ダイエットにはサイクリングがおすすめ!おすすめする魅力とは

ダイエットが続かないと、悩んでいる人はいませんか?ダイエットには運動が大切ですが、普段から運動をしていないためか、少し運動しただけでもバテてしまいます。ダイエットのためとはいえ、運動はつらく、いつの間にか運動を止めてしまった経験を持つ人もきっといることでしょう。

そのような、運動が苦手な人にはサイクリングダイエットがおすすめです。基本は自転車をこぐだけですので、普段運動をしていない人でも疲れにくいです。景色も楽しめ、飽きることなくダイエットが続けられます。

サイクリングはどのように影響があるのか。メリットやダイエットの始め方も紹介します。

サイクリングにおけるダイエット効果とは

サイクリングは、ランニング同様に有酸素運動です。有酸素運動とは、酸素を取り入れながらする運動のことであり、取り入れた酸素は、脂肪を燃焼させ運動エネルギーへと生成するための燃料となります。

際限なく脂肪が燃焼するわけではありませんが、腹筋や短距離走などの無酸素運動と比較し、効率よく脂肪が燃焼できるわけです。

また、サイクリングは全身運動にもなります。下半身はもちろん、上半身も姿勢制御をするため筋肉が使われ、脂肪(’運動エネルギー)が消費されます。

サイクリングと聞くと下半身のみに思えますが、実際に始めて見ると、お腹や腕回りの脂肪も、徐々に落とすことができるのです。

サイクリングダイエットのメリット

サイクリングならではの魅力も紹介します。

普段運動していない人でも始めやすい

サイクリングは、普段運動をせず、体力がない人でも比較的始めやすいダイエットです。全身運動ではありますが負荷は少なく、ランニングなどよりも疲れにくいといえるでしょう。膝や足首への負担も少ないため、怪我もしにくいです。

そのため、サイクリングは長時間の運動に向いています。

有酸素運動は、脂肪が燃焼し始めるのに約10分かかるといわれており、運動してすぐに痩せられるわけではありません。たった10分と思うかもしれませんが、運動慣れしてない人は疲れやすく、ランニングを10分するだけでも疲れてしまいます。脂肪が燃焼し始める時間には疲れ果ててしまい、思うように運動ができません

ですが、サイクリングなら余裕をもって10分以上の運動ができます。長時間サイクリングをすることで、無理なく痩せられるわけです。

通勤・通学ついでに痩せられる

サイクリングでなら、日常的にダイエットが行えます。サイクリングと聞くと特別なものに思えますが、実際には自転車をこぐだけです。毎日の通勤・通学に自転車を使うだけで、サイクリングの代わりになります。

ジム通いやランニングのように、わざわざダイエットをする時間を設ける必要はありません。むしろ、日常的にダイエットをすることになりますので、肥満で悩むことも少なくなるでしょう。

他にも、買い物や習い事など、普段の移動は自転車を利用することで、より運動量を増やせます。

サイクリングは、普段忙しい人ほど、おすすめのダイエット方法です。

楽しみながらダイエットができる

サイクリングは、モチベーションを保ちやすいのも特徴です。日常的にダイエットができますので、生活の一部として、飽きることなく続けられます。

また、遠征をすれば風景も楽しめます。海や山、田舎の風景や花畑など、普段とは違った光景に心躍ります。空気も綺麗であり、良い気分転換にもなるでしょう。

たくさん運動した後は、ご褒美として美味しい物を食べてくるのも良いです。少しくらいなら、サイクリングの運動量でカバーできます。

ちょっとした旅行気分が味わえ、楽しみながらダイエットが続けられます。

サイクリングダイエットのやり方

サイクリングのやり方や注意点を紹介します。

自転車の種類

使用する自転車は、主にロードバイクやクロスバイクなどを使用してください。ハンドルが低く前傾姿勢になるため、姿勢制御に上半身を使用するからです。

他にも、エアロバイクもおすすめです。厳密にいえば自転車ではありませんが、サイクリングと同じ運動ができます。室内でするため天候の影響は受けず、ペダルに負荷をかけることで、より運動量を上げることも可能です。

逆に、ママチャリと呼ばれるシティバイクや電動自転車は不向きです。ママチャリは上半身を姿勢制御に使いませんので、ロードバイクなどと比べて運動量は低くなります。電動自転車の場合は、ペダルをこぐ負荷がサポートされるため、さらに運動量は低くなるでしょう。

もちろん、下半身に関しては同様に痩せられますが、上半身のダイエットも考えるのなら、前傾姿勢の自転車を選ぶようにしてください。

サイクリングの時間

運動時間は、約1時間を目安にします。有酸素運動が効率的に脂肪を燃焼する時間は約30分~1時間といわれているからです。

また、それ以上有酸素運動を行うと、今度は脂肪だけではなく、筋肉も分解して運動エネルギーにし始めます。筋肉は運動エネルギーの消費先であり、筋肉が減ると運動エネルギーの消費量も減って、脂肪の燃焼効率が悪くなるでしょう。

減った筋肉はたんぱく質を摂取することで補給はできますが、運動すればするほど痩せられるわけではありませんので注意してください。

ダイエットの頻度

頻度としては、週3~4日程度がおすすめです。早く痩せるためには毎日運動した方が良いと思われがちですが、高頻度の運動は体を壊す原因となります。

また、毎日ダイエットするのはとてもしんどく、日常の一部でもなければ、次第に投げ出してしまうでしょう。

しっかり体を休め、ダイエットを嫌にならないためにも、1日おきで週3~4日が適切な回数だといえます。

コース選び

サイクリングのコースは、見晴らしが良く平坦な道を選びます。坂道が多いと、余計に体力を使ってしんどく感じてしまうからです。

また、街中や細道の移動は、事故を気にする必要があり、精神的にも疲れてしまいます。景色を楽しみながらサイクリングをするためにも、道が広く交通量の少ない場所がおすすめです。

ダイエットに必要なのは、運動した時間であって進んだ距離やルートではありません。無理をせず、自分に合ったスピードで自転車をこぐようにしてください。

外出ついでにダイエットをしよう

サイクリングダイエットは、楽しみながら痩せられるダイエットです。自転車をこいで景色を楽しむだけで、いつの間にか痩せることができます。通勤・通学など日常にも組み込みやすく、今まで運動を諦めてしまっていた人でも長続きがしやすいです。

ママチャリでも、毎日こげば効果はでてきます。外出する際は、積極的に自転車を利用するようにしましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!