おすすめの枕の探し方は?枕選びのポイントを紹介

「枕は適当な物があれば良い」と思ってはいませんか?人によっては「頭を置ければ雑誌でも良い」と考え、枕選びを軽視しているかもしれません。

ですが、枕は安眠するために重要な要素であり、快眠の違いは枕によって変わるといっても過言ではありません。毎日の疲れをゆっくり癒すためにも、枕選びは重要になります。

枕はどのように選べば良いのか?選び方やおすすめの商品について紹介します。

枕を選ぶ理由

枕は、ただ頭を置くための物ではなく、睡眠時に頸椎を適切な状態に保つために必要なものです。

本来、人の脊柱(頸椎)はS字をしており、脊柱の伸縮によって体を動かします。一見するとリラックスしているような猫背の姿勢も、脊柱は本来の形状から逸脱した状態となっており、知らないうちに脊柱や筋肉に疲労を与えているのです。

睡眠時も、同じことがいえます。枕無しで仰向けになってもらえれば分かりますが、頭が床に落ちることで頸椎が伸縮され、首周辺を中心とした体への負担となります。仮に横を向いていたとしても、頭が落ちることで頸椎は曲がり、体は十分な休息を取ることができません。

ですが、枕を入れて頭を持ち上げることで、頸椎や胸椎が自然な状態になります。余計な負荷の無いリラックス状態であることで、より体を休ませられるでしょう。

また、自分に適した枕を選ぶことで、より最適な高さに頭を保持できます。頚部への負担も最小限に抑えられ、負荷がない状態で快眠ができるわけです。

頚部への負担は、肩こりの原因の一つでもあります。もし、毎日しっかり眠っているのに、頭が重い、頭が痛いと感じる場合には、枕が合っておらず、首周辺の筋肉に余計な負荷がかかっているかもしれません。

枕を選ぶおすすめの方法

枕は、人それぞれ合う物は異なります。誰かが「最高の枕だ」と答えても、別の人では「寝心地が悪い」と感じることも少なくありません。

最適な枕を選ぶためには、何に注目すれば良いのでしょうか?

高さ

高さは、脊柱をS字に保つために重要な要素です。高さが合っていないと、いびきや肩こりの原因にもなります。

選び方の基準としては、性別や体格で決めると良いです。男性の方が頸椎のカーブが大きく、高めの枕がフィットしやすいです。逆に、女性の方が頸椎のカーブが小さいため、低めの枕がフィットしやすいといえるでしょう。

また、 眠る向きによっても変えた方が良いです。仰向けの場合は頸椎が緩やかなS字カーブになる高さの枕が望まれますが、横向きの場合は頸椎が曲がらない方が負担も少なくなります。横向き用の枕を考えるのなら、肩幅と同じくらいの枕をおすすめします。

大きさ

枕には、主にS(約35×50cm)、M(約63×43cm)、L(約50×70㎝)の大きさがあります。標準のMサイズに対して、小と大サイズがあると思ってください。

高さとは違い、大きさに関しては好きなサイズで問題ありません。ベッドや布団に合った、使いやすいサイズを選びましょう。

強いて言えば、大きいサイズだと寝返りを打った際に枕から頭が落ちずにすみます。頭全体を覆いたい人も、大きい枕はおすすめです。

素材

枕には、ダウン、パイプ、低反発、ムアツなど、様々な素材があります。素材によって弾力性や柔軟性、さらには通気性も異なり枕の使用感に大きな違いが生じるでしょう。

ですが、「どの素材が一番優れている」といったことはありません。柔らかい枕が好きな人もいれば、逆に硬い枕が好きな人もいます。沈み込む枕が苦手な人は高反発のウレタン枕が寝やすいなど、好みが分かれるでしょう。

頸椎への負担は枕の高さで調整できるため、素材に関しては好みで選んで問題ありません。実際に触ったり、使って見ることで、自分好みの素材を探してください。

形状

近年の枕には、快眠をサポートするため様々な形状の枕が販売されています。特に多いのは、頸椎に合わせたウェーブ状の枕です。首側の部分が少し高くなっており、頸椎が自然な状態で保つのをサポートします。

また、横向きで寝る用の枕も販売されています。長い傾斜が付いた枕であり、横向きで寝ることで、上半身を少し上げさせます。頭をのせる部分は硬めの素材なため、横向きで寝ても枕に頭が沈み込む心配はありません。

他にも、オーダーメイドタイプもあります。実際に寝た状態の頸椎を測って作られる本格的なものから、自分で中の素材を抜いて高さを調整できるものまで様々です。もちろん、それなりに値も張りますが、快眠できる枕であることから人気の形状といえるでしょう。

枕の形状は目的によって異なります。「どのように使いたいか」をしっかり決め、適した枕を選んでください。

おすすめの枕3選

人気のある枕をいくつか紹介します。他にもおすすめの枕はたくさんありますので、選ぶ際の参考にしてください。

BlueBlood:ロウダン

ロウダン社が販売する、新素材を使用した枕です。柔軟性と復元力がとても高く、どんな姿勢でもすばやくフィットします。仰向けはもちろん、横向きの姿勢でも、頭や首が痛くなりません。

また、頭の重さや頸椎の形状に合わせて沈むため、サイズ調整が必要なく、老若男女誰にでもジャストフィットするといえるでしょう。

ダウンや低反発ウレタンとはまた違った柔らかさがあり、気持ちの良い睡眠が楽しめます。

参照URL:https://blueblood.shop/

王様の夢枕:ビーチ

ビーチ社が販売する、超極小ビーズを使用した枕です。超極小であることで、従来のビーズ枕よりも、さらに柔軟性と流動性に優れています。頸椎のカーブにしっかりフィットすることにより、頸椎が浮くことによる肩への負荷を軽減します。

また、シリーズの新作である「新・王様の夢枕」では、肩のラインに反った流線型カーブを採用しており、寝返りしても肩が枕に引っかかることはありません。左右どちらに寝転がっても、優しく首元を支えてくれます。

参照URL:https://www.beech.co.jp/item/yumemakura/osamapillow01.html

プレミアム低反発枕:GOKUMIN

GOKUMIN社が販売する、通気性に優れた枕です。素材には穴あけ加工と竹炭配合がされており、ムレと臭いを防いでくれます。裏面には滑りどめ加工もされており、睡眠中の枕ずれも防いでくれるでしょう。

また、枕は低反発素材なため、頭部の重さに合わせた自然な沈み込みが特徴です。包み込むようなフィット感もあり、肩や頸椎への負担を軽減します。顎の位置を引き上げるウェーブ形状もしており、頸椎に負担のない、自然なカーブが保ちやすいです。

参照URL:https://gokumin.co.jp/?pid=155143001

自分だけの枕を探してみよう

睡眠は、生きる上で最も大切な行動の一つです。脳と体を休ませることにより、明日への活力を蓄えます。適さない枕だと快眠は難しく、熟睡できないことで翌日にも疲れを残してしまうでしょう。

適した枕で睡眠を取れば、いつも以上に熟睡でき、快適な朝が迎えられます。肩こりがひどい、頭が痛い、不眠気味だ、という人は、ぜひ自分に適した枕を探してみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!