コーヒーはコーヒー粉よりもコーヒー豆がおすすめ!その理由について解説

家でコーヒーを飲むときはコーヒー粉とコーヒー豆、どちらで淹れていますか?コーヒー粉の方が簡単なので、コーヒー粉を使っている人の方が多いかもしれませんね。

でも、コーヒーのおいしさを味わいたいのなら、コーヒー豆の方がおすすめです。今回はコーヒー豆の方が良い理由や、自分好みの味のコーヒー豆の選び方、おすすめ専門店、淹れ方など解説していきます。

 

コーヒー豆がコーヒー粉よりおすすめの理由

コーヒーを淹れるのにコーヒー粉よりコーヒー豆を使うのがおすすめなのは、鮮度と味わいがコーヒー豆の方が抜群に良いからです。コーヒー粉はお店で挽いてもらっているので淹れるのが楽ですが、すでに加工されてしまっているため鮮度と風味が劣化しやすくなります。

その点でコーヒー豆は都度挽いて使うので、鮮度と風味が良くコーヒーが持つ本来の味を楽しむことができます。コーヒーを粉にすると鮮度と風味が劣化するのは、空気に触れる面積が広がるため酸化してしまうためです。コーヒー豆そのままの状態だと酸化が抑えられ、コーヒーのおいしさが損なわれません。常温なら1ヶ月くらいは鮮度と味わいを落とさずに保存できます。

コーヒー豆は挽くための道具「ミル」が必要ですが、電動ミルを使えば手軽に挽けます。コーヒー粉とコーヒー豆ではコーヒーの味わいが大分違うので、コーヒー豆で淹れる方法をおすすめします。

 

自分好みのコーヒー豆のおすすめの選び方

コーヒー豆は苦味が強い、酸味が強い、風味が独特など、それぞれに個性があります。その中から自分の舌に合う種類を選ぶには、産地と焙煎方法に注目するのがおすすめです。コーヒー豆は産地と焙煎方法で香りや味が変わるので、そこに注意して探すとあなた好みのコーヒー豆を見つけられるでしょう。

コーヒー豆のおすすめの産地

  • ブラジル 苦味と酸味のバランスが丁度良い
  • コロンビア コーヒーの味として基本であり、深い酸味と甘味があるが味のバランスが丁度良い
  • グアテマラ 香り・酸味・旨味・後味がとても良い
  • モカ 香りや味がフルーティーで、苦味があまりなく飲みやすい

 コーヒー豆のおすすめの焙煎方法

  • ミディアムロースト 中煎りで柔らかい酸味や食感がある
  • ハイロースト 中煎りで苦味と酸味のバランスが丁度良くなる
  • シティロースト 深煎りで酸味と苦みが抑えられ飲みやすい味になる

コーヒー豆の産地と焙煎方法は他にもありますが、おいしく飲みやすいという点で以上のものがおすすめです。

 

通販で購入可能なコーヒー豆のおすすめ専門店

コーヒー豆はお店で直接買った方が品質も良く安心ですが、通販なら地元から遠い場所にある人気専門店のコーヒー豆が購入できます。コーヒー豆のおすすめ専門店3選をご紹介いたします。

  • 山口珈琲店

大阪にある専門店でコーヒーの焙煎士の腕が良く、コーヒー豆全体が均一に焙煎されています。コーヒー豆をムラなく焙煎するのは中々難しく、全体がバランス良く焙煎されている豆は香りや味も良いです。コーヒー豆1粒1粒がとてもキレイで、その見た目から丁寧に焙煎されていることが分かります。

TEL072-251-1082

〒591-8022

大阪府堺市北区金岡街3030-6

 

  • 珈琲きゃろっと

北海道にある専門店で丁寧に栽培された高品質のコーヒー豆のみ使用し、全ての焙煎の工程も細かくチェックし時間をかけて良いコーヒー豆に仕上げています。コーヒー豆の質の良さに加えて、コーヒーを上手に挽く方法が紹介されたマニュアルもつくので挽くのが初心者の人におすすめです。挽いた豆のサンプルつきなので、目でしっかり確認しながら挽けます。

TEL:050-3188-8388

FAX:0123-29-3543

〒061-1373

北海道恵庭市恵み野西1-25-2

 

  • 丸山珈琲

長野県にある専門店で歴史が長く、焙煎の技術がとても高いお店です。コーヒー豆の種類は豊富で世界の色々な産地から、品質の優れたコーヒー豆を厳選して扱っています。オリジナルブレンドの種類も豊富なので、どれが良いか迷ってしまうかもしれません。時期に合うコーヒー豆のセレクトもしているので、その時期に飲んでおいしいコーヒー豆が見つかりやすいです。

TEL:0267-26-5506

FAX:0267-25-5380

〒384-0092

長野県小諸市平原1152-1

 

コーヒー豆のおすすめの淹れ方

いざコーヒー豆を用意したら、コーヒー豆のおいしさが引き出せる方法で淹れたいですね。コーヒー豆のおすすめの淹れ方を簡単に解説いたします。

まずは、中挽きでコーヒー豆を挽きます。挽けたら、ペーパードリップ式で淹れましょう。

ペーパードリップ式

  1. コーヒーサーバの上においたドリッパーにペーパーフィルターを入れて、挽いたコーヒーを入れる前にお湯で湿らせます。使うお湯は沸騰させた熱々のお湯にしましょう。湿らせておくとコーヒーに紙のにおいがつきにくくなります。

 

  1. 挽いたコーヒーを1人分で20gを目安に、ペーパーフィルターの中に入れます。コーヒーの中央部分から全体的に40gのお湯を手早く注ぎ、40秒ほど蒸らしていきます。この作業を3~5回に分けて行い、サーバーにコーヒーが落ち切りそうな段階でドリッパーを外します。

 

  1. カップにコーヒーを注いだらスプーンでかき混ぜて、上下の濃さを調整して飲みましょう。

まとめ

気分を落ち着かせてくれるコーヒーは、風味の良いコーヒー豆を使うことでよりリラックスできます。あなたがまだコーヒー豆で淹れた経験がないのなら、コーヒー豆はおすすめなのでチャレンジしてみてください。一度経験するとコーヒー豆を挽いて淹れる方法に、夢中になってしまうかもしれません。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!