ダイエットを無理なく続ける方法とは?基本的な考え方を紹介

ダイエットが続かなくて悩んでいる人はいませんか?痩せたいとは思うけど、ダイエットが辛く、長続きしない人は結構います。中には、「時間がない」「面倒くさい」といった理由から、ダイエットを辞めてしまう人もいることでしょう。

ですが、ダイエットは何も、ランニングや水泳などのがっちりしたトレーニングだけではありません。私生活と食生活を少し変えるだけで、ゆっくりとですが痩せることができます。

むしろ、急激なダイエットは身体に悪く、健康的に痩せるためには、ゆっくり痩せることができます。

むしろ急激なダイエットは体に悪く、健康的に痩せるためには、ゆっくり痩せる必要があるのです。

ダイエットを無理なく続けるにはどうすれば良いのか?毎日続けられる方法を紹介します。

ダイエットを無理なく続けるためには

まずは、無理なく続けるための秘訣を紹介します。

ガッチリよりもほどほどなダイエット

ダイエットに大切なことは、頑張りすぎないことです。頑張りすぎると疲れてしまい、長続きしなくなります。

もちろん、がっちり運動した方がダイエット効果は高いですが、長く続かなければ意味がありません。一時的なダイエットはリバウンドのリスクがあり、痩せた後もダイエットは続ける必要があるからです。

本格的にダイエットを始めるのも大切ですが、長続きしない人は、簡単で少しのことから始めてください。

ダイエットを習慣化させる

ダイエットを長続きさせるためには、習慣化することも大切です。空いた時間にがっつりダイエットすることを考えていると、仕事や家事が忙しくなることで、ダイエットができなくなります。

ダイエットをしない期間が長くなることでダイエット自体が面倒に感じ、次第にダイエットもしなくなるでしょう。

話は変わりますが、サプリメントを続けるには、毎日同じタイミングで飲むと良いとされています。「顔を洗う」「歯を磨く」のと同じように、習慣化することで、サプリメントを飲むのが当たり前になるからです。

ダイエットも同じように、ダイエットを当たり前にすることで、無理なく続ける事ができるでしょう。

無理なく続けられるダイエット方法

ダイエットをあうる場合は、主に食事と私生活(運動)に気を付けると良いです。摂取カロリーと消費カロリーを意識することで、効率よく痩せることができます。

食生活と私生活を、どのように意識すれば良いのでしょうか?

食生活を意識したダイエット方法

食生活(摂取カロリー)を意識したダイエット方法です。

食事の量を減らし回数を増やす

普段の食事量を、複数回に分けると無理なく痩せられます。

脂肪は、消費しきれなかったカロリーを貯蓄しておくためのものであり、貯蓄する前にカロリーを消費しきれば、脂肪がつくことはありません。

なので一回の食事量を減らし、カロリーを消費しきれるようにします。摂取カロリーを減らせば、蓄えている脂肪を消費し効率よく痩せられます。

ただ、食事の量を減らすと、お腹が空きます。栄養バランスも悪くなり、健康的なダイエット方法だとはいえません。リバウンドもしやすく、長く続かない人の方が多いでしょう。

そのため、食事の回数を増やし、お腹が空かないようにします。たとえ食事の回数が増えたとしても、一回の食事量が少ないことで摂取カロリーは消費され、脂肪となる心配はありません。一日分の摂取栄養素は変わりませんので、健康的に痩せることもできます。

一日の献立を5~6回ほどに分け、約3時間おきに食事するように心がけましょう。

たんぱく質を多めに摂取する

献立の内容を、たんぱく質中心の食生活にしてください。たんぱく質は筋肉を作るために必要な栄養素であり、作られた筋肉は、脂肪を燃焼させ運動エネルギーへと変換してくれます。

一方で、脂質と炭水化物は脂肪となりやすい栄養素です。摂取した栄養素をすぐにエネルギーへと変換し、脂肪として蓄えてしまいます。無理なく痩せるためには、脂質や炭水化物を減らし。代わりにたんぱく質や野菜を増やすと良いでしょう。

ただ、脂質と炭水化物を全く摂取しないのも問題があります。脂質と炭水化物は三大栄養素の2つであり、どちらもエネルギーを生成するのに、重要な栄養素です。たんぱく質でもエネルギーは作られますが、脂質とたんぱく質と比べて生成速度は遅く、食べてもすぐにはエネルギーとして使えません。食事を活力とするためには、脂質と炭水化物を摂取する必要があります。

脂質と炭水化物を減らして、代わりにたんぱく質や野菜を増やすだけですので、食事量もほとんど変わりません。お腹も空きにくく、無理なく続けられるでしょう。

遅い時間に食事をしない

睡眠前の食事は、避けるようにしてください。睡眠時は起きている時よりもカロリーの消費は少なく、消費しきれずに脂肪として蓄えてしまいます。

また、人は夜間になると脂肪を蓄えようとする性質もあります。特に、夜の22時~2時頃にかけて最も盛んであり、注意が必要です。

可能なら、18時~20時の間。遅くても21時までには夕食を済まし、翌日までは夜食を食べないようにしてください。

私生活を意識したダイエット方法

私生活(消費カロリー)を意識したダイエット方法です。

歩くようにする

普段の行動を見直して、歩く時間を増やすようにしてください。「駅間距離が短いなら歩く」「近くへの買い物は車を使わず歩く」「わざと遠回りをして歩いて帰る」など、歩く機会を増やします。

また、エレベーターやエスカレーターを使わず、階段も利用してください。歩いたり、体を動かした分だけ、カロリーが消費されます。

ダイエット効果だけではなく、歩くことで足腰の筋トレや基礎体力の向上にもつながります。少しのことでも面倒臭がらず、歩く習慣をつけましょう。

早寝早起きを心がける

早寝早起きをすることでも、ダイエット効果は期待できます。人は、夜よりも朝の方が新陳代謝が活性化される性質があるため、同じ時間起きているなら、早起きした方がカロリーの消費は多くなるからです。

毎日30分早起きするだけでも効果があるといわれています。夜更かしは美容にも悪いので、朝でも良いことは翌朝に回しましょう。

無理のないダイエットで無理なく痩せよう

ダイエットが続かない理由は、ダイエットを「面倒」「辛い」と感じているからです。誰でも面倒で辛いことは嫌であり、今すぐにでも辞めたいと思います。

ですが、ダイエットを「当たり前」にすることで、ダイエットを面倒に感じることはありません。内容も簡単にすることで、辛くもなくなるでしょう。

紹介した内容は、数ある方法のほんの一部です。他にも、納豆ダイエットや朝バナナダイエット。5分で効果のあるストレッチなど、毎日でも続けられる方法はいくらでもあります。

ダイエットを無理なく続けるためにも、自分に合ったダイエット方法を試してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!