メンズ香水はどのように選ぶ?知っておきたい香水の基礎知識とは

最終更新日

香水と聞くと女性のイメージがありますが、近年では男性でも香水を付ける人は増えてきています。メンズ用の香水も数多く販売しており、ビジネスやプライベート問わず、様々な場面で使われているのです。

香水はどのようにして選べばいいのか。香水の基礎知識とともに紹介します。

香水の種類

香水は香りの種類だけではなく、濃度によっても種類は違います。濃度が違えば香りの強さも変わるため、同じ香りでも全く別の香水になるのです。正しく使い分けられるためにも、濃度による違いを知っておくと良いでしょう。

● パルファン(濃度:約15%~30%・時間:約5時間~12時間)
● オードパルファン(濃度:約10%~15%・時間:約5時間)
● オードトワレ(濃度:約5%~10%・時間:約3時間)
● オーデコロン(濃度:約1%~5%・時間:約1時間~2時間)

パルファン

パルファンは、市販される香水の中でも特に濃度の強い香水です。香水は「香料」「水」「アルコール」を配合して作られますが、パルファンは香料が15%~30%ほど含まれています。当然、香りと共に持続時間も長く、約5時間~12時間も香りが継続し続けます。

しっかりした香りが特徴で、ほんの1滴たらすだけで十分な香りが広がります。継続時間も長いため、朝付けても、夕方までしっかり長持ちするでしょう。

ただ、香りが強いため人を選びます。エレベーター内などの狭い空間では匂いが残留し、気持ちが悪くなる人もいます。店舗によっては「他のお客様の(香りが)迷惑になる」からといって入店拒否される場合もあるほどです。パーティーやイベント会場など、広くて香りが散らばってしまう場所での使用が推奨されます。

香料を多く配合していることから高額であり、使う場所も選ぶことからあまり初心者向きの香水ではありません。

オードパルファン

オードパルファンは、パルファンの香料を弱めた香水です。オードとは「水」という意味があり、香料を減らすとともに水分量を増加しています。香料の濃度は10%~15%ほどと、パルファンと比べ半分程度です。

ですが、あくまでもパルファンと比べた場合であり、他の香水と比べると十分な分量といえます。約5時間香りが持続し、重要な局面で香りが無くなる心配はありません。

控えめでありながらもしっかり香ることから、渋めで落ち着きのある年配の人に人気があります。

オードトワレ

オードトワレは、比較的カジュアルに使える初心者向きの香水です。濃度は5%~10%ほどと低く、時間も約3時間持続します。

パーティーやデートの少し前に使用すれば、丁度終わった頃合いに香りの効果も切れるでしょう。

種類も豊富で、シトラス系やハーバル系の軽い香りから、ウッディ系やアンバー系といった複雑な香りも販売しています。若者から年配の人まで、どの年代の人でも使いやすいです。

オーデコロン

オーデコロンは、特に香料の濃度が少ない香水です。濃度は1%~5%ほどと、オードトワレよりもさらに薄くなります。時間もさらに短く、約1時間~2時間ほどしか継続しません。

パーティーやデートの少し前に使用しても、途中で香りがしなくなり、新しくつけなおす必要があります。

ただ、香りが薄いため、パルファンのように迷惑がられる心配もありません。シトラス系やハーバル系の軽い香りも多く、「石鹸の香り」のような清潔感も感じられます。継続時間が短いのも、「別の香りも試せる」と思えば悪くはないでしょう。ちょっとしたお色直しのような気分で香水が楽しめます。

ウッディ系やアンバー系といった深みのある香りは少ないため、フレッシュな若者向けの香水です。

香水は時間と共に香りも変化する

香水を選ぶうえで注意することは、「香りは時間と共に変化する」ことです。ほとんどの香水にいえることであり、段階を踏んで香りは変わってきます。

なぜ変化するかというと、香水に使用される香料は一種類だけではないからです。より揮発しやすい香料から立ち上がるため、時間が経つにつれ、揮発しにくい香料だけが残されていきます。

香りは大まかに3段階に分かれており、それぞれ「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」と呼びます。ノートとは「香り」のことであり、一般的に香水の香りのことを「ノート」と呼ぶのです。

トップノートは始めの10分程度の立ち上がりであり、ミドルノートがメインとなる香りです。そして、ラストノートによって香水の余韻を楽しみます。香水を選ぶ際は、メインとなるミドルノートの香りを気にすると良いでしょう。

● トップノート:付けてから10分~30分まで
● ミドルノート:付けてから1時間~3時間まで(トップノートが終わってしばらく)
● ラストノート:付けてから2時間~12時間まで(ミドルノートが終わってから、継続時間終了まで)

香水の選び方

いざ香水を選ぶにしても、初めてではどれを選べば良いか分からないと思います。香水はどのように選べばいいのでしょうか?

シーンで選ぶ

香水は使うシーンで選ぶと良いです。ビジネスなら落ち着きの感じられる「ハーバルノート」や「ウッディノート」。デートなら爽やかさを出す「シトラスノート」や逆にムーディーな雰囲気を作る「アンバーノート」。普段使いなら遊び心のある「オリエンタルノート」など、それぞれの目的に合わせて選んでください。

香りによって雰囲気や印象は大きく変わり、商談やデートなどの成功率も変わってくるでしょう。

年齢で選ぶ

香水は年齢で使い分けてください。経験豊かな年配の人なら、落ち着きのある「レザーノート」や「ウッディノート」。フレッシュな若者なら、爽やかで軽めな「シトラスノート」や「グリーンノート」など、イメージに適した香りを選びます。

ダンディな紳士が爽やかな「シトラスノート」を使ったり、逆に20代の若者が濃厚な香りの「バルサムノート」を使うのは、イメージに合わず違和感を持たれます。

もちろん、全くダメなわけではありませんが、年齢や立場などのイメージに合わせた方が、好感が持たれやすいです。

季節で選ぶ

香水は季節で選ぶと良いでしょう。春になら花の香りが感じられる「アロマティックノート」や「ハーバルノート」。夏なら爽やかさを感じる「シトラスノート」や「マリンノート」。秋なら刺激と渋さのある「ウッディノート」や「オリエンタルノート」。冬なら温かみと落ち着きのある「バルサムノート」や「フゼアノート」など、季節のイメージに合わせて選びます。

香水も服と同じです。夏は寒色系の涼しげなデザインが好まれるように、夏はスッキリ涼しげな香りが好まれます。難しい事は考えず、直感で選んでみてください。

好みで選ぶ

プライベートで選ぶなら好みで選んでも良いです。香水もアクセサリーと同じで、おしゃれしたいから使います。

香りが最も強い場所は自分の周辺であり、最も香る人は自分です。「シトラスノーツ」なら頭もスッキリしますし、「アロマティックノート」ならフローラルな香りが楽しめるでしょう。好きな香りを楽しんでください。

気になる人はオーデコロンから始めてみよう

近年では男性でも香水を付ける人は増えてきています。パーティでの使用はもちろん、大切なビジネスや失敗したくないデートの時など、意外と使える場面も多いです。

もちろん、普段使いも悪くはありません。アロマポット(スティック)のように香りを楽しめます。

初めて使うなら、すぐに効果が切れるオーデコロンがおすすめです。本格的に使い始める前に、まずは試しで香水を使ってみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!