第六感を鍛える方法は?第六感について説明

虫の知らせや神からの啓示など、人には五感を超える第六感が存在すると言われています。宝くじの当選を当てる、危険を回避するなども可能なことから、誰もが「好きに第六感が使えたら」と思うことでしょう。

そんな第六感ですが、実は鍛えることができます。むしろ、鍛えないと第六感は錆びついてしまい、次第に働かなくなってしまうのです。

第六感を鍛えるにはどうすれば良いのか?鍛え方を紹介します。

第六感とは

第六感とは、いわゆる直感力のことです。触覚・視覚・嗅覚・聴覚・味覚に続く人の感覚であり、主に女性の方が優れているといわれています。

また、第六感は超能力や霊感の一種としてみる場合も多いです。厳密に言えばどちらも直感力ではありませんが、どちらも五感を超えた能力であることから、第六感とまとめられています。

第六感は誰もが持っていた感覚

第六感と聞くと特別な力のように思えますが、実は生まれて間もない頃は、誰もが第六感を持っているといわれています。子供の方が、霊感が強いといわれるのも、第六感が強い理由といえるでしょう。

ですが、人は成長することによって常識や仕組みを学びます。その中には五感の使い方も含まれており、成長するにつれ、第六感に頼らなくなるわけです。さらに、近年では化学の発展も大きく、第六感という非科学的な感覚は、どちらかといえば否定的といえます。

その結果、第六感は使われなくなり、大人になるころにはすっかり錆びついて、間隔が閉じてしまうわけです。

再び第六感を開くためには、第六感のリハビリをする必要があります。

第六感を鍛えるには

第六感といっても、基本的な鍛え方は他の感覚と同じです。第六感をよく使うことで鍛えていきます。

第六感はどのように使えばいいのでしょうか?

五感を研ぎ澄ます

第六感を鍛える方法として、まずは五感を研ぎ澄ませることから始めてください。感覚を研ぎ澄ませることで脳が覚醒し、第六感も刺激されるようになります。

特に、嗅覚は最も原始的な感覚といわれており、脳への刺激も大きいです。

香りを嗅ぐのはもちろん、環境音を意識する、風の流れを意識する、触った感じを意識する、人通りの流れを意識するなど、普段は何気なく流していることを、意図的に意識するようにしていきましょう。

リラックスする

第六感を感じるためには、気持ちをリラックスすることが大切です。余計な考えを抱えたままだと、意識がそれてしまい上手くいきません。第六感に集中するためにも、心をスッキリさせる必要があります。

おすすめとしては、森林浴やキャンプなど、自然が感じられる方法です。余計なことを考えず、心を無にしてリラックスできます。木々のざわめき、川のせせらぎ、風の音などの環境音も豊富であり、一緒に感覚を研ぎ澄ませるでしょう。

直感で判断する

五感を鍛えて下準備が整ったら、実際に第六感を使うようにします。第六感は直感力です。あれこれ理屈で考えず、直感だけで物事を選ぶようにしてください。

もちろん、重要な場面はしっかり考える必要はありますが、「A定食とB定食」「赤い服と青い服」などちょっとしたことなら問題にはなりません。身近なことから、直感に頼っていきましょう。

また、トレーニングとしてカード当てをするのも良いです。第六感を調べる有名な方法であり、伏せたトランプの図面を指摘します。

外れても気にすることはなく、何度も挑戦することで、少しずつ第六感が鍛えられていくのです。

瞑想を日課にする

第六感を鍛えるには、瞑想も効果的です。他の感覚を遮断することで、第六感を意識しやすくなります。

心を無にすることで精神のリラックスにも繋がり、第六感を鍛えるのに適した方法といえるでしょう。

大切なことは4,心を無にして第六感に集中することです。そのため、本格的な瞑想をする必要はありません。リラックスできる姿勢で、一日30分程度、瞑想を続けてください。

パワースポットに行く

パワースポットからエネルギーをいただくことでも、第六感は鍛えられるといわれています。

パワースポットとは地脈エネルギーがあふれ出る場所であり、近くによることで、地脈エネルギーを受け取り、心身が活性化されます。精神が活性化されることで感覚も研ぎ澄まされ、第六感が強化されるわけです。

第六感と霊感は別の力

第六感を鍛える際の注意点としては、第六感を鍛えても霊感が鍛えらるわけではないことです。どちらも第六感をに分類されていますが、スピリチュアルにおいては別の能力になります。

同様に、超能力も開花するわけではありません。一見して透視や遠視ができても、それは極限まで冴え渡った直感であり、超能力による透視や遠視とは異なります。

鍛え方には似通っている部分もあるため、人によっては開花するかもしれませんが、あくまでも直感力を鍛えるものであり、霊能力や超能力を鍛えるわけではありませんので注意してください。

第六感を超える第七感

スピリチュアルの世界では、第六感よりさらに高次元な、第七感というものがあります。第六感は超次元な力や感覚なのに対して、第七感はチャネリング能力です。認識世界のさらに一つ上の世界、いわゆる神の世界や宇宙と交信し、未来などを見通すことができます。

例えるなら、この世界は漫画といえます。漫画のキャラクターは先の展開が分かりませんが、読者からすれば先の展開がすぐに読めます。第七感は漫画のキャラクターが読者に質問し、その答えを教えてもらう能力ということです。

第七感も第六感同様に、誰もが成長と共に錆びつかせた感覚だともいわれています。鍛え方は第六感とは異なりますが、もしかしたら、第六感と一緒に第七感も開くかもしれません。

第六感を鍛えて良い結果を手に入れよう

一般的に、直感は頼るものではありません。不確定な要素が大きく、そもそも重要な場面で、直感が冴え渡るわけではないからです。人によっては、直感のことを「気の迷い」と判断し、むしろ悪い知らせと受け取ることでしょう。

ですが、直感は本能的な能力です。動物が危険を察知する能力と本質は同じであり、直感を鍛えることで、不幸や危険を回避できます。

もちろん、必ず上手くいくわけでありませんが、同じ失敗でも、自分の直感を信じたほうが、結果を受け入れやすくなります。

第六感はファンタジー世界の感覚ではなく、実際に誰もが持っていた感覚です。良い結果を選べるように、ぜひ第六感を鍛えてみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!