傷んだ髪の治したい。ダメージケアの方法とは

「毎日髪を洗っているのにパサパサする」そんな経験はありませんか?シャンプーやコンディショナーを変えても結果は変わらず、悩んでいる人もいることでしょう。そんな傷んだ髪の悩みですが、もしかしたらケアの仕方が間違っているかもしれません。髪質を変える、ダメージケアのやり方を紹介します。

傷んだ髪の状態とは

髪がカサつく原因は、キューティクルが剥がされ髪の水分が蒸発するからです。キューティクル(クチクル)とは、髪を覆う一番外側の組織のことです。肌で言えば表皮のことであり、下部組織でメデュラやコルテックスを外傷から守ったり、逆に水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

本来なら誰にでもキューティクルが備わっているのですが、何らかの原因(染色や紫外線など)によって刺激を受けると、キューティクルは壊され剥がれてしまうのです。キューティクルが剥がれると、髪の水分は蒸発しパサつきます。また、砂ぼこりなどからも髪を守ることができなくなり、髪がボロボロになっていくのです。

さらに、原則的にキューティクルは再生しません。コンディショナーなどによって補強はできますが、天然物のキューティクルよりは性能が落ちてしまいます。そのため、なるべく髪質を労わり、キューティクルが剥がれないようダメージケアを行うことが大切です。

ダメージケアの方法

キューティクルは、主に洗い方を変えるだけで、劇的に変化します。毎日の洗髪方法が間違えてないか、確認して見ましょう。

洗う前の下準備

髪を洗う前に、まずは髪を解かしてください。髪が絡まっていると、お湯の通りが悪くなり全体を奇麗に洗うことができません。

また、ブラシを入れた後はお湯で髪を予洗いします。髪を濡らすことで摩擦や静電気を減らし、本洗いした際の髪への刺激を少なくするのです。埃や砂といった簡単な汚れも流すことができ、シャンプーの量も減らせるでしょう。

表面を濡らすだけでは意味がありませんので、しっかり根元まで濡らしてください。髪や頭皮を傷つけないよう指の腹で、丁寧にもみ洗いもします。それと、お湯の温度は約38℃くらいが良いです。高すぎると髪と頭皮が乾燥しやすく、痛む原因となるからです。

洗い方(シャンプー)

シャンプーは、一度泡立ててから使用します。洗剤は泡立ててからの方が落ちが良いのもありますが、髪の中で泡立てると摩擦が強く痛む原因となるからです。もちろん、頭皮に直接つけるのはもってのほかです。

洗い方は予洗いと同じで、指の腹で優しく洗ってください。強くゴシゴシしたり、爪を立てて洗うと、髪と頭皮が傷ついてしまいます。頭皮も揉みこむように洗ってください。直接シャンプーをつけるのは刺激が強すぎますが、泡立ててあれば問題ありません。洗い残しがないよう、全体をくまなく洗います。

洗い終わったらお湯で流してください。温度は約38℃くらいが良いです。シャンプーが残ったままにならないよう、くまなく、そして丁寧に濯ぎ洗いをしましょう。

洗い方(コンディショナー)

シャンプーの次はコンディショナー(リンス)を使います。シャンプーは髪の表面を覆う油分まで落としてしまうため、そのままでは髪が乾燥しやすく傷んでしまうからです。そのため、コンディショナーで表面をカバーする必要があります。

使い方は、髪を軽く搾って水気を落とした後、髪の先端からつけていきます。そして段々と髪の根元に向かってつけていきましょう。

頭皮へはつけなくて良いです。あくまで「髪をケアするため」のケア剤ですので、頭皮は必要ありません。むしろ、毛穴が詰まる原因にもなります。全体につけ終わったら、お湯で優しく流していきます。後は、コンディショナーのぬめりが無くなるまで流せば終了です。

乾かし方

髪はドライヤーで乾かしてください。自然乾燥だと水分が蒸発しやすくパサついてしまいます。適度な湿度と温度によって雑菌も繁殖しやすく、臭いの原因にもなるでしょう。

また、早く乾くよう、ドライヤーの前に軽くタオルで拭いておきます。キューティクルを壊さないよう、タオルで優しく叩くように乾かしてください。軽く髪を解かしておくと、ドライヤーの風通しも良くなるでしょう。ドライヤーは、一か所に留まらず動かしながらしようします。乾かないからといって同じ場所に当て続けると、髪が乾燥しすぎてしまうからです。ブラシも入れながら、髪の内側までしっかり乾燥させてください。

それと、ドライヤーは髪の根元から外側に向かって使用します。キューティクルは鱗状の形をしており、外側に開いた形で組織が繋がっているからです。外側から内側に向かって熱風を当てると、キューティクルが剥がれてしまいます。特に、傷みやすい髪の先端ほど注意しましょう。

リンス・トリートメント・コンディショナーの違い

リンス・トリートメント・コンディショナーは、詳しくない人から見ればどれも同じに思えますが、実際には用途と効果はそれぞれ違います。リンスは、髪の表面をコーティングする役割があります。髪に油分を与えることで、水分の蒸発を防ぎ、滑らかな髪にしてくれます。摩擦も減ることで、髪へのダメージも減らすことができるでしょう。

トリートメントは、髪に浸透して栄養を与える役割があります。不足した栄養素を補給することで、髪の質を改善し、艶のある髪質へと変化するのです。

コンディショナーは、リンスとトリートメントの両方をこなします。髪の表面をコーティングするだけではなく、髪に栄養を与え髪を元気にするのです。ただ、それぞれと比較すると効果は少し低くなります。髪が乾燥しやすいならリンスやコンディショナーを。髪に艶が無いようならトリートメントといったように、それぞれ使い分けると良いでしょう。なんでしたら「普段はリンスやコンディショナーで見た目を良くし、休日はトリートメントで髪質を改善する」といった使い方でも問題ありません。

カラーリングは髪を痛める

若者に限らず髪を染める人は多いですが、残念なことに、カラーリングは髪を痛めます。カラーリングに含まれる化学染料が、髪にダメージを与えてキューティクルを壊してしまうからです。

特に、ハイトーンなほど化学染料は多く、髪へのダメージは大きいです。今は良くても、将来的に髪がゴワゴワする可能性があるため注意しましょう。

美容師なら、ある程度ダメージを軽減する方法や道具を知っています。心配な人は、一度相談してみるてください。

男性もダメージケアを気にしたほうが良い?

ダメージケアは男性も気にしたほうが良いです。髪がボロボロだと、見た目が悪く異性にモテません。短髪にすれば目立ちませんが、それでも、髪質が悪いことには変わりないでしょう。

また、ダメージケアは禿げにも効果的です。指の腹で優しく洗えば、毛根や頭皮へのダメージが少ないです。毛穴に詰まった皮脂もしっかり取り除け、髪が太く元気に育つでしょう。

将来的に禿げが気になる人は、手遅れになる前に、しっかりとしたダメージケアを心がけてください。

今日からでも洗い方に気を付けてみよう

ツヤツヤ髪にする方法は、洗い方と乾燥の仕方で大体が決まります。商品の違いはあまり重要ではありません。

予洗いやタオルでの拭き方など、普段行っていない人は面倒に思えるでしょう。ですが、ちょっとした手間を加えるだけで、簡単に髪質が変化するのです。

キューティクルは、一度壊れると再生はしません。コンディショナーで誤魔化しても根本は解決されてはおらず、最終的には切るしかありません。新しい髪もボロボロにならないよう、丁寧に洗ってダメージケアをしてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!