女性の薄毛対策に必要なことは?薄毛の原因についても紹介

薄毛は男性たちだけの症状だと思っていませんか?薄毛といえば、昔から男性の悩みだと思われがちでしたが、近年では女性でも薄毛に悩んでいる人は大勢います。

薄毛になると、髪のボリュームやハリが無くなり、全体的にぺったりとして髪型となります。
地肌も見え、年老いたように見えるでしょう。

薄毛を対策するにはどうすれば良いのか?女性の薄毛対策方法を紹介します。

薄毛の原因

対策をとるためには、まず原因を知ることが必要があります。なぜ、女性なのに薄毛になってしまうのでしょうか?

女性男性型脱毛(FAGA)

女性男性型脱毛(以下FAGA)とは、男性の薄毛となる男性型脱毛(以下AGA)の女性版です。AGAと仕組みや原因は同じであり、女性に発症することからFAGAと表記されています。

FAGAの原因は、男性ホルモンが前頭葉周辺に存在する5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロン(以下DHT)へと変化した後、DHTが毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクルを早めてしまうことにあります。

ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期を1サイクルとする、髪の生え変わりのことです。
成長期では髪を育て、退行期になると毛根が退化し、休止期になるにつれ脱毛し新しい毛根を育てます。

ですが、DHTが発生すると、ヘアサイクルの成長期を短くします。すると、髪が十分に成長しきる前に退行期へと移行し、すぐに髪が抜けてしまうのです。

DHTの原因となる男性ホルモンは、女性にも存在するホルモンです。ストレスなどによってホルモンバランスが崩れることで、男性ホルモンが増加しFAGAを発症します。

男性ほど薄毛にはなりませんが、女性でも同じように生え際が後退するのです。

急性休止期脱毛症

急性休止期脱毛症も、FAGAと似たような薄毛症状です。ヘアサイクルが急激に休止期へと移行し、正常な場合よりも多く脱毛します。

詳しい原因は不明ですが、主にストレスや栄養失調が原因と言われています。

慢性休止期脱毛

急性とあるように、休止期脱毛には慢性もあります。慢性は6か月以上続けて脱毛するのが特徴であり、緩やかに脱毛が進行するのです。

急性同様に詳しい原因は不明ですが、ストレスや栄養失調などが原因と考えられています。

また、緩やかに進行するため、FAGAと間違われやすいです。ですが、FAGAは前髪の生え際から後退するのに対して、慢性休止期脱毛は側頭部などからも脱毛します。

他にも、6ヶ月かけて少しづつ進行する場合は、慢性びまん性休止期脱毛と判断されます。

円形脱毛症

円形脱毛症は、成長期にある毛根が炎症を起こし、毛母細胞が死滅することで生じる脱毛です。いわゆる「10円ハゲ」と呼ばれる脱毛であり、場所を問わず発症します。

毛根を不衛生にすることでも発症しますが、主にストレスが原因といわれています。ストレスによって免疫機能が低下し、それによってウイルス感染して炎症するからです。

急激に脱毛することから深刻そうに思えますが、毛包を再生するバルジ領域までは破壊されないため、軽度の症状なら自然回復します。

多発したり、脱毛が大きくなったりするようでしたら、注意してください。

産後脱毛症

女性特有の脱毛として、産後脱毛症(分娩後脱毛症)も挙げられます。出産直後には脱毛量が増える症状であり、女性ホルモンの低下が主な原因となります。

女性ホルモンは、髪のツヤやハリを出すために必要なホルモンであり、妊娠することで女性ホルモンは増加します。女性ホルモンが増加することで成長期が長引くようになり、頭皮に毛髪が残ったままとなるのです。

ですが、出産後は急激に女性ホルモンが低下します。すると、今まで成長期だった毛髪も、急激に休止期へと移行し、以前よりも脱毛量が増えてしまうわけです。

とはいえ、軽度の円形脱毛症と同様に、深刻な脱毛ではありません。出産直後の女性ホルモン減少に伴う脱毛のため、しばらくすれば女性ホルモンは元に戻ります。一過性の脱毛ですので、あまり気にしなくても大丈夫です。

脂漏性脱毛症

脂漏脱毛症とは、皮脂線が炎症し、毛根が死滅することによる脱毛です。脱毛する仕組みとしては、円形脱毛症と同じといえるでしょう。

原因としては、毛根が詰まることで生じます。フケが溜まる、皮脂が多いなど、主に頭皮が不衛生だと生じます。

また、シャンプーが毛穴を詰まらせ発症する場合もあります。髪が多いと根元まで洗うのは大変ですが、しっかり丁寧に洗ってください。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪が引っ張られることに生じる、血行不良からなる脱毛です。

髪の健康は血液によって運ばれますが、血行不良では十分な栄養が運ばれません。そのため、毛髪は細くなり、抜けやすくなるわけです。

他の脱毛とは違い、物理的な理由が原因です。そのため、髪や頭皮に負担をかけなければ、自然と完治します。ポニーテールや三つ編みなど、髪を引っ張ってまとめている人は、脱毛に注意してください。

薄毛対策をするには

薄毛には様々な種類がありますが、重要なことはストレスを溜めないことです。FAGAや休止期脱毛症はホルモンバランスが崩れることが原因と考えられており、自律神経の乱れが影響を与えます。円形脱毛症の原因となる免疫機能も、自律神経と大きな関係があり、乱れることで免疫機能が低下するのです。

もちろん、病気や薬などによる影響もありますので、ストレスを溜めなければ絶対に薄毛にならないわけではありません。ですが、ストレスに注意することで、薄毛になる可能性を大幅に減らすことができます。

ストレスは、体調不良や肌荒れなどの原因にもなり、健康と美容に悪いです。ストレスを溜めないのはもちろん、適度な運動や十分な睡眠、楽しいことなどをして、日頃からストレスを発散するようにしましょう。

また、栄養不足も薄毛の原因となります。栄養が足らないと髪は成長せず、細く弱い毛髪となるからです。脂っこい料理ばかり食べていると、皮脂が増え脂漏性脱毛症にもなります。バランスの良い食事を心がけ、強く元気な髪を育てましょう。

女性だからといって安心はしないこと

薄毛の原因は主にストレスによる自律神経の乱れが原因であり、「男性だから」といった性別が原因ではありません。原因の中には男性ホルモンの増加が関係する脱毛もありますが、女性にも男性ホルモンは存在し、男性同様に薄毛となる可能性があるからです。

ストレス以外にも、不衛生や髪型のせいで薄毛になる場合もあります。女性だからといって安心はせず、女性でも髪の健康や状態を気にし、薄毛対策を心がけましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!