簡単にできる食べて痩せる方法とは。食べるのが好きな人におすすめ

最も手軽なダイエット方法といえば食事制限です。太る原因となる糖質や炭水化物を減らし、食べる量自体を減らせば自然とダイエット効果が出てきます。

そんな基本ともいえるダイエット方法ですが、近年では逆に、しっかり食べた方が痩せるとも言われています。

ダイエット中の食事制限は辛く、誰だって、できるなら食べて痩せたいものです。

なぜ食べても痩せることができるのか。「食べて痩せる」方法について紹介します。

太るメカニズム

そもそも、物を食べて太る仕組みを知っていますか?勘違いしている人も多いですが、食事をしたからといって、必ず太るわけではありません。太る理由は、栄養の過剰摂取にあります。

人は摂取した栄養を、体内でエネルギーに変えて消費します。たんぱく質は筋肉や臓器の形成に、ビタミンCはコラーゲンの生成に使われるといった感じです。

ですが、何事にも限度があり、必要以上のエネルギーは使いきれず余ってしまいます。たんぱく質をたくさん摂取しても、急激に筋肉量や身長は変化しないのです。

では、余ったエネルギーはどうするのかというと、水溶性などの例外もありますが、主に予備のエネルギー(脂肪)として体内に貯蔵されます。そして、状況によって消費されていくのです。

とはいえ、飽食である近年では、予備エネルギーが消費される機会は滅多にありません。お腹が空けばいくらでも食べ物はありますし、デスクワークが増えることで運動による消費も少なくなります。

結果として予備エネルギーは消費されず、毎食ごとに脂肪が蓄積されていくわけです。

我慢は逆に太る原因にもなる

ダイエットには食事制限が有効に思えますが、実際にはリバウンドの原因になる場合が多いです。

リバウンドとは、食事制限を終了してしばらくすると、ダイエット前の体重に戻ってしまう状態の事を指します。なぜ、体重が戻ってしまうかというと、栄養不足によって体が栄養を吸収しやすくなるからです。

一度栄養不足を体験した体は、対策を講じるようになり、以前よりも栄養を蓄えやすい体になります。以前と同じように食事をしていても、消費されるエネルギーはエコ化されており、より脂肪として蓄えてしまうのです。

また、食事制限終了後は慢性的に栄養の補給を求めています。無意識のうちに足りない栄養を求め食事量が増えており、結果としてより多くの栄養を摂取してしまうでしょう。

リバウンドを防ぐには、食事量を変えないことが大切です。「ダイエットにはとりあえず食事制限」と軽く考えていると、痛い目を見ますので注意してください。

食べながら痩せる方法とは

端的にいえば、食事をしなければ痩せられます。栄養を摂取しないことでエネルギーは作られず、余分なエネルギーが無いことで脂肪として蓄えることも無いからです。

ですが、まったく食べないのも無理があります。栄養不足の心配があるのはもちろん、美味しい物が食べられないのは、精神的に毒ともいえるでしょう。

では、食べながら痩せるためにはどうすれば良いのでしょうか?

バランスの良い食生活を心がける

最も大切にしたいことは、食生活に気を付けることです。エネルギーが消費しきれずに脂肪になるのですから、消費しきれる範囲でなら食べても問題はありません。

肉中心や麺類中心といったように、好きな物だけの偏った生活は、栄養過多で太る原因となります。バランスの良い食生活を心がければ、栄養の偏りも生じず、無駄なくエネルギーとして消費されるでしょう。

赤身肉やささみ肉を食べる

ダイエットをするなら、赤身肉やささみ肉などの、たんぱく質を多めに摂ると良いです。たんぱく質は筋肉の形成や運動エネルギーとして使われ、効率よく脂肪の燃焼をサポートしてくれます。運動と合わせて摂取することで、より効果的に痩せられるでしょう。

ただ、カルビやホルモンなど、脂身の多い肉は控えてください、いくらたんぱく質を摂取したとしても、同時に脂肪も摂取してしまっては意味がありません。

全くダメとは言いませんが、できるなら、脂身の少ない赤身肉やささみ肉を食べましょう。

筋肉がつけばスタイルも良くなり、スタイルを気にする人にとって一石二鳥です。

食事の量を減らし回数を増やす

食事をするなら、一回の食事量を減らして、代わりに回数を増やしてください。一回の食事量を減らせば栄養も少なくなり、脂肪として蓄えることが無くなります。

もちろん、量が少ないとすぐにお腹が空いてしまうので、おやつタイムを設けるようにしましょう。前回の栄養を消費した後に食事をすれば、今回の食事でも栄養を消費しきることができます。

全体の食事量自体は、今までと変える必要はありません。一回の食事量を今までの半分ほどにし、3食だったのを5~6食に分ける感じです。量にもよりますが、食事の感覚は2~3時間ほど開けて食事をします。

こまめに食事をすることで常に口とお腹は満たされ、今までより間食が少なくなるでしょう。

寝る3時間前は食事をしないこと

食事は好きなように摂って良いですが、寝る3時間前は食べないようにしてください。胃の中に食べ物が残ったまま寝てしまうと、エネルギーとして消費しきれず脂肪にして蓄えてしまいます。起きているときとは違い体を動かさないのですから、当然と言えるでしょう。

また、夜になると消化機能自体が低下します。体を休めようとする副交感神経が優位となることで、眠くなるだけではなく、内蔵機能も低下するからです。

寝る3時間前、さらには消化機能が低下する事を考えると、20~21時以降は食事をしない方が良いでしょう。

痩せたいなら食事の内容を変えること

食事制限は、必ずしも正しいダイエット方法とは言えません。栄養を減らせば痩せられるのは事実ですが、リバウンドのリスクがあり、決して確実とは言えないからです。

それよりも、バランスの取れた食生活を意識し、しっかり運動した方が効率的に痩せることができます。太る仕組みは「栄養が脂肪として蓄えられる」ことですので、摂らないよりも消費することを考える方が、楽しく痩せられるでしょう。

栄養不足は、全身がガリガリになり見た目も良くありません。しっかり食べて消費することで、バランスのとれた健康的な肉体美を目指してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!