制汗剤の種類による違いとは?制汗剤とデオドラント剤の違いについても紹介

最終更新日

暑い日には、欠かすことができない制汗剤。汗が出るのを抑え、スッキリ気持ちよくしてくれます。納涼目的としてはもちろん、エチケット目的としても夏には必須のアイテムです。

そんな制汗剤ですが、デオドラント剤との違いを知っていますか?制汗剤の別名がデオドラント剤と思うかもしれませんが、厳密には、それぞれ特徴が異なり別の種類といえます。

制汗剤とデオドラント剤は何が違うのか。タイプ別の種類についても紹介します。

制汗剤とデオドラント剤

制汗剤とは、その名の通り汗を抑制させるためのアイテムです。血管を収縮させる、肌を急速に冷やす、毛穴を塞ぐなど方法は色々ありますが、総じて汗が出るのを抑える効果があります。

一方デオドラント剤は、臭いを抑えるのが目的です。AG配合や香り付きといった特徴があり、汗臭さを抑えてくれます。

制汗剤やデオドラント剤を購入する際は、納涼か消臭目的で選ぶと良いでしょう。

とはいえ、制汗剤にも汗臭さを抑える成分が含まれますし、デオドラント剤にも涼しさが感じられる成分が含まれています。そのため、それぞれの製品に大きな違いはありません。

制汗剤の種類

制汗剤には、基本となるスプレータイプを始め、さまざまな種類があります。それぞれどのような特徴があるのか確認してみましょう。

スプレータイプ

最も基本となる、制汗剤のタイプです。広範囲に吹き付けることで、手軽にスッキリすることができます。

他の種類と違い、スプレータイプなら直接塗布する必要がありません。肌が弱い人でも、無理なく使えます。背中にも吹き付けて使うことができるなど、状況を選ばず使えるでしょう。

また、最もメジャーなことから、商品の種類も多いです。香りも豊富で、好きな香りが楽しめます。

ミストタイプ

スプレータイプと同じく、吹き付けて使うタイプです。スプレータイプは噴出させるガスによって薬液が噴出されますが、ミストタイプの場合は液体自体をミスト状にし、霧吹きのように吹き付けます。

スプレータイプと違って噴出力が弱いですが、その分広範囲に薬剤は広がりません。ピンポイントで吹き付けることができ、他の人の迷惑にならずに使うことができます。

他にも、製品が小さく持ち運びしやすい、缶が破裂する心配がないなどのメリットがありますが、商品数自体が少ないデメリットがあります。

シートタイプ

シートで肌を拭き取るタイプです。シートには薬効成分が含まれており、拭き取った後がすっきりひんやりします。パウダー入りの商品も多く、長く肌がすべすべし続けるのが特徴です。

また、他の制汗剤と比べ、汗を拭き取って使うのが一般的です。他の制汗剤とは使い方が少し異なるため、注意してください。

納涼目的としてはもちろん、汗だくのまま面会しないようにするための、エチケット目的でよく使われています。

ロールオンタイプ

塗り口を、肌に直接当てて塗布するタイプです。虫刺さされの薬のように、塗り口に液を染み込ませ、広げながら塗っていきます。

ただ、直接肌に当てて使用するため、汗をかいた上から使用すると、衛生面に問題が生じます。そのため、ロールオンタイプを使用する際は、汗をかく前から使用する必要があります。

また、薬剤を直接塗る都合上、肌が弱い人だと肌荒れする場合もあります。逆にいえば、それだけ制汗剤としての効果が強いと言えますが、使用前にはパッチテストをするなど注意しながら使用してください。

スティックタイプ

ロールオンタイプと同様に、塗り口を直接当てて使用するタイプです。ロールオンタイプとの違いは、薬剤が固形化されている部分にあります。リップクリームのようなものであり、塗り広げて使います。

