インテリアには花がおすすめ!花を飾るメリットも紹介

インテリア選びに迷っている人はいませんか?いざ新しく増やそうにも、部屋の雰囲気に合う物を見つけるのは難しく、難航することも珍しくはありません。最終的には面倒になり、結局そのままであることも少なくはないでしょう。

そのような人は、花を飾ると良いです。花は手頃に購入できるだけではなく種類も豊富で、部屋の雰囲気に合わせやすい特徴があります。風水的にも生花はおすすめされており、近年では、インテリアに花を選ぶ人も増えてきています。

花はどのように飾れば良いのか?花を飾るメリットと合わせて紹介します。

インテリアに花を選ぶメリット

インテリアに花がおすすめな理由を紹介します。

香りが楽しめる

花を飾ることで、香りを楽しむことができます。ラベンダー、バラ、スイートピー、百合、ジャスミンなど、どれも芳香剤として有名な香りです。アロマやお香を焚くのと同じように、部屋全体に良い香りを広げます。

また、良い香りには鎮静効果があり、ストレスを発散させて気持ちをスッキリさせます。ローズマリーやレモングラスといったハーブには集中力を向上させるともいわれており、香りを楽しむだけではなく、福効果も期待できるのです。

他にも、ゼラニウムやラベンダーには虫よけ効果があるなど、花やハーブごとに特徴は異なります。好きな香りはもちろん、福効果にも注目してみましょう。

華やかになる

香りだけではなく、単純に見た目も綺麗です。殺風景な部屋も、花を飾るだけで雰囲気が良くなります。

飾る場所も、リビングや自室だけではなく、玄関やトイレ、廊下やキッチンなど、飾る場所を選びません。メインのインテリアとしてはもちろん、ワンポイントのインテリアにもおすすめで、使い勝手の良いインテリアともいえるでしょう。

春には桜、秋にはモミジ、インテリアに季節を取り入れるのもおすすめです。

インテリアを変更しやすい

模様替えが好きな人にも、花はおすすめです。数か月もすれば花は枯れてしまいますので、そのたびに、違った花を飾ることができます。

もちろん、こまめに手間をかければ長持ちはしますが、それでも限界があります。切り花だと、なおさら短いといえるでしょう。良くも悪くも長持ちしないことで、見た目だけではなく、模様替えも楽しむことができます。

風水的に良運

風水的に、花は運気向上効果があります。生花には良い気が集まりやすく、北に飾ると恋愛運向上、西に飾ると金運向上といったように、飾り方によって運気に変化を与えるのです。

また、青い花なら仕事運向上、黄色い花なら金運向上といったように、色によっても運気は異なります。

最近、「運が悪い」と感じる人は、ぜひ生花を飾って、運気向上を目指してください。

花の飾り方

インテリアとしての飾り方をいくつか紹介します。

切り花

最も一般的な飾り方です。茎から切った花を、水の入った花瓶に挿してインテリアとします。

定期的に水を交換する必要はありますが、基本的に管理を必要としません。置く場所も選ばず、好きな場所に飾れます。比較的短命なのも、色々な花を飾れると考えれば、メリットともいえるでしょう。

また、挿す器は、花瓶でなくても大丈夫です。コップや空き瓶など、花のサイズに合わせて選びましょう。空き缶を再利用して、アンティーク風に仕立てるのも人気があります。

活ける際には、葉っぱが腐って水を汚さないよう、水に浸かる部分の葉っぱは取り除くようにしてください。

鉢植え

長く楽しみたいなら鉢植えがおすすめです。水と肥料をあげてしっかり管理すれば、数年単位で咲き続けます。大きな花も飾れ、インテリアとしてインパクトもあります。

管理は少し面倒ではありますが、花を育てる楽しさもあります。忙しい人には、管理があまり必要ない、観葉植物がおすすめです。

壁掛け

テーブルに飾るだけはなく、壁に吊るしてインテリアとする方法もあります。花瓶や鉢をワイヤーで固定し、壁に掛けて飾るのです。近年では、壁掛け専用の花瓶や鉢も存在し、実践している人も少なくはありません。

スペースをとらないので、一人暮らしでも飾りやすいです。特に、ツタが長くなる品種が壁掛けに向いてます。

花を飾るポイント

おしゃれに飾るポイントをいくつか紹介します。

季節に合わせる

花を飾る際は、季節に合わせると良いです。茶道においては、季節に合わせた花を飾ることで、風流を演出していました。

季節に合わせた花を飾ることで、室内でも四季を感じられ、より身近に感じることができます。

花瓶にもこだわる

花を飾る際は、花瓶や皿にもこだわりましょう。花瓶や皿もインテリアの一部であり、花と合わせておしゃれに演出します。

花のサイズに合わせるだけではなく、色、形状、材質など、花に合わせた種類を選びましょう。

また、小物と合わせてテラリウムに挑戦するのも良いです。自分だけのインテリアを作ってみましょう。

時にはシンプルにまとめる

シンプルな部屋には、あえてシンプルに一輪挿しを選ぶと良いです。あまり豪華に飾りすぎると、花が主張しすぎてしまいます。余計な主張はせず、さりげなく彩るのも粋な魅せ方といえます。

花をどのように魅せるかは、部屋の雰囲気次第です。部屋の雰囲気に合わせて、花の飾り方を変えてください。

面倒な人にはブリザードフラワーがおすすめ

花は気軽に飾れる反面、管理が面倒な側面もあります。基本的には定期的に水を変えるだけですが、忙しい人ほど忘れがちです。鉢植えの水やりなどを忘れてしまい、枯らしたことある人もきっといるとでしょう。

そのような忘れやすい・忙しい人には、ブリザードフラワーがおすすめです。生花のような見た目でありながら、水を必要としません。数年単位で飾ることができ、長く花を楽しむことができます。

ただ、生花とは違い、香りはしません。あくまでも、見て楽しむための物ですので、注意してください。

また、いっそのこと造花を飾るのも良いでしょう。世話を全く必要とせず、ブリザードフラワー以上に長持ちします。

フェイクっぽさは目立ちますが、近年の造花はできも良く、一見しただけでは分かりにくいです。中には、本物よりも巨大な造花や七色の花弁を持つ造花など、生花にはない面白さもあります。

生花の世話を忘れない人は、ブリザードフラワーや造花などを検討してみてください。

花を飾って自分好みの部屋を作ろう

インテリアには花がおすすめです。入手がしやすく、手軽に部屋を彩れます。良い香りも広がり、視覚と嗅覚で楽しませてくれるでしょう。

世話が面倒な人には、ブリザードフラワーや造花もあります。部屋の雰囲気にもよりますが、ドライフラワーもおすすめです。

新しくインテリアを増やす際には、ぜひ花を飾ってみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!