田舎に憧れる人の住みたい町はどこ?田舎の魅力も紹介

田舎といえば、不便が代名詞のような場所です。交通手段が乏しい、店が少ない、遊ぶ場所がないなど、田舎暮らしに耐えかねて、都会へ進出する若者も少なくありません。

ですが、近年では、田舎暮らしに憧れる人も増えてきています。田舎には都会にはない魅力もあり、都会に疲れてきている人ほど、田舎に憧れる様子は大きいです。

田舎暮らしの魅力とは何なのか。田舎の住みたい町ランキングと合わせて紹介します。

田舎暮らしの魅力

一見すると不便そうに思える田舎暮らしですが、田舎には、都会にはない魅力があります。

自然が豊か

田舎といえば、自然が豊かなことで有名です。地域によっては土地開発されている場合もありますが、それでも、都会よりは自然が残ったままだと言えます。

車も少ないことから排気ガスなどの汚れも少なく、空気が綺麗なのも特徴です。

四季折々の風景も楽しめ、のびのびと生活することができます。

のんびりとした時間を過ごせる

時間の間隔も、都会とは違います。都会のように急ぎ足で歩き回る人は少なく、時間がゆっくり感じられるでしょう。

常に仕事に追われているような窮屈感はなく、平日でも休日のような開放感が味わえます。

物価が安い

田舎は、都会とは比べ物価が安いのが特徴です。特に家賃が安いのが魅力で、都会では1DKとなるような金額でも、田舎では一軒家を借りることができます。田舎にセカンドハウスを持つ人も多く、家持になるのも夢ではありません。

他にも、新鮮な野菜が安く手に入るなど、貯金や収入に余裕を持つことができます。

移住支援制度がある

地方へ移住すると、移住制度が受けられます。移住や出産、子育てなどのサポートはもちろん、企業や就業(就農)支援など、どれも移住するうえで助かる制度ばかりです。

中には、お米10俵贈呈や公共施設優待券の配布といったものまであります。移住支援制度で移住先を決めるわけではありませんが、地方移住をプラスに考えさせてくれるでしょう。

田舎の住みたい町ランキング

株式会社宝島社では、2022年1月に発売された「田舎暮らしの本」2月号にて、第10回目となる「2022年版第10回住みたい田舎ベストランキング」を掲載しました。

今回は、移住を考える読者のため、人口別に5つのグループ、世代別に3つのグループでまとめてランキングしています。

それぞれの世代では、どの町が人気あるのか。人口別に紹介します。

人口1万人未満の町

若者世代・単身者が住みたい町部門1位:北海道沼田町
子育て世代が住みたい町部門1位:島根県飯南町
シニア世代が住みたい町部門1位:北海道沼田町

人口1万人以上3万人未満の町

若者世代・単身者が住みたい町部門1位:大分県豊後高田市
子育て世代が住みたい町部門1位:大分県豊後高田市
シニア世代が住みたい町部門1位:大分県豊後高田市

人口3万人以上5万人未満の町

若者世代・単身者が住みたい町部門1位:島根県雲南市
子育て世代が住みたい町部門1位:島根県雲南市
シニア世代が住みたい町部門1位:大分県臼杵市

人口5万人以上20万人未満の町

若者世代・単身者が住みたい町部門1位:愛媛県西条市
子育て世代が住みたい町部門1位:愛媛県今治市
シニア世代が住みたい町部門1位:愛媛県今治市

人口20万人以上の町

若者世代・単身者が住みたい町部門1位:静岡県静岡市
子育て世代が住みたい町部門1位:静岡県静岡市
シニア世代が住みたい町部門1位:秋田県秋田市

田舎暮らしの注意点

最後に、田舎暮らしをするうえでの注意点を紹介します。
田舎暮らしに憧れる人も多いですが、現実を理解したうえで移住を考えましょう。

利便性が悪い

田舎暮らしといえば、利便性が悪いことでも有名です。1時間の電車やバス待ちは当たり前、駅やバス停まで、徒歩1時間かかることも珍しくはありません。ある程度土地が開発されていれば別ですが、それでも、都会のようにスムーズな移動は難しいと言えます。

田舎は店舗が少なく、どこへ行くにも移動手段が必要です。田舎暮らしをする場合は、車が必須となります。

店舗が少ない

店舗が少ないのも、田舎ではよくある光景です。飲食店はもちろん、スーパーやコンビニへ行くのも車が必要となります。

特に大変なのは、医療施設が少ないことです。緊急の際でも、すぐに受診することはできません。

他にも娯楽施設がないことから、田舎暮らしを退屈と感じる人もいます。

もちろん、それらの店舗に近い場所に住めばあまり気になりません。通販やオンライン診断といった、インターネットで済ませられることも多いです。

それでも、いざという時に近場にいないことで、不便さを感じてしまうでしょう。

仕事が少ない

田舎は店舗だけではなく就職先も少ないです。近場の求人数は数えるほどしかなく、遠くまで出稼ぎにいくこともザラにあります。

また、近場に就職できたとしても、基本的に給料が安いです。時給700~800円や月収14~15万円といった場合もあり、職探しに苦労するでしょう。

ただ、林業や農業といった、田舎だからこそできる仕事も少なくはありません。近年では在宅勤務できる企業も増えてきており、田舎にいながら都会の仕事に関わることもできます。

自治体によっては仕事を斡旋してくれることもあり、決して田舎で仕事ができないわけではありません。

他にも、工芸品やアクセサリーをネット販売する人もおり、自分らしい生活ができます。

田舎暮らしはストレスで疲れた人におすすめ

田舎暮らしは、良くも悪くも自然豊かで開放的なのが特徴です。利便性が悪い部分はありますが、都会のような狭苦しさや汚さはなく、のびのびとしたったりとした時間が過ごせます。

また、創造よりも、実際の田舎は生活がしやすいです。人気のある田舎は人も集まりやすく、ある程度は土地開発がされています。よっぽどの田舎でなければ、普段の生活で困ることもほとんどないでしょう。あくまでも、都会と比べたら不便といった感じです。

都会の生活に疲れた人は、ぜひ田舎の魅力を体験してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!