金欠でもできるダイエット方法。お金をかけずにするためには。

最終更新日

ダイエットといえば、ジムがオススメです。しっかり体を動かすことで効率よく痩せることができます。他にも、サプリやダイエット器具など、自分に合ったダイエット方法を選ぶことができるのです。

ですが、ジムやダイエット器具などはお金が掛かります。生活費、家賃、交通費、交際費、趣味など、毎月の出費を考えると、できるだけ安くダイエットをしたいと思うでしょう。

お金をかけずにダイエットをするためにはどうすればいいのか?すぐにでも始められる方法を紹介します。

生活習慣に注意する

ダイエットと聞くと「運動をする」「食事制限をする」と思いがちですが、生活習慣を変えるだけでもダイエット効果があると考えられています。

ただ生活習慣を変えるだけで、運動することなく痩せられるのは魅力的ではないですか?

ちょっとした内容ですので、今日からでも試してください。

毎日体重測定をする

ダイエットには、毎日体重を測るのが大切と言われています。

正確に言えば、体重を測ることで痩せるわけではないのですが、自分の体重を確認することで、ダイエットを意識することができるからです。

昨日よりも体重が増えていれば危機感をもっと気持ちが引き締まりますし、体重が減っていればモチベーションが高くなりダイエットが楽しくなります。

今行っているダイエット方法が自分に合っているのかも把握できますので、毎日体重を測って、記録しておくと良いでしょう。

それと、当然ですが食後すぐの体重測定は意味がありません。お腹の中に物が詰まっていない、毎日同じ条件で体重測定をしてください。

甘い物・間食は控えること

甘い物やおやつが好きな人は、極力避けるようにしてください。当然ですが、余計なカロリーはダイエットの天敵です。

飲み物は水やお茶など、カロリーが低い物を選びます。

また、小腹が空いてしまった時には、ナッツ類やドライフルーツなどを摘まむと良いです。乾物はカロリーが低く、少量でもお腹に溜まりますので、ダイエットに向いています。

他にも、ノンシュガーのガムを噛んだり、カロリーがほとんどない寒天などを食べても良いでしょう。

食べたいのに食べられないのは、精神的にもよくありません。ダイエットが嫌になったり、場合によってはリバウンドの原因にもなります。

間食を控えるのが一番いいですが、我慢できそうになければ、カロリーの低い物を摘まみましょう。

もちろん食べすぎは逆効果ですので注意してください。

就寝3時間前の食事を控える

就寝する3時間前は、食事を控えるようにしてください。

というのも、寝る前に食事をすると、糖質が分解しきれずにそのまま脂肪として蓄えてしまうからです。

夕方以降は副交感神経が優位になることで、インスリンが多く分泌されるようになります。インスリンには肝臓で脂肪の合成、つまりは脂肪として蓄える役割があり、分泌が多いことで日中よりも脂肪が付きやすいのです。

就寝3時間前の食事というよりも、可能なら夕方以降の食事は控えた方が良いでしょう。

ただ、どうしてもお腹が空いてしまうこともあると思います。その場合には、無糖のヨーグルトなど、消化が良い物を食べるようにしてください。

しっかり睡眠時間を取ること

毎日の睡眠をしっかり取るようにしてください。

睡眠を取ることで、脂肪分解効果のある成長ホルモンが分泌され、効率よく脂肪燃焼をしてくれます。

もちろん、就寝前の食事は厳禁です。いくら成長ホルモンが脂肪を分解してくれると言っても、インスリンによって脂肪が蓄えられていたら意味がありません。

また、成長ホルモンは年齢と共に低下します。20代ごろから徐々に低下していきますので、中年以降では若い時ほど効果は得られないでしょう。

睡眠時間は人それぞれ違うと思いますが、大体7~8時間ほどが目安です。寝不足は仕事や勉強などの能率も落としてしまいますので、しっかり取るようにしてください。

家庭でできる簡単ダイエット方法

生活習慣を変えたからと言って、劇的に痩せられるわけではありません。あくまでも太りにくくし、ゆっくり自然に痩せられるだけです。

より効果的にダイエットするために、は運動もする必要もあります。

お腹のダイエット

太っていて一番気になるのはお腹周りだと思います。海に行くためなど、夏は特に気にする人が多いのではないでしょうか。

お腹周りのダイエットは、腹筋がおすすめです。お腹の筋肉が収縮するのを感じながら、ゆっくり丁寧に行ってください。

1. 仰向けに寝る
2. 膝を90℃に曲げてしっかり固定する
3. 両手を頭の後ろで組む
4. ゆっくり息を吐きながら上半身だけを起こす
5. ゆっくり元の姿勢に戻る

また、上半身をひねるように行うと脇腹の筋肉もダイエットできます。腹筋と合わせて行いましょう。

もし腹筋が辛いようなら、ドローインもおすすめです。

1. 仰向けに寝る
2. 膝を90℃に曲げてしっかり固定する
3. お腹の上にダンベル(ペットボトル)を乗せる
4. ゆっくり息を吐きながらお腹を凹ませる
5. ゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませる

重石は500mlのペットボトルで大丈夫です。それも重いようならタオルでも問題はありません。

あくまでも大切なのはお腹の筋肉を動かすことですので、慣れてくれば重石は必要ないでしょう。座りながらや立ちながらもできますので、暇な時間を見つけて試してみてください。

腕回りのダイエット

気にする人も多い二の腕の筋肉は、ダンベル(500mlのペットボトル)を使って行います。

1. ダンベルを持って真っ直ぐ立つ
2. 腕を上に挙げて状態で肘だけを曲げて、手を頭の後ろに持ってくる
3. 肘をそのままに肘をゆっくり伸ばす
4. ゆっくり2の姿勢に戻る

運動していない人がいきなり行うと、腕がツルこともあります。運動を行う前に、軽くストレッチから始めてください。

また、上ではなく横に伸ばす方法もあります。

1. ダンベルを両手に持ち真っ直ぐ立つ
2. 肘を伸ばしたまま、やや斜め前方向に腕を挙げる(横方向でも大丈夫)
3. 肩と同じくらいまで上がったら、ゆっくり腕を下ろして元の状態に戻る

肩の筋肉(三角筋)の筋肉も鍛えられ、肩回りのシルエットがスッキリします。

ふくらはぎのダイエット

ふくらはぎも、弛みを気にしやすい場所です。

1. 真っ直ぐ立つ
2. 両脚の踵をゆっくり上げ、つま先立ちになる
3. 上がったらゆっくり踵を下ろす

踵を上げる際は、転倒に注意してください。椅子や手すりに捕まりながら行っても良いでしょう。

また、両脚が辛いようなら、片足ずつでも大丈夫です。慣れていたら両脚て行ってください。

毎日少しづつ行って奇麗な身体を目指しましょう

ダイエットは、気になった時に急激に行うものではありません。負荷の高い運動は辛いだけですし身体を壊してしまいます。

間違ったダイエットをすればリバウンドの可能性もあり、逆効果と言えるでしょう。

毎日の生活習慣を少し変え、軽く運動するだけで辛いダイエットをする必要はなくなります。

お金をかけずすぐに始められますので、ぜひ試してみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!