読書を習慣化させるには?習慣化のメリットも紹介

読書が続かず悩んでいる人はいませんか?「内容が理解できない」「読むと眠くなる」「飽きてしまう」など、様々な理由から、読書を苦手とする人は少なくはありません。

読書を続けるためにはどうすれば良いのか。習慣化する方法を紹介します。

読書をする必要性

そもそも、なぜ読書を習慣化させる必要があるのでしょうか?

長文に慣れるため

読書を続けることで、長文に慣れることができます。「文字を読むと眠くなる」といったことを防ぐことができ、集中して読めるようになるわけです。

子供のうちは気になりませんが、契約書や企画書など、大人になれば文字を読む機会が増えていきます。

ですが、「読むのが苦手」だからといって、内容を読まないようでは仕事になりません。重要な書類も多く、読み飛ばしてしまうと後で問題になるでしょう。

文字を読むのが苦にならないためにも、普段から長文に慣れ親しむ必要があります。

読解力をつけるため

読書をすることで、読解力が鍛えられます。読解力とは、「文章を読んで内容を理解するための能力」のことであり、文字を読む際に必要となる能力です。読解力がないと文章の内容が理解できず、間違った理解をしてしまうでしょう。

OECD調査やPISA調査によると、近年の日本の若者は読解力が低下していると言われています。読解力が低下することで勉強への理解度も低下し、学力低下にも繋がる可能性があるのです。

大人でも、企画書や契約書を読む際に読解力が必要となります。「長文に慣れる」ことと合わせて、必要とされる能力といえるでしょう。

想像力を養うため

読書は想像力も鍛えられます。漫画とはいえ違い文字しかありませんので、自分で場面や人物などを想像する必要があるからです。

想像力は、ただ空想するための能力ではありません。「どんな危険があるのか」といったリスク管理や、「売上がどのように影響するか」といったマネジメント能力にも影響します。

また、想像力は相手の気持ちを汲み取る際にも使われます。「これをすると相手はどう思うか」など、コミュニケーションを取るうえで、想像力は必要不可欠です。想像力がないと接し方も失礼となり、トラブルも増えてしまうでしょう。

もちろん、想像力は他のことでも養うことができますが、読書はお金と時間がかからない手っ取り早い方法です。考えるのが苦手な人は、読書を習慣化することをおすすめします。

知識を得るため

読書をすると知識が得られます。本には様々な知識が含まれており、読んで理解することで、その知識を身に着けることができるのです。

また、知識には語彙力も含まれます。言葉の引き出しが少ないと、人に説明するのも難しく、コミュニケーション能力と合わせて、社会人には必須の能力といえるでしょう。言葉が適切に使えていないと、それによってトラブルになる可能性も十分にありえます。

もちろん、インターネットを使えば簡単に知識は得られますが、インターネットの情報サイトは話し言葉も多く、語彙力は育ちにくいです。なにより、インターネットでの情報はピンポイントすぎるため、情報収集に飽きてしまうでしょう。

ですが、読書なら物語や文章立てされているため、飽きることなく読むことができます。楽しんで読めば知識もすんなり入りやすく、自然と身に付きやすいです。

知識を得る方法は色々ありますが、読書でなら、楽しみながら知識を得ることができます。

読書を習慣化させるためには

読書を習慣化させるためには、何をすればいいのでしょうか?

毎日少しづつ読む

読書を習慣化させるためには、継続的に読み続けることが大切です。10分程度の短い時間でも十分ですので、読書の時間を作るようにしましょう。

また、時間ではなくページ数でも良いです。毎日5ページといったように、目標を持つことで取り組みやすくなります。

無理に、一日一冊を読む必要はありません。あくまでも自分のペースで続けてください。

好きな本を選ぶ

読書を習慣化させるためには、、自発的に読みたくなる本を選ぶと良いです。小説や歴史書など、自分の好きな内容なら、本を読んでいても苦にはなりません。先の展開が気になることで、自然と本を読むようになります。

また、別系統で内容を知っていると、スムーズに話が入ってきます。小説を原作とするドラマや漫画を事前に見ておけば、文字だけでも内容がイメージしやすいです。

好きな作品があるなら、関連作品から読んでみてください。

内容が分からなくても深く考えない

分からない内容があっても、深く考える必要はありません。話が分からないと調べる人もいると思いますが、それだと一向に話が進まず、つまらなく感じます。調べるのも億劫になり、読書が嫌いになってしまうでしょう。

読書に慣れるためにも、分からない部分は「そうなんだ:と流し、勢いに任せて読み終わることも重要です。

そのためにも、読む本は簡潔な内容がおすすめです。登場人物が多い推理小説や、言い回しが難しい純文学などは、あまり初心者向きとはいえません。

小中学生向けの本は、簡潔な内容も多く、読者初心者にもおすすめといえます。小中学生向けの本にも面白い作品は数多くありますので、小中学生向けの本から選んでみると良いでしょう。

つまらない場合は別の本を選ぶ

読んでいて「つまらない」と感じる場合は、無理に読み続ける必要はありません。つまらない本を読んでいても苦痛でしかなく、内容も入ってこないからです。読み終わっても「やっと読み終わった」といった解放感しかありませんので、内容の途中でも切り上げ、別の本を読むようにしましょう。

また、読む気が起きない場合も、無理に読む必要はありません。毎日読むことは大切ですが、意識しすぎるとノルマに感じてしまい、読者が辛いものに感じてしまいます。

全く読まなくなるのも問題ではありますが、たまになら、読まない日があっても良いでしょう。

読む本が見つからない場合は?

普段読書をしない人だと、何を読めば良いか分からない人もいます。好きな本・興味がある本といっても思い当たらず、第一歩目からつまずいてしまうでしょう。

そのような人は、ベストセラ―本から選ぶと良いです。多くの人が評価していますので、一定の面白さは保証されています。インターネットで探せばあらすじや感想も簡単に見つかり、選ぶ際の基準にもなるでしょう。

他にも、本屋に直接出向いてみるのも良いです。人気の本、面白い本をポップなどで紹介しており、選ぶ基準にできます。

自分で良い本が見つからない場合は、人の意見を参考にしてみてください。

毎日読んで読書を習慣化させましょう

読書を習慣化させるためには、毎日読むことが大切です。毎日続けることで読書がルーティン化し、自然と読書に慣れることができます。もちろん、無理に頑張る必要はありません。一日数ページや数分など、飽きたり眠くならない範囲で頑張ります。

また、好きな本を読むことも重要です。「好きこそ物の上手なれ」といった言葉があるように、好きな物(内容)ほど、読書も楽しく長く続けられるでしょう。

苦手だからといって嫌遠はせず、ぜひ読書を続け、読解力や語彙力、さらには想像力を養ってください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!