ロールタイプよりも制汗剤としての効果は弱いのですが、代わりに乾きやすく、べたつかないのが特徴です。小さいサイズも多く、携帯性にも優れています。

ただ、ロールオンタイプ同様に、汗が染み込むと衛生面に問題が生じますので、汗をかく前に使うように心がけてください。

クリームタイプ

クリームを掬って、直接手で塗りつけるタイプです。指で直接塗れるため、ロールオンタイプよりもさらに、細かく塗ることができます。指の間も簡単に塗れるため、足の蒸れ対策にもおすすめです。

他にも、自分で量を調整しやすいため、汗をかきやすい人にもおすすめします。

ただ、手で直接塗りつけるため、使用後は手が汚れます。また、手が届く範囲しか塗れないため、背中に塗ることはできません。体が硬いと、首周りや脇の下も難しくなります。

男性用と女性用商品の違い

商品によっては、男性用や女性用と記されている物もあります。一見すると別の成分が含まれているように思えますが、実際には、効果に違いはほとんどありません。使われる成分はほとんど同じであり、見た目的な問題といえるでしょう。

ただ、男性用と女性用では、香りの傾向が少し異なります。男性は無臭やミントなど、香りが薄い種類物が多いのに対して、女性はフローラル系や石鹼系など、良い香りの商品が多くなります。

また、成分も男性用の方が少し強めです。男性の方が汗をかきやすいため、清涼感が強い傾向があります。

あくまでも商品の傾向でしかありませんが、商品を選ぶ際は意識してみてください。

制汗剤の正しい使い方

制汗剤を使う際は、使うタイミングに注意してください。種類の紹介で触れましたが、汗をかく前に使う制汗剤と、汗をかいた後に使う精悍性の2つに分けられます。

汗をかく前の制汗剤は、主に汗を抑えるための成分が含まれています。血管や毛穴を収縮させることで、汗をかきにくく、それによって汗の臭いも抑えるわけです。

一方、汗をかいた後に使う制汗剤は、主に冷却によって汗を抑えます。汗が出るの体温の熱を下げるためであり、制汗剤で体温を下げることで汗が出るのを防ぎます。

そのため、使う諸商品の適性がどちらなのかを確認することは大切です。汗をかく前に体温を下げても意味がありません。既に汗が出ているようでは、発汗を抑えても遅いと言えるでしょう。

基本的には、スプレータイプ、ミストタイプ、シートタイプの3種類が、汗をかいた後に使う種類です。残りが汗をかく前に使うタイプになります。

制汗剤は自作もできる?

実は、制汗剤は自作も可能です。使う材料は、水、ミョウバン(重曹)、ハッカ油の3つになり、分量を調整して混ぜ合わせるだけでできます。

ミョウバンには殺菌作用が含まれており、吹き付けることで汗臭さを解消します。ハッカ油には体温を下げる効果があり、合わせて使用することで、制汗剤の代わりとなるのです。

「水:100g」に「焼ミョウバン:5g」を入れて溶かした後、「ハッカ油:3~5滴」を加えたら完成です。後はからのスプレーボトルに移し替えて使いましょう。

ハッカ油には虫よけ効果もあるため、アウトドアにおすすめです。清涼感が足りない場合は、ハッカ油を増やしてください。

注意点としては、防腐剤が入っていないため、長持ちしないことです。冷蔵保存すれば1ヶ月持つとも言われていますが、1週間を目安に使い切るようにしましょう。

使う場所に合わせて種類を使い分けよう

制汗剤には、様々な種類が存在し、それぞれの使いやすさが異なります。手軽に使いたいならスプレータイプがおすすめですし、清涼感を強く感じたいならロールオンタイプがおすすめです。人に会う前のエチケットには、シートタイプを選ぶと良いでしょう。

他にも、汗をかくのを予防するためか、清涼感を感じたいかで種類は異なります。何となくで商品を選ぶのではなく、どのように使いたいかで商品を選ぶようにしてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!