ストレス診断はなぜ行う?診断テストをする理由とは

最終更新日

なぜストレス診断を行うのか知っていますか?2015年に労働者に対して行うことが義務化され、実際に行った事のある人もいることでしょう。

ですが、「ストレスくらい自覚できる」「管理できる」と、診断自体に疑問を持った人もいるかもしれません。

なぜストレス診断を行う必要があるのか。その理由について紹介します。

ストレス診断の目的

ストレス診断が必要な理由は、「本人がストレスを自覚していない」ためです。本来なら自分でストレスが自覚できるものですが、ストレスを感じる環境が「当たり前に」なってしまうと、「ストレスを感じている」という事実が無くなっていきます。

もちろん、「当たり前」となったからといって、ストレスを感じなくなるわけではありません。感情では感じないだけで、精神や肉体にそのストレス(疲れ)は溜まっていきます。

さらに、ストレスは判断能力を鈍くさせます。元気な時なら「理不尽」と感じることも、ストレスが蓄積されていれば、同じように「当たり前」と感じてしまうでしょう。

そして、そのストレスは次第に溜まっていき、最終的にはうつ病や拒食症といった症状に表れてしまうのです。

日本人の体質ともいえますが、日本人は何事も耐えてしまいがちです。耐え忍ぶことを美点と考える人も多く、ストレスをため込んでしまいます。「このくらい耐えられないのは恥」「自分が悪いのだから仕方がない」などと考えてしまう人も珍しくはなく、うつ病や自殺などが多いことから、一時期は社会問題としても考えられていました。

そこで政府は、「自覚していないストレス」を自覚させるため、客観的に判断できるストレス診断を義務化します。客観的に自分を見つめ直すことで「自分はストレスを感じているのか」と自覚させ、自主的に休ませるよう仕向けたのです。

診断テスト自体は主に「はい」か「いいえ」の簡単な内容ですが、その目的はストレスの自覚であり、健康維持を続けるために重要な方法なのです。

ストレスによる症状

ストレスがたまると自律神経の乱れが生じます。自律神経とは、呼吸器や消化器など体の鬱側を調整する神経のことで、乱れが生じるとそれぞれの機能も正常ではなくなるのです。下痢や便秘、頭痛や動悸など、様々な不調を感じ始め「自立神経失調症」として診断されます。

さらに、体調が悪くなることで精神も病んでしまいます。睡眠不足や疲れなどから考えるのも辛くなり、うつ病や不眠症といった症状にもなっていくのです。

当然ですが、心身ともに正常ではなくなると、仕事どころか日常生活にも支障が出てきます。そうなる前に、ストレスを意識して自主的に発散することが大切です。

ストレス診断の内容

ストレス診断は、主に「はい」か「いいえ」の自己申告形式の診断テストです(3~4段階など、パターンは豊富にある)。

ただ、特に内容の決まりはありません。厚生労働省が発表する模範となる内容はあるものの、診断を実施する病院や施設ごとに内容は変わってきます。もちろん、内容が違っても問題ありません。最終的にはストレスを自覚できればいいのです。

ストレス診断では、どのような内容を質問されるのか。質問を一部紹介しますので、自分の状況と照らし合わせてみてください。(全57問中20問)

テスト内容

● 非常にたくさんの仕事をしなければならない
● 時間内に仕事が処理しきれない
● 一生懸命働かなければならない
● 勤務時間中はいつも仕事のことを考えていなければならない
● 自分のぺースで仕事ができる
● 自分で仕事の順番・やり方を決めることができる
● 私の部署内で意見のくい違いがある
● 私の職場の作業環境(騒音、照明、温度、換気など)はよくない
● イライラしている
● だるい
● 何をするのも面倒だ
● 仕事が手につかない
● めまいがする
● 頭が重かったり頭痛がする
● 首筋や肩がこる
● 目が疲れる
● 動悸や息切れがする
● 食欲がない
● 便秘や下痢をする
● 仕事に満足だ

引用:こころの耳「5分でできる職場のストレスセルフチェック」

ストレス発散方法

ストレス発散方法をいくつか紹介します。ストレス診断でストレス過多と分かったらぜひ試してください。

運動をする

ストレスを感じたら、運動をすると良いです。運動することでセロトニンやエンドルフィンといった脳内物質が分泌され、気分を向上させるとともに自律神経を整えます。汗をかいて気持ちが良く感じるのも、ひとえに脳内物質が分泌されているからです。

また、運動中は無心になれます。ストレスの原因となる嫌なことが忘れられ、心の平穏につながるでしょう。

他にも、運動してお腹が空けば食事も美味しくいただけます。疲れることで熟睡もしやすくなるなど健康的な生活を過ごせ、自律神経の改善につながります。

湯船に浸かる

湯舟にゆっくり浸かるだけでも、ストレスは軽減します。湯船につかることで体を休ませる副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスできるからです。

また、体温が上がることで血行も良くなります。体内に溜まった乳酸や老廃物を汗と一緒に排出するようになり、肉体の疲れも解消してくれるでしょう。

シャワーだけでは、体の芯まで温まらずリラックス効果はあまり期待できません。心身ともに疲れた時には、湯船に浸かって体を温めてください。

大声を出す

大声を出すこともストレス発散に効果があります。昔から伝えられている方法の一つであり、大声を出すことで横隔膜を動かし、自律神経の切り替わりを正常化されます。大声を出してはいますが横隔膜がしっかり動くのは深呼吸した状態と同じであり、副交感神経が優位になるのです。

また、嫌な事や不安な事を吐き出すことで気持ちの整理にもなるでしょう。大声を出す瞬間は無心にもなれ、気持ちがスッキリします。

もちろん、ただ叫ぶのが恥ずかしい人はカラオケでも良いです。元気よく歌えば大声を出した時と同じ状態になります。ストレス発散も兼ねて、楽しみながら歌ってください。

瞑想をする

瞑想も、ストレス発散に効果があるといわれています。無心になることで心がリラックスし副交感神経が優位になるのです。また、嫌な事も忘れることができ、文字通り時間を忘れてゆったりできます。

他にも、ヨガのように呼吸を意識することで、疲労回復効果も期待できます。酸素を多く取り入れることで血行が改善され、心身ともに癒されるでしょう。

ストレス診断は真剣に行うこと

多くの人はストレス診断を知っているとは思いますが、同時に重要性を理解していない人も多いのではないでしょうか。「自分のことは自分が一番よく分かっている」のはもちろん、テスト内容はすべて自己申告式であるため、単なる形式上の診断だと思うかもしれません。

ですが、本当に大切なのは「ストレスを自覚していないかどうか」を知ることです。普段「ストレスを抱えていない」という人も、ストレス診断を真剣に行うことで、実はストレスを抱えていたという事が分かります。現在何も問題が無い人も、ストレスが蓄積し将来的に体を壊すリスクを回避できるのです。

自分のことは自分が一番よく分かっている。だからこそ、他人からはストレスに耐えている現状が分かりません。年に1度はストレス診断を、自分の精神状態を把握してください。

そして、ストレス値が高そうと感じたら、心身を壊す前にストレス発散に勤めましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!