心理セラピーの効果は期待できるの?グループセラピーについても紹介

今現在、何かしら心の悩みを抱えてはいませんか?うつ病を始め、不登校、パニック障害、育児疲れ、性同一性障害など、精神的に苦しんでいる人もいると思います。

心理セラピーは、そんな精神的な悩みを抱える人たちの助けとなる治療方法です。心理セラピーを受診することで、精神的な悩みを改善し、前向きに過ごすことができます。

心理セラピーとはどのような療法なのか。内容や効果などを紹介します。

心理セラピーとは

心理セラピーとは、カウンセリングなどから得た情報を基に最適な解消方法を提示し、利用者の心理的な悩みを解決する、心理療法の一つです。簡単にまとめると、「セラピスト(医師)によって心理的な悩み(外傷)を治療する」と思ってもらえばいいでしょう。

精神的・心理的な問題を解決する部分はカウンセリングと似ていますが、カウンセリングとの違いは、利用者への働きかけにあります。

心理セラピーはセラピストが施術して治療するのに対して、カウンセリングは問題解決の方法を利用者にゆだね、カウンセラーが問題解決までの道のりをサポートします。大まかにですが、治療法が能動的なのか、それとも受動的なのかといった違いがあるのです。

また、治療者も異なります。心理セラピーは精神科医が主に実施するのに対して、カウンセリングは医者以外も実施します。もちろん、カウンセリングも専門の知識と経験を有しますが、極論をいってしまうと、誰でもカウンセラーになれるわけです。

どちらも精神に影響する職業ではありますが、心理セラピーは「治療」する都合上、医師を必要とします。

とはいえ、心理セラピーとカウンセリングは、混合して考えられることも珍しくはありません。心理セラピーの一環でカウンセリングをしますし、カウンセリングで簡単なセラピーを試すこともあります。

治療方法は異なりますが、どちらも精神的・心理的な問題を解決できることには変わりありませんので、自分に合う方を続けていくと良いでしょう。

心理セラピーの効果

心理セラピーでは、主に認知行動療法と呼ばれる方法を実施します。

認知行動療法とは、物事の考え方(認知)に対して、何かしらの行動を加えることで気持ちを楽にさせる療法です。

仮にアルコール依存症で悩んでいる人がいたとします。始めはストレス発散目的で飲酒をしていたが、連日のストレスによって飲酒が当たり前になっていきます。もちろん、ストレス発散の方法を変えれば飲酒は抑えられますが、習慣は簡単に変えられるものではありません。次第に「ストレス発散するためには飲酒しかない」と思うようになり、アルコール依存症となってしまうわけです。

認知行動療法は、そんな「ストレス発散方法=飲酒」の認識を一新させます。ストレスを感じると飲酒をする習慣を自覚させ、物理的に飲まないよう練習をします。

始めは大変ではありますが、練習を繰り返すうちに「飲酒をしなくてもストレス発散になる」と認知させ、飲酒の量を減らします。次第に「お酒は嗜好品」と考えるようにもなり、自分で飲酒の量を制御できるようにさせるわけです。

他にも、うつ病、家庭内ストレス、パニック障害、自殺願望、対人恐怖症など、悩みに対してアプローチは変えていきます。

それに伴い、箱庭療法、家族療法、遊戯療法、精神分析的精神療法など治療法も異なり、利用者に合わせた適切な治療プランが組まれるのです。

悩みや治療法は多岐にわたりますが、総じて、「心理的な悩みを治療し、負担にさせないようにする」効果が期待できます。

心理セラピーにおけるグループセラピー

心理セラピーでは、グループセラピーを実施することもあります。

グループセラピーとは、近しい悩みを持つ者同士が話し合い、自己理解を促進させる療法です。もちろん、進行役や責任者としてセラピストも同席しますが、あくまでも主役はグループ参加者であり、グループ参加者同士が話し合い、悩みを解決していきます。

グループで話すことより相互作用がしやすく、それぞれの悩みに良い影響を与えます。自分の悩みも打ち明けることで、共感や理解などもしてもらえるわけです。

また、相談によって、解決方法も見えてきます。自分だけでは手詰まりな状態でも、相談することで別の考え方が見えてくるでしょう。

グループセラピーを受診することで、自己理解が促進され、改善への動機づけが高められるのです。

心理セラピーは恥ずかしいことではない

心理セラピーは、認識を改善し、不安を取り除く療法です。誤ったマイナスのイメージを払拭することで、前向きな考えが持てるようになる効果があります。

心理や精神的な悩みと聞くと、多くの人は精神異常を連想するかもしれません。「頭がおかしい」「反社会的」といったイメージから、悩みを打ち明けられない人も大勢います。

ですが、実際には同じ悩みを持つ人は多く、違う考えを持つ人は珍しくはありません。近年ではジェンダーフリーな考えも増えてきており、考えの多様性が増しているといえるでしょう。

昔から、我慢することを「美徳」としていますが、近年ではそのような考えは否定されています。もちろん我慢強いことは美点ではありますが、辛いことや苦しいことは、しっかり言葉にするべきです。

心理セラピーやカウンセリングは特別な療法ではなく、全国の精神科や心療内科などで受診できます。

精神的に「辛い」「苦しい」と感じる際には、自分一人で悩み続けず、心理セラピーやカウンセリングを受診するようにしてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!