ファッションは配色から選ぶ。おしゃれコーデをするためには?

最終更新日

普段おしゃれはどのように決めていますか?服の種類や柄など、鏡の前で合わせながら選んでいると思います。「どれとどれが似合うのか」など、組み合わせには毎回苦労していることでしょう。

 

そのような時は、配色組み合わせで選ぶといいです。色の組み合わせに注意するだけで、簡単におしゃれコーデができます。

 

おすすめの選び方や、NGな選び方の紹介です。

 

 

 

ファッションを決める3色とは

コーディネートは全体のバランスが大切です。「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3色を意識して選びましょう。

 

 

 

ベースカラー

ベースカラーは、全体の雰囲気作りになる重要な配色です。全体の約70%ほどをベースカラーにしてください。

 

コーディネートの土台となる配色なため、基本的には「白」「黒」「グレー」などの落ち着いた配色を選びます。

 

コートやワンピースなどの布面積が多いものを主にベースカラーとしますが、無ければスーツのような上下セットの配色でも問題ありません。あくまでも、全体から見た布面積ということです。

 

また、上下セットでまったく同じ配色は難しいでしょう。そのような場合は「白」「ベージュ」「桜色」のように、近い配色でまとめてください。

 

 

アソートカラー

アソートカラーは、ベースカラーを引き立てる配色です。全体の約20%をアソートカラーにしてください。

 

ベースカラーよりも目立たないことが大前提であり、トーンの違う同系色でまとめるといいでしょう。

 

基本的には、コートやスーツの中に着る服がアソートカラーになりやすいです。また、服以外にも、バッグや帽子、靴などでコーディネートしても大丈夫です。ある程度大きい物なら、全体の約20%の配色となりえます。服でそろえるよりもコーディネートしやすいのでおすすめです。

(画像引用元:https://pin.it/5qiX2mg)

 

アクセントカラー

アクセントカラーは、全体のコーディネートにメリハリを付ける配色です。全体の約10%をアクセントカラーにしてください。

 

全体のアクセントとするため、ベースカラーとは対照的な配色にします。ベースカラーが赤ならアクセントカラーは青といった感じです。

 

もちろん、あくまでもメリハリを付けるためですので、ワンポイントに留めます。アクセサリーやスカーフ、ネクタイなどを使うといいかもしれません。

 

また、服装によってはアクセントカラーが無くても問題はありません。ヘタにアクセントカラーを主張すると、全体のバランスが崩れて違和感を感じてしまいます。その場合には、アソートカラーを約30%としてコーディネートするといいでしょう。

 

季節に合わせた配色を選ぶ

基本となる3色コーデだけでもいいですが、季節に合わせた配色を選ぶと、よりおしゃれに着こなせます。

 

夏は明るく暑いため、明るい黄色や涼しげな青の配色。冬は暗く寒いため、落ち着いた色合いの茶色や暖かな赤の配色といったように、季節のイメージカラーに合わせてコーディネートします。

 

 

 

1色コーデはおしゃれじゃない?

3色、または2色のコーデはおしゃれと紹介しましたが、1色コーデ(ワントーンコーデ)はどうでしょうか?

 

結論から紹介すると、1色コーデでも問題はありません。全体を統一するのも一種のおしゃれであり、実際にしている人は多いです。

 

ただ、1色で揃えるとアクセントが無くなり、全体のメリハリが無くなってしまいます。人によってはもっさりした印象を感じてしまいますので、カバンやアクセサリーなどを使って濃淡を付けることをおすすめします。

 

また、まったく同じ配色ではなく、少しズレた配色にするとおしゃれに見えます。同じグレーでも、「鉛色」と「ネズミ色」の配色といったように、同系統の違う色を使うのです。遠目から見るとグレー1色に見えますが、わずかな濃淡があることでメリハリが感じられるでしょう。

 

特に、白の単色コーデは濃淡がほとんど無く、着こなすためには本人のセンス(雰囲気)がとても重要になります。清廉潔白なイメージもあり人を選んでしまいますので、白以外にもベージュなどを加えた2色コーデを目指してください。

 

1色で揃える場合にも、3色コーデを意識しながら選ぶといいでしょう。

 

 

 

NGな配色コーデ

おすすめな配色コーデがあるように、NGな配色コーデも存在します。絶対にダメなわけではありませんが、ファッションとして難しく、あまりおすすめはしません。

 

4色以上の配色コーデ

4色以上の配色コーデは、基本的に推奨されていません。あまり配色が多すぎてしまうと、見た目がゴチャゴチャしてしまい統一感がなくなるからです。

 

もちろん、4色以上でもおしゃれにコーディネートできますが、バランスの取り方と着こなし方のセンスが問われます。

 

難しいコーディネートになってしまいますので、基本的には3色以下に抑えるように選びましょう。

 

 

淡い・濃い配色コーデ

水色やピンク色など、パステルカラーのみでコーディネートするのもよくありません。単体で見ると可愛いのですが、すべて揃えてしまうと子供っぽく見えてしまいます。

 

濃淡を付けてアクセントとするために、濃いめの配色も取り入れましょう。

 

逆に、モスグリーンや焦げ茶色など、渋めの色で統一するのも見た目がよくありません。暗く老けて見えてしまいますので、アクセントには明るい色を取り入れてください。

 

服単体で見れば問題は無いのですが、全体で揃えると濃淡のバランスが悪くなります。明るい色と暗い色を使い分け、濃淡のアクセントを付けるようにしましょう。

 

 

 

誰でも簡単におしゃれになれる

ファッション選びが苦手な人でも、3色コーデを意識すれば簡単におしゃれコーデが実現できます。

 

ファッション選びに悩んだ時は、ベースカラーから選び、それに合わせて残りの配色も決めていきましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!