初詣のマナーとは?参拝やおみくじのやり方を紹介

お正月の恒例行事といえば初詣があります。1年の感謝を捧げたり、今年の目標を祈願したりなど、それぞれの願いを神様や仏様にお願いすることでしょう。

そんな初詣ですが、実は参拝のマナーがあります。日本の神様は寛容だともいわれていますが、だからといってマナー違反をしていいわけではありません。

初詣の作法とはどのようなものなのか。マナーについて紹介します。

初詣のやり方

初詣のやり方をそれぞれ説明します。知らなかった人はぜひ覚えておいてください。

手順
1.鳥居をくぐる
2.参道を歩く
3.手水で清める
4.参拝する
5.元の道へ戻る

参道の歩き方

参道は神様の通り道になります。
神様の通り道を堂々と通るのは失礼になります。参道の中央は正中といいますが、正中は避け、参道の端を通るようにしてください。

もし、正中を横切る際は、軽く一礼をします。
鳥居をくぐるのと同じように、敬意を払いながら許可を貰いましょう。

手水のやり方

手水は、神様にお願いする前に心身を清める場所です。
水道と同じように、ただ手を洗う場所ではありませんので注意してください。

手順としては、右手に柄杓を持ち、左手に水をかけ右手を清めます。終わったら左手に持ち替え、同じように右手を清めます。

次に、左手の水を注ぎ、口の中をすすいで清めます。すすいだ後の水は、排水溝に吐き出してください。
また、左手も使用しましたので、再び、水を汲んで左手を清めましょう。

最後は、使った柄杓を清めます。柄杓に水を汲んで立てることで、水が持ち手に流れ、柄杓全体を綺麗にできます。
持ち手まで清めたら、元の場所に戻して完了です。

1.右手に柄杓を持って左手を清める
2.左手に柄杓を持って右手を清める
3.右手に柄杓を持ち換え、左手に水を汲んで口を清める
4.左手を清める
5.柄杓を清める
6.元の場所に戻す

参拝のやり方

正しい参拝のやり方は「二拝二拍手一拝」です。「拝」とは礼のことであり、二度の礼をした後、二回拍手し、再び一度礼をする意味になります。

手順としては、会釈した後にお賽銭を入れます。お賽銭の金額は特に決まりはありません。
「五円(ご縁)が良い」「多いほうが良い」などともいわれていますが、特に気にする必要はないです。鈴もあれば、お賽銭を入れた後に鳴らしましょう。

次に深いお辞儀を二回(二拝)繰り返します。そして二回手を叩いた(二拍手)後、両手を合わせながら神様に願いごとをしてください。

お願いごとの注意点としては、いきなり願いごとをしないことです。願いごとだけされても、神様は誰の願いごとなのか分かりません。
冗談に聞こえるかもしれませんが、お願いごとをする前に、住所氏名を告げて、誰の願いかを伝える必要があります。

また、去年の願いごとの感謝も忘れてはいけません。「去年はありがとうございました」「無事新年を迎えられました」など、お礼の言葉も告げてください。
そのあと、心に決めた願いごとを、しっかり神様に伝えましょう。

お願いごとが済んだら、両手をおろし、深く一礼(一拝)をして終了です。

1.軽く会釈
2.お賽銭を入れる
3.鈴を鳴らす
4.二拝(二礼)をする
5.二拍手する
6.両手を合わせてお願いごとをする
7.両手をおろし一拝(一礼)をする

帰りの参道

帰りのマナーも行きと同じになります。
参道を歩く際は左右に避けて歩き、鳥居をくぐる際は神社に一礼をしてから通りましょう。

初詣の服装マナー

正しい服装としては、スーツが当てはまります。初詣は目上の者に謁見する行為でもありますので、しっかりした服装と身だしなみが望まれます。
女性についても同様に、目上の者へ面会するのに相応しい服装で参拝すると良いでしょう。

とはいえ、実際の初詣では、そこまで求められていません。派手な服装やラフな服装でなければ私服でも大丈夫です。
初詣は寒い時期ですので、温かい服装で出かけてください。

ただ、マフラーやコートを着たままでは失礼に当たります。参拝する前には、マフラーやコートを脱ぎ、バックなどを下に置いてから参拝するようにしましょう。

おみくじのマナー

おみくじは、参拝してから引くようにしてください。
おみくじとは神様の言葉であり、参拝の願いごとに対する答えが、おみくじで伝えられます。そのため、参拝前におみくじを引いても、適した助言にはなりまえませんので、初詣の順番には注意してください。

おみくじの引き直しはマナー違反

悪い運勢だとおみくじを引き直したくなりますが、おみくじの引き直しはマナー違反です。
神様の助言を否定することになりますので、引き直しは神様に対して失礼になります。

ただし、例外として別の神社でならおみくじを引いても大丈夫です。
たとえ同じ願いごとをしても、別の神社でのおみくじは別の神様からの助言になりますので、失礼にはなりません。

おみくじで大切なのは書いてある内容ではありますが、どうしても運勢が納得できない場合には、別の神社でおみくじを引き直すといいでしょう。

引いたおみくじの扱い方

引いたおみくじは、結んでも、持ち帰ってもどちらでも構いません。
結ぶことで加護を願うことはできますが、持ち帰ることで神様の助言や戒めや方針にすることができます。
運勢や書かれている内容も関係ありませんので、好きなほうを選択してください。

ただし、結ぶ際は結ぶ場所に注意してください。境内で勝手に結ばれると神社の迷惑になります。
木に結ぶことで木を傷つける行為にもなりますので、神社が指定した結び場で結ぶようにしましょう。

また、持ち帰る際も、目に見える場所でおみくじを保管してください。
戒めや方針として持ち帰りますので、見えない場所に保管しては意味がありません。
もちろん、すぐにゴミで捨てるのは論外です。捨てるにしても、願いごとが叶ってから捨てるようにしましょう。

マナーを守って正しい初詣をしよう

初詣は、神様への謁見行為であり、マナー違反は神様への失礼に値します。
失礼が過ぎると逆に天罰が降る可能性もありますので、マナーを守った正しい初詣を心がけてください。

とはいえ、日本の神様は懐が広く、大らかな性格だともされています。そのため、最低限のマナーさえできていれば、とやかくはいわれません。

マナーも大切ですが、同じように神様を敬う気持ちも大切です。
マナーばかりを気にしすぎず、素直な気持ちで初詣に出かけましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!