同棲する部屋の間取りは「部屋数」に注目!1R・1Kは不安要素が高い?

「恋人と同じ家で一緒に暮らしたい」と思ったら、どんな部屋を借りれば良いのでしょうか?
同棲する部屋は間取りを見て部屋数に注目すると、二人が生活しやすい環境の家を見つけやすくなります。

これからカップルで住む家を探そうと思っている人は、今回の記事内容を活用してください。

同棲生活は間取りの部屋数による影響面が大きい

同棲生活がうまくいくかは、間取りの部屋数によって決まりやすいです。
家を探す際にはあなたと相手が、それぞれ一人になれる場所があるか?
お互いにプライベート空間を得られる間取りなのかで、借りる家の候補を絞りましょう。

1R・1Kは一人になれる場がない

一人暮らしをする人を対象にした1R・1Kは、家賃が安い良さがあっても室内が狭い問題点があります。

仲の良いカップルでも同棲をして毎日暮らすとなれば、意見のすれ違いでたまにはケンカも発生するでしょう。
1R・1Kの間取りでは相手の顔を見たくなかろうと、一人になれる場所がありません。

同棲で1R・1Kの間取りをした家を選んだら、お互いが気まずくなった際にそれぞれの逃げ場がないことがネックです。
家の中に一人になれる場がなければ、ケンカ後に気持ちのクールダウンもしにくくなります。
苛立ちを解消できない状態が続いてしまうと、同棲生活が失敗に終わるかもしれません。

プライベート空間があることの良さ

同棲する家の間取りで良いのは、1DK・1LDK・2DKあたりがおすすめです。
上記の間取りであればケンカをしても一人になれる場があり、お互いに頭を冷やして仲直りができます。

家の中に一人になれるプライベート空間があると、二人ともバランスの良い距離感を持ち暮らせる良さも得られます。
同棲していても一人でリラックスしたいなど、自分だけで過ごせる空間がほしいと思う瞬間があるはずです。

一人でゆっくり過ごす時間を家の中で持てれば、同棲生活で息苦しさを感じることがなく良い関係性のまま仲を深められるでしょう。
カップルが一緒に暮らす家を探す際に、部屋数について重要視するようにしてください。

同棲する家探しで間取り以外にも見ておくべき点とは

快適に二人が暮らすために同棲する家探しでは、間取り以外にもよく見ておくことが色々とあります。
これからご紹介する点についても、物件を選ぶ際に忘れずに見るようにしましょう。

二人にとって交通アクセスが良いか

同棲で借りる物件は二人が会社に通勤する際に、どちらにもアクセスしやすい交通機関があるかにも注目しましょう。

あなたには交通アクセスが良くても、相手にとっては使いにくい不便な物件を選ぶと後でトラブルになりやすいです。
二人にとって交通アクセスが良い場所にないと、不便さを感じている側が「ズルい」と相手に不満を抱いてしまうかもしれません。

相手の方が得をしていると感じる要素があれば、二人の仲に悪い影響が出ることがあります。

物件がファミリー・単身者どちら向けか

同棲生活を送るカップルは珍しくないのですが、子どもがいるファミリー層が多いマンションなどの物件だと目立つかもしれません。

結婚していないカップルが一緒に暮らす物件は、ファミリー層より単身者向けになっているタイプが良いでしょう。
ファミリー世帯が多い物件に入居してしまうと、周りの住人から悪気はなくとも好奇心で噂話をされやすいです。

ファミリー層向けの物件全てが同棲に不向きではありませんが、自衛の対策として避けることも方法です。

家の家賃が無理なく支払える金額か

実際に家賃を払う場合にお互いが折半して、無理なく支払えるかも考えてみてください。
家賃の支出が大きく毎月の家計が赤字になると予想される金額なら、貯金に回す余裕もないので借りるのは見直す方が良いです。

借りる家は家計を圧迫する恐れがない金額設定で探し、予算的に厳しい家賃の物件は候補から外しましょう。

買い物できる場所が近くにあるか

食料品・日用品など買えるスーパーマーケットやドラッグストア、そういったお店が物件の近くにあるかも重要です。
近くに買い物ができる場所がないと、自転車や車を使い遠くに行かなければいけないので大変です。
買い物をする場所に不便しないかも、物件を見学した際にきちんとチェックしてください。

同棲のため借りることを不動産屋・大家にいうべき?

同棲する目的で賃貸の審査に申し込むと通りにくいという話がありますが、審査に通るために同棲を隠してはいけません。

家探しを手伝ってくれる不動産屋さん、家を貸してくれる大家さんには包み隠さず「同棲ための家を探しています」と伝えましょう。
事前にいっておけば、不動産屋さんも希望に合う物件を紹介しやすいです。

大家さんも目的が分かっていると、理解を示して許可してくれる場合があります。
カップルで暮らすことを隠したまま話を進めるのは、後で契約違反などの問題に発展するので不動産屋さん・大家さんには正直にいうべきです。

まとめ

同棲する家に最適な間取りは、あなたが一人になれる場があるかです。
誰かと一緒に暮らすと気苦労やすれ違いもあるので、 気持ちを落ち着けるために一人で過ごせる空間の確保は重要と考えましょう。
今回ご紹介した記事の内容を参考にして、カップルで暮らせる良い物件を探してみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!