睡眠不足からなる胃もたれとは。メカニズムを解説

普段から「胃もたれ」がある人はいませんか?食欲が無いのはもちろん、朝から吐き気も感じ毎日が辛い人もいるでしょう。そんな胃もたれですが、もしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。なぜ、睡眠不足だと胃もたれになるのか。メカニズムを説明します。

睡眠不足による胃もたれのメカニズム

なぜ、睡眠不足が胃もたれに繋がるかと言うと、「睡眠不足によって自律神経が乱れ、それによって胃もたれが生じる」からです。自律神経とは、循環器や消化器など、人間の臓器を調整するための神経です。自律神経には動きを活発にする交感神経と、休ませる副交感神経が存在し、互いに切り替えながらバランスをとっています。

例外もありますが、主に昼間は交感神経が優位になることで身体を動かし、夜は副交感神経が優位になることで身体を休めるわけです。ですが睡眠不足が続くと、身体に過度な負荷がかかり、自律神経が正常に働かなくなってしまいます。バランスが乱れることで、夜でも交換神経が優位になり、常に働き続ける状態が続くのです。

本来なら、夜には副交感神経が優位になり身体を休ませることができるのですが、交感神経が続くようでは満足に休ませることもできません。最終的に、働き続ける胃は悲鳴を上げ、胃もたれや吐き気として身体に異常をきたすわけです。

胃もたれへの対策法

睡眠不足からくる胃もたれは、市販の胃薬では完治できません。一時的には改善するも、原因が解決されていませんので、すぐに胃もたれが再発してしまいます。何度も薬に頼っていると、効能が効かなくなるだけではなく、場合によっては、薬によってさらに胃が荒れてしまうのです。胃もたれを改善するためには、原因となる「自律神経の乱れ」を改善する必要があるでしょう。

質の良い睡眠をとる

最も効果的なのは、睡眠をとることです。原因が睡眠不足だと分かっていますので、十分な睡眠をとれば、自然と胃もたれも無くなります。睡眠時間を増やし、しっかり身体を休めてください。また、眠りが浅い人は環境を整えることも大切です。明るく騒々しい場所だと、脳が覚醒してしまい十分に休ませることができません。暑かったり寒かったりしても安眠はできませんので、暗く静かで適温な環境作りから始めましょう。

ちなみに、休日に長期睡眠を行う「寝貯め」はあまり効果がありません。十分な睡眠は毎日必要であり、寝貯めしたからと言って睡眠が必要なくなるわけではないからです。多少はマシではあるものの、自律神経は乱れたままであり、数日のうちに胃もたれが再発してしまうでしょう。もし、忙しくて十分に眠れない時や胃もたれが酷くて辛い時は、仮眠をとると良いです。休憩時間や昼休みに仮眠をとるだけでも、大分体調は変わります。

ぬるま湯に浸かる

睡眠以外ならぬるま湯に入るのも良いです。39℃前後の湯に浸かることで、体を休め副交感神経を優位にしてくれます。要は、気持ちが良くリラックスできるということです。身体がしっかり温まる、10分を目安に入浴を行いましょう。

ただ、温度が高すぎると、逆に交感神経が優位になるので注意が必要です。頭はスッキリしますが、身体に負担であることには変わりありません。熱い湯が好きな人は、胃もたれが治まってから入浴するようにしましょう。

睡眠不足以外の胃もたれ

「睡眠不足の原因は胃もたれ」と紹介してきましたが、もしかしたら、胃もたれの原因は睡眠不足ではないかもしれません。もし原因が他の場合だと、安易に「寝れば治る」わけでは無いので注意が必要です。

ストレスによる自律神経の乱れ

自律神経の乱れは、睡眠不足だけが原因ではありません。運動不足、偏食、対人関係、喫煙など、いわゆるストレスによって乱れてしまいます。仕事が忙しい人だと、偏食や運動不足にもなりやすいです。上司やお客様に叱られて喫煙が増えるかもしれません。様々な不摂生が身体へのストレスとなり、最終的に睡眠不足と同じ自律神経の乱れへと繋がります。

睡眠を十分とる、ぬるま湯に浸かるなども効果がありますが、完治させるなら原因を解決する必要があるでしょう。バランスの良い食事や一日10分のランニング。転職や禁煙など、可能な範囲で原因の改善に努めてください。

病気による胃もたれ

胃もたれが続くようなら、病気も疑った方が良いでしょう。胃下垂や胃潰瘍、胃炎や逆流性食道炎など、胃もたれや吐き気がある病気はたくさんあります。また、寝不足によってめまいや頭痛が辛いようなら、脳の病気もあるかもしれません。

素人判断はできませんので、胃もたれが改善しないようなら、一度病院で診察することをおすすめします。ちなみに、「眠れない」ことから受診する人も少なくありません。眠れない・十分な睡眠がとれない事も、「不眠症」を始めとする「睡眠障害」です。「たかが眠れないだけ」と思わず、病院で相談してみてください。

毎日しっかり睡眠をとろう

一見すると、睡眠不足と胃もたれに接点はないように思えますが、実は自律神経の乱れによる因果関係があります。「胃もたれがある」からといって安易に薬に頼るのではなく、一度生活習慣を見直してみてください。睡眠不足は、胃もたれだけではなく美容や健康にも影響します。寝不足が続けば判断力も低下し、仕事や家事の能率も低下するでしょう。

睡眠は、生命維持に欠かせない大切な行為です。忙しくても十分な睡眠時間を確保するようにしてください。そして、不安などから眠れないようなら、医師に相談するなどをして、速やかに原因解決に努めましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!