守護霊からのメッセージとは?どんなことが分かるの?

普段生活の中で、変わった感じを覚えることはありませんか。「なんか好かない」「嫌な予感がする」など、明確な理由が無くても、何か感じることがあると思います。
多くの場合、気分だったり気のせいだったりで片付けられてしまいますが、もしかしたらそれは、守護霊からのメッセージかもしれません。
守護霊とはどのような存在なのか。また、守護霊からメッセージとはどのような事なのか。受け取り方や内容について紹介します。

そもそも守護霊ってなに?

守護霊とは、憑いた者を守ろうとする霊的な存在の事です。誰もが必ず守護霊に守られていると考えられており、不運や災厄、悪霊などのスピリチュアル要素から守られています。仮に守護霊がいないとすると、悪運から身を守るすべがなくなり、何をしても上手くいかない不運な人生を送ることになるでしょう。知覚することはできませんが、スピリチュアル要素的にとても重要な存在といえます。また、憑いた者を守るだけではなく、道を正す存在でもあります。悪いことをすれば罪悪感を感じさせたり、物事に迷ったら道を教えてくれたりなど、良い人生を送れるようサポートするのです。直接的に何かするわけではありませんが、さり気なく人生をサポートする「縁の下の力持ち」的存在です。

メッセージの貰うには?

守護霊からのメッセージは、メールや電話などのように、直接分かるものではありません。多くの場合、「夢占い」や「虫の知らせ」といった、第六感で知ることになります。また、内容も的確なわけではありません。予知夢のように直接的に分かる場合もあれば、胸騒ぎのように「原因は分からないけど嫌な予感がする」といった、あいまいな内容も珍しくはないです。そのため、普段から意識していないと見逃すこともよくあります。折角の忠告を見逃さないよう、メッセージの受け取り方を知っておくと良いでしょう。

直感

最もメッセージとして感じられるのは、直感です。「虫の知らせ」や「胸騒ぎがする」といった第六感やスピリチュアル的な面で強く感じます。
例えば何かする際、「なんか合わない」「生理的に苦手」といったように、明確な理由は無いけどダメな時もあるでしょう。そのような場合の多くは、守護霊によって失敗が示唆されているわけです。
逆に、宝くじを選ぶ際、ピンと来た番号を選んだら当選した、なんてこともあります。そのような場合でも、守護霊が干渉して当たりそうな番号をさり気なく教えてくれるわけです。
もちろん、全ての直感がメッセージというわけでがありません。「気のせいだった」という結果が多々あります。
とはいえ、昔から直感による謎めいた現象や出来事は数多く報告されています。何か知らせを感じるようなら、素直に行動した方が良いでしょう。たとえ直感がハズレていたとしても、自分の予感に従った結果ですのでスッキリした気持ちで行動できます。

夢占い

夢の中でも、守護霊からメッセージを受け取ることがあります。予知夢や白昼夢、霊夢といった、「記憶の整理」だけでは説明できない現象は数多いです。それらの現象は、守護霊が干渉してメッセージを送っているからだと考えられています。もちろん、多くの場合は単なる「記憶の整理」です。その日の出来事や印象に残った過去の出来事から夢が形成されます。ですが、「なぜそのタイミングでその夢を見たのか」が重要になり、夢占いで照らし合わせることで、守護霊からのメッセージに気が付くこともあるのです。印象の強い夢や普段とは違う夢など、特徴的な夢は守護霊からのメッセージの可能性が強いです。忘れないよう、起きたらメモ帳に書き出して内容を考えてみてください。

既視感

既視感とは、以前に見たことが無いのになぜか知っている感覚のことです。「デジャヴ」とも呼ばれ、懐かしさや違和感を感じます。
違和感の中には守護霊からのメッセージが隠されていることが多く、気が付くことで幸運や不幸を知ることができます。直感と同じで、守護霊が違和感を教えてくれているわけです。
既視感を感じる人の多くは、「気のせい」で違和感を流してしまいます。場合によっては不運や危機を知らせるサインかもしれませんので、「気のせい」で流さず、違和感について考えてみましょう。

メッセージの内容

守護霊が送るメッセージは、主に「危機」「好機」「転機」の3つに分けられます。

危機

危機とは、その名の通り、その人に差し迫る危険を知らせる内容です。交通事故や体調不良などを予見します。他にも、「明日のテストで0点を取る」「重要な取引に失敗する」など、総じて不幸な出来事を伝えてくれるわけです。
また、危機には身内や友人などの近しい人の不幸も含まれます。「虫の知らせ」や「胸騒ぎがする」ことがまさにそれであり、嫌な予感を教えてくれるのです。
メッセージの内容は、不幸を知らせるだけではなく、「不幸があるから対応してほしい」という警告も含まれています。嫌な予感がする時には、何があっても良いように心構えをしっかり持ちましょう。

好機

好機とは、良い知らせのことです。宝くじの当選を予知したり、気になる人の出会いを教えてくれたりなど、幸運な出来事を教えてくれます。
ただ、幸運の規模はその時々であり、宝くじで1億円当たる時もあれば、自販機の下から500円を拾うなど、決まっているわけはありません。
あくまでも、「0から見てプラスの結果を知らせる」だけです。
とはいえ、吉報であることには変わりありません。折角の幸運を逃さないようにしてください。

転機

転機とは、チャンスのことです。この後の選択次第で、運命が大きく変わる可能性があることを示唆します。昇進や結婚など、選択次第では絶好の好機といえるでしょう。
ただ、結果が必ずしも良い結果とは限りません。選択した結果、危機になることもありえます。あくまでも転機を知らせてくれるだけで、その後の選択は本人次第だと思ってください。
重要な場面で何か感じるようなら、一度状況を見直して見ましょう。

「気づき」を大切にしよう

守護霊からのメッセージは、主に「気づき」によって伝わります。直感、夢占い、既視感など、方法はともあれ、違和感や印象に残ったことがメッセージといえます。メッセージは、時に重要なことを教えてくれたりもします。不思議な経験をした際は、「まぁいいか」と流さず、「なんだろう」と軽くで良いから考えてみてください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!