【マスク生活で目元が気になる?】1,022人のきらびやかな職業の女性に調査! コロナ疲れを感じさせない目元を手に入れるために重要なケアは?

株式会社アップビート(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大野木 眞理)はCA(客室乗務員)、モデル・女優、アナウンサー、企業の受付・広報、秘書の女性を対象に、マスク生活と目元に関する調査を実施しました。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、マスクを着用することが当たり前となりました。マスク着用が習慣化したことで、今まで当たり前だったことにも変化が生じているでしょう。特に、女性の方はマスク生活の中で、マスク映えを取り入れたメイクをするようになったり、目元ケアにさらに力をいれるようになったりしているかもしれません。では、CA、モデル・女優、アナウンサー、企業の受付・広報、秘書など、きらびやかなイメージのある世界で働く女性は、マスク生活の中でどのようなことを気にしているのでしょう。また、マスクを着用するようになり、目元のどのようなことを気にするようになったのでしょうか?そこで今回、疲れ目と体のリラクゼーションサロン『目の美容院』(https://menobiyouin.com/)を運営する株式会社アップビートは、CA(客室乗務員)、モデル・女優、アナウンサー、企業の受付・広報、秘書の女性を対象に、マスク生活と目元に関する調査を実施しました。

マスクの着用によって目元を気にするようになった?

はじめに、マスクの常時着用が当たり前の今、どのくらいの方が目元を気にするようになったのか伺っていきたいと思います。

「マスクを着用するようになり、目元を気にするようになりましたか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(75.7%)』と回答しました。マスクを着用する機会が増えた結果、目元が気になり始めた方は少なくないようです。
では、具体的にどのようなことが気になっているのでしょう。「目元で気になることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『クマ(47.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『しわ(43.8%)』『たるみ(27.8%)』『くすみ(26.2%)』『充血(17.3%)』と続きました。人前に出るきらびやかな仕事をされている女性の場合、クマが目立つと顔全体が暗いイメージになってしまう可能性があるため、目元を気にされる方が多いのかもしれません。さらに、マスクを着用していると目元は特に注目されてしまうため、気になってしまいますよね。

約6割の方がマスク映えメイクをしていると回答!具体的にどのようなメイクに力を入れている?

先程の調査で、マスクの着用によって7割以上の方が目元を気にするようになり、「クマ」や「しわ」、「たるみ」といった悩みを持っていることが判明しました。では、目元が気になるようになった結果、マスク着用時のメイクには何か変化があったのでしょうか。

「マスクの着用が増え、マスク映えメイクをするようになりましたか?」と質問したところ、6割近くの方が『はい(59.5%)』と回答しました。具体的にどのようなメイクに力を入れるようになったのでしょう。「どのようなメイクに力を入れるようになりましたか?」と質問したところ、『眉+アイメイク(57.6%)』と回答した方が最も多く、『アイメイク(21.1%)』『フルメイク(18.6%)』『眉メイク(2.6%)』と続きました。マスク着用によって、全体的ではなく目元や眉などの常に見える部分のメイクに力を入れている女性が多いことが分かりました。クマやしわといった目元の悩みをカバーするために、力を入れるようになったことが予想されます。

目元に対する対策できていますか?

前述の調査で、きらびやかなイメージのある世界で働く女性のマスク映えメイクや力を入れている部分がが明らかになりました。少しでも目元の悩みをカバーしたいのかもしれません。では、そんな目元に対してメイク以外ではどのような対策をしているのでしょう。

「目元に対して何か対策はしていますか?」と質問したところ、6割近くの方が『はい(58.9%)』と回答しました。忙しい中でも印象を左右する大事な目元の対策に取り組んでいる方は、多数派のようです。では、人前に出る仕事をされている女性はどのような対策を実践しているのでしょうか。詳しく理由を聞いてみました。
きらびやかなイメージのある世界で働く女性の目元対策は…!
・美容液を新調しスキンケアに力を入れる。大事な日はマスカラ下地を使う(20代/受付・広報/熊本県)
・アイマスクをする(30代/モデル・女優/兵庫県)
・目元のパックをするようにしている(40代/受付・広報/奈良県)
・保湿をしっかりとする。たまに目回り筋肉のトレーニング動画を観ながらしている(50代/秘書/東京都)
目元の疲れを取るマッサージや目元のトレーニング、目元のデリケートな皮膚の保湿ケアを行っているという声が集まりました。毎日酷使する目元を労わるケアを怠ってしまえば、見た目の印象を変えてしまうだけでなく、さまざまなトラブルを引き起こす可能性もあります。その日の疲れを次の日に持ち越さないためのケアを上手に取り入れられると良いかもしれません。

目元のケアは外側と内側どちらが重要なのか…!その理由が明らかに!

ここまでの調査で、マスク着用時に気になることや、マスク生活で出てきた目元の悩みなど明らかになりました。目元の悩みを解決するために、対策を行なっている方も少なくないようです。では、目元の対策をする上で、外側と内側のケアどちらが重要なのでしょうか?
「目元のケアは外側と内側どちらが重要だと思いますか?」と質問したところ、6割近くの方が『内側のケア(マッサージなど)(59.5%)』と回答しました。

なぜ内側のケアが重要だと考える方が多いのでしょう。詳しく理由を聞いてみました。

■内側のケアが重要だと思う理由は?
・原因を取り除かないと、改善しないだろうから(30代/秘書の女性/北海道)
・内側のメンテを怠ると外に現れるため(40代/モデル・女優/神奈川県)
・メイクアップなどで隠しても根本的な解決にはならないから(40代/秘書の女性/東京都)
・内側のケアでもとの土台となるものを整える事が出来るから(50代/秘書の女性/東京都)

メイクなどの外側からのアプローチでは目元の根本的な解決にはならず、その場しのぎの対策になってしまうと考えている方が多いのかもしれません。目元は常に見られていることもあり、すぐに取り入れられる内側からのケアを早めに実践し、クマやしわ、たるみといった目元の悩みに備えていきましょう。

まとめ:マスク必須の生活では目元が大事!早めのケアを始めよう

今回の調査で、きらびやかなイメージのある世界で働く女性の、目元の悩みが明らかになりました。マスク着用が習慣化している今、目元の印象がとても重要になってくるかもしれません。そのため、CA(客室乗務員)、モデル・女優として働いている方は、目元のメイクに力をいれていることが明らかになりました。しかし、メイクでくまやシワといった目元の悩みを隠すのではなく、内側からのケアが重要だということも判明しています。目元の印象が重要となっていく中で、外側ではなく内側のケアから始めていくのはいかがでしょうか?



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!