テーブルマナーは各国で違う?国ごとの違いを紹介

テーブルマナーは、国によって違うことを知っていますか?日本では当たり前なマナーも、別の国ではマナー違反になる場合もあります。逆に、日本ではマナー違反なことも、別の国ではテーブルマナーとされているなど、それぞれの国で特徴があります。

日本でもそうですが、マナー違反はあまり良い顔はされません。場合によっては喧嘩となり、店を出禁にされる場合もあるでしょう。マナーを気にしな大らかな人も多いですが、可能なら、各国に準じたテーブルマナーが求められます。

世界にはどのようなテーブルマナーが存在するのか。全世界から見ればほんの一部ですが、紹介します。

各国のテーブルマナー

国が変われば常識も変わります。国によっては失礼に当たる場合もありますので、旅行前には各国のテーブルマナーを確認しておくと良いでしょう。

中国

箸を使う文化があることから、日本と中国のテーブルマナーは似ています。箸で人を指さない、音を立てて食事をしないなど、日本でもマナー違反とされていることは中国でもマナー違反となります。

ただ、日本とは違い、出された食事を全て食べきるのはマナー違反となります。全て食べきるのは「量が足らない」という意味にとられるため、少し残し「食べきれないほど歓迎してもらえた」としなければなりません。

また、箸の置き方も違いがあります。箸を横向きに置くのは「ごちそうさま」を意味し、そのままでは食器を片付けられてしまうでしょう。食事を続ける際は、箸を縦向きにする必要があるのです。

他にも、麺類は切らずに食べきる、大皿を持ち上げない(持ち上げるのは茶碗のみ)などの、細かいマナーもあるようです。

韓国

韓国も箸を使う文化がありますが、日本とはテーブルマナーが大きく変わります。日本では、咀嚼音を立てながらの食事はNGですが、韓国では咀嚼音はむしろ「美味しい」といっているようなもので、逆に歓迎されています。

他にも、茶碗も含め食器類は全て持ち上げない、おかずは箸でそれ以外はスプーンで食べるなど、日本とはまた違ったテーブルマナーを持つのです。

中でも注意することは、目上の人から食べ始めることです。韓国は日本以上に目上の人を敬う風習があり、食事でもそれは同じといえます。上司や先輩、両親や祖父母など、目上の人が食べ始めないと食事をしてはいけません。同様に、目上の人の前で飲み物を飲むときには、横を向いて飲む必要があります。

韓国ならではの細かいテーブルマナーもありますので、旅行へ行く際は、食事方法に注意した方が良いでしょう。

イタリア

日本人でも、イタリアでのテーブルマナーを知っており人は多いです。カトラリーは外側から使う、音を立てて食事をしない、スープは手前から奥に向けてすくう、パスタは皿のカーブに合わせて巻き取るなど、フレンチレストランを含め、実際に行う場面も少なくはありません。

ただ、変わったマナーとして追いチーズはNGとされています。チーズは風味が強く、追いチーズをすると料理の風味を変えてしまうからです。折角シェフが丹精込めて作ったのに、追いチーズをすることで全てが台無しになってしまいます。場合によっては、シェフの腕前を愚弄しているともとられ、喧嘩になってもおかしくはありません。他にも、タバスコやケチャップなど、味の強い調味料の追加もNGとされています。

大衆店では気にされない場合も多いですが、しっかりしたレストランでは、味の調整はしないようにしてください。

インド

インドといえば、手づかみで食べる事が有名です。ナンやカレーなど、食事をする際は右手ですくって食事をします。左手は、主にトイレなど不浄な場面で使用することから食事中では使用しません。利き手とは関係ありませんので、注意してください。

ただ、近年ではグローバル化の影響により、スプーンやフォークを使うことも珍しくはありません。手づかみで食べることに抵抗がある人は、スプーンやフォークが置かれている店を探すと良いでしょう。

また、インドは食べ残しに対して厳格です。食べられないからといって残すのは、かなりの失礼にあたります。食べもののシェアも基本的にはNGですので、食べられる量をしっかり把握して注文してください。

タイ

タイのテーブルマナーは、日本と韓国のテーブルマナーとよく似ています。食器を持ち上げない、麺類をすすらない、目上の人から食べる、咀嚼音を立てないなど、それぞれの国のテーブルマナーが、タイにも当てはまります。

また、タイ特有のテーブルマナーとしては、一口サイズに切り分けて食事をすることが挙げられます。かぶりついての食事はマナー違反とされており、ハンバーガーのようなかぶりつく料理も、食べやすいよう切り分けて食事をするのです。

他にも、基本的にフォークで刺して食事をしないなど、日本や韓国には無いテーブルマナーも少なくはありません。

多くの場合は日本のマナーを当てはめれば良いですが、細かな違いもありますので事前に確認しておいた方が良いでしょう。

ロシア

ロシアも、日本と同様に音を立てて飲むのはマナー違反となります。他にも、食事中は手をテーブルの上に出す、麺類は啜らないなど、日本にもあるテーブルマナーといえるでしょう。

ただ、ウォッカ(酒)に関してのマナーは豊富にあります。ウオッカを勧められたら断らない、ウォッカの空き瓶は床に置かないなど、国民食(酒)であることから決まり事も多いようです。

さらに、ウォッカは割って飲んではいけません。アルコール度数が強いからといって水やお湯で割って飲むのはマナー違反となります。

ロシアのテーブルマナーは、多くがウォッカに関係しています。割って飲めない、勧められたら断れないなどのマナーもあり、お酒が苦手な人にっては、国で食事をすること自体、注意が必要となるでしょう。

テーブルマナーも「郷に入れば郷に従え」

世界には様々なテーブルマナーが存在します。日本では良く思われていない「クチャクチャ」とした咀嚼音も、韓国では好意的に捉えられており同じではありません。

日本には、「郷に入れば郷に従え」という諺が存在します。テーブルマナーはそれぞれの国の文化であり、大切な教えでもあります。各国に旅行へ行く際は、テーブルマナーを守って食事をしましょう。

とはいえ、近年ではグローバル化によってテーブルマナーは寛容的になっています。場所にもよりますが、多少のマナー違反程度なら気にされないことも珍しくはありません。テーブルマナーを守ることも大切ですが、窮屈な思いをせずに、楽しく食事をするようにしてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!