沢ができるでしょう。

マッサージやエステを利用する

子育ては、精神だけではなく体力も使います。本来なら、睡眠や入浴などで疲れた体を癒せますが、子供がいることでゆっくりはできません。子供の世話をするだけで、毎日へとへとになってしまいます。

そんな時には、マッサージやエステを利用すると良いです。体のコリやリンパの流れを改善し、体の疲れを癒してくれます。体がスッキリすることで精神もスッキリとし、良い気分転換になるでしょう。

息抜き時間を作るためには

「息抜きはしたいけど、子供がいるからできない」人も多いことでしょう。息抜きするにはどうすれば良いのでしょうか?

家族を頼る

最も一般的な方法は、家族を頼ることです。パートナーの休みの日に子育てを代わってもらい、その間に気分転換をします。

また、祖父母にお願いするのも良いです。核家族が増加する近年では珍しいかもしれませんが、昔は家族総出で子育てをするのが当たり前でした。

祖父母が近くに住んでいるのが条件ではありますが、夫婦揃って出かける際は、思い切って頼ってみると良いでしょう。

一時保育を利用する

パートナーが忙しく、祖父母も近くにいない場合は一時保育を利用すると良いです。プロの保育士たちが、責任を持って子供を預かってくれます。

預けている間は子育てから解放され、完全に自由な時間が過ごせます。息抜きはもちろん、掃除や洗濯など、溜まった仕事を片付けるのも良いでしょう。

他にも、大手百貨店などではキッズスペースを設けている場合もあります。「何歳以上から」といった制限がある場合もありますが、同じように子供の世話を見てくれます。預かってもらう間に、ショッピングや食事など、存分に息抜きをしてください。

家事を頑張らない

息抜きをするためには、家事を頑張らないことも大切です。家事をするなら完璧にしたいのは分かりますが、それだと家事に時間を取られてゆっくり休む時間がとれません。息抜きができず、どんどんストレスと疲労が溜まってしまうでしょう。

掃除は1日おきにする、日曜日は外食をする、洗濯はまとめて洗濯をするなど、楽をすれば、それだけ時間を作ることができます。空いた時間は息抜きをする時間に回せ、子育てに追われる心配がなくなります。場合によっては、家事代行を利用するのも良いでしょう。

子育てが初めてな人ほど、子育てと家事を両立しがちです。無理なものは無理と諦め、楽をする方法を考えてください。

子育てを続けるなら息抜きも大切

息抜きは、子育てをするのにとても大切です。単純に体を休ませる意味もありますが、それ以上に精神の休息になります。息抜きしないまま子育てを続けると、心身ともにすり減ってしまい、育児ノイローゼになってしまうでしょう。

息抜きの方法は特に決まりはありません。子育ての前から続く、好きなことをすると良いです。紹介したこと以外にも、カフェ巡りや陶芸、アイドルのコンサートに参加するのも良いでしょう。

また、運動も息抜きには最適です。思いっきり体を動かせ、すっきりした汗を流せます。子育てで体がなまっている人は、ぜひスポーツやランニングをして、汗を流してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!