寝具を清潔に保つ方法とは?汚れの原因や不衛生による被害も紹介

普段から寝具を清潔にしていますか?人は睡眠時に汗をかき、それによって寝具は汚れてしまいます。

汚れたままではダニや雑菌が繁殖し、健康に良くありません。病気にならないためにも、清潔に保つ必要があります。

寝具を清潔にするにはどうすれば良いのか。汚れる原因と合わせて紹介します。

寝具が汚れる理由

寝具の汚れは、主に汗や垢などが原因です。就寝時に汗をかいたり、新陳代謝によって剥がれ落ちたりした老廃物が、寝具にこびりついて汚れとなります。

人は、就寝時に約200mlの汗を流すといわれています。一週間では、単純に1,400mlの汗が、寝具に染み込んでいるといえるでしょう。

また、有機性の老廃物によって、雑菌や害虫も繁殖します。汗で湿った環境、体温で温まった環境は、どちらも繁殖に適した環境であり、老廃物をエサにどんどん増殖してしまうのです。

一見すると白く綺麗な寝具も、実際にはカビやダニまみれだといえます。見えないために自覚はありませんが、多くの人は、その不衛生な寝具でぐっすり眠っているのです。

不衛生な寝具による健康被害

寝具が不衛生なままだと、アレルギーを引き起こします。不衛生な寝具には、カビやダニの死骸などがたくさん溜まっており、就寝時にはそれらが不衛生な要因を、呼吸と一緒に体内に取り込んでしまうからです。

軽度のアレルギーならくしゃみや鼻水程度で済みますが、重度のアレルギーにもなると呼吸困難に陥ります。まだ免疫が十分にできていない子供や、体力的に弱くなっている高齢者の場合は、特に注意が必要です。

また、肌トラブルが生じる場合もあります。湿気が多い布団には雑菌(カビ)が発生しやすく、毛穴に入り込むことで、ニキビや肌荒れが生じるのです。ダニがいれば血も吸われ、発赤による痒みも感じてしまうでしょう。

寝具を清潔に保つには、定期的に洗濯をする必要があります。「天日に干せば十分」と思うかもしれませんが、天日干しだけでは、完全にダニを死滅させることはできません。布団内部に入り込んだダニの死骸やフンなども除去しきれず、天日干ししても不衛生なままといえるでしょう。

なので、寝具を丸洗いして汚れを一掃する必要があります。シーツや枕カバー、布団やマットレスなどを洗濯機に入れて洗えば、中に溜まった死骸やフンも綺麗に除去できます。

もし、洗濯機に布団が入らないようならコインランドリーを利用すると良いです。近年のコインランドリーは布団も洗えますので、ぜひ活用してください。

他にも、寝具クリーニングの宅配サービスも存在します。近くにコインランドリーが無い場合は、そちらを利用しましょう。

毎日行う清潔に保つ方法

洗濯するのが一番良い方法ではありますが、毎日洗濯するのは難しいです。シーツやまくらカバーならともかく、布団やマットレスは、毎日コインランドリーで洗うわけにはいきません。雨の日だと洗濯しても乾かず、夜に寝る布団がなくなってしまいます。

そのため、普段は洗濯を控え、干すようにしてください。干すことで湿気を除去し、カビやダニの発生を減らすことができます。干さないにしても、寝ない時には布団は捲っておき、湿気がこもらないようにしましょう。

よく「起きたら布団はすぐ片付ける」と言われていますが、すぐ片付けるのは汗で湿った布団をそのまま片付けることになり、あまり良くありません。起きてしばらくは布団で捲っておき、換気して乾燥させてから畳むようにしてください。

また、掃除機をかけるのも効果的です。完全には除去できませんが、ある程度はダニの死骸やフケなどを吸い取ることができます。

洗濯が難しい日には、布団を干して乾燥させ、掃除機でフケやダニなどを取り除くことで対処してください。

他にも、ファブリーズを始めとした、除菌や殺菌ができる消臭剤も販売しています。合わせて試してみると良いかもしれません。

寝具を洗う際の注意点

寝具を洗う際、注意してほしいことがあります。

洗濯は半年に一回

寝具の洗濯は、半年に一回程度を目安にすると良いです。もちろん、より頻繁に洗濯したほうが清潔に保てますが、頻繁に洗うと寝具の生地をダメにしてしまいます。

汗っかきな人、布団を汚しやすい人なら2~3ヶ月に一回程度、それ以外の人は、半年に一回を目安に洗濯をしましょう。

洗濯表示マークを確認する

寝具を洗濯する際は、洗濯表示マークを確認してから洗濯をしてください。中には、水洗い禁止の寝具も存在し、自宅で洗うことができないものもあります。

特に、昔の寝具は水洗い禁止なものが多く、注意が必要です。水洗いできないものは、クリーニング業者に預けてキレイにしてもらって下さい。

洗濯ネットを使用する

自宅で選択する際は、洗濯ネットを使用すると良いです。ネットに入れることで洗濯中に広がらないようにし、生地が傷むのを防ぐことができます。

他にも、布団の中綿が偏ってしまうのを防ぐこともできておすすめです。

寝具を洗濯して気持ちよく寝よう

一見すると綺麗な寝具も、実際には汚れていることが多々あります。フケや垢などの汚れだけではなく、カビやダニなども発生しており、その不衛生な布団で毎日就寝しているのです。

布団の汚れは、汚いだけではなくアレルギーの原因にもなります。くしゃみや鼻水を感じるようなら、寝具を洗濯するようにしてください。

他にも、天日干しをする、掃除機をかける、滅菌スプレーを使うなど、清潔に保つための方法は色々あります。

寝具を清潔にし、ぜひ綺麗な布団で就寝してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!