料理酒にはウイスキーがおすすめ?ウイスキーが合う料理を紹介

最終更新日

ウイスキーといえば、度数が高く比較的甘いお酒。ロックで飲むのはもちろん、お湯割りやカクテル、さらにはウイスキーボンボンなど、様々な楽しみ方があります。

そんなウイスキーですが、実は料理酒に使ってもおすすめです。ウイスキー特有の深みの味わいが、料理にさらなるコクを与えてくれるでしょう。

ウイスキーを使うメリットやウイスキーが合う料理を紹介します。

ウイスキーを使うメリット

料理酒として使うメリットを2つ紹介します。

風味が強くなる

ウイスキーを加えることで、より料理の風味が強まります。フランス料理で行われる「フランベ」と同じであり、ウイスキーを加えることで、香りを付け足すのです。アルコールが揮発することで、香りも一緒に広がるでしょう。

もちろん、ウイスキーを加えることで味もまろやかになります。より濃厚な味わいとなり、甘さを引き立ててくれるのです。

肉料理はもちろん、砂糖やみりんで甘くする煮込み料理にもウイスキーは良く合います。

臭みが無くなる

ウイスキーは、一般的な料理酒よりも食材の臭みを消してくれます。アルコールによる臭み鳥だけではなく、ウイスキーの香りも加わり、臭いを誤魔化してくるれるのです。

特におすすめなのは羊肉(ラム肉)です。美味しいと評判ですが、同時に「臭いが苦手」という人が多い食材になります。ですが、ウイスキーなら臭いを抑え、柔らかくジューシーな肉質が楽しめるでしょう。

他にも、魚やチーズなどの臭みを消し去り、苦手な人でも食べやすくしてくれます。

子供が食べても大丈夫

お酒を使うとアルコールが気になりますが、料理酒で使えば子供でも安心して食べられます。アルコールは78度で揮発(沸騰)するため、料理に使っても熱を通せば、アルコール成分は無くなるからです。

これは一般的な料理酒にもいえることで、焼く、煮る、蒸すなどして熱を加えれば、子供やアルコールが苦手な人でも美味しくいただけます。

ただ、熱を通さない料理の場合はアルコールが揮発しません。アイスにかけるなどそのまま使うのはもちろん、約40度~60度で調理する低温料理の場合もアルコールは残ったままになるのです。子供に出す場合には、しっかり煮立たせる必要があるでしょう。

また、人によってはウイスキーの香りや味から、疑似的に酔う場合もあります。実際にアルコール成分が含まれていなくても、香りや味から連想して気分が悪くなってしまうのです。もし、少しでも体調が悪くなるようなら、食べるのはやめておいた方が良いでしょう。

ウイスキーが合う料理

どういった料理にウイスキーを使えばいいのか。ウイスキーが合う料理をいくつか紹介します。

スペアリブ

ウイスキーを使う定番料理といえば、スペアリブです。ウイスキーでフランベしたスペアリブからは、濃厚な香りが広がります。

また、ウイスキーで煮れば、肉質が柔らかく子供でも食べやすくなるでしょう。臭みも取りますので、ローズマリーなどのハーブ類も必要ありません。トウガラシや胡椒と一緒にいただいてください。

他にも、ステーキ、ハンバーグ、照り焼きなど、肉料理にはどれも合います。フランベだけではなく、煮込むことで柔らかな肉質とコクのある味わいも楽しみましょう。

かぼちゃの煮つけ

甘みのあるかぼちゃには、甘みとコクのあるウイスキーがおすすめです。ウイスキーが加わることで、甘みの強いまろやかな味わいとなります。皮も柔らかく煮込まれ、丸ごとおいしくいただけるでしょう。

他にも、肉じゃがや豚の角煮を始め、大半の煮込み料理にウイスキーは良く合います。

カレー

意外かもしれませんが、カレーにもウイスキーはおすすめです。ウイスキーを加えることでコクが生まれ、まろやかな仕上がりとなります。程よい甘さも感じられ、子供にも受け入れやすいです。

他にも、ハヤシライスやビーフシチューに入れても美味しくなるでしょう。

牡蠣のオイル漬け

大人向けの料理なら、牡蠣のオイル漬けも良いです。オイルに付ける前の下ごしらえの段階で、ウイスキーに浸しておきます。

柔らかくまろやかな味わいになるだけではなく、牡蠣の臭みも消し去り、食べやすいオイル漬けになるでしょう。

アイスのウイスキーかけ

食前酒とは少し違いますが、アイスにかけても美味しいです。ウイスキーのコクのある甘さと、アイスのサッパリした甘さがよく合います。ウイスキーで酔った体を、アイスが気持ちよく冷やしてくれるでしょう。

ただ、加熱していないのでアルコールは揮発していません。ウイスキーはアルコール度数が高いので、子供はもちろん、アルコールが弱い人も食べないようにしてください。

甘みとコクを出したいならウイスキーがおすすめ

ウイスキーは、料理に甘みとコクを与えます。臭みが強い、味が薄い、硬いといった癖がある料理も、食べやすく整えてくれるでしょう。

肉、煮物、魚介類など、ウイスキーは様々な料理に良く合います。他にも、ケーキやチョコといったデザートに加えるのもおすすめです。

ウイスキーが余っているのなら、ぜひ料理に加えてみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!