肌を守るバリア機能とは。注意するポイントは?

最終更新日

人の肌には、体表を覆う薄い膜が存在します。膜は外部刺激から肌を守るだけではなく、肌の保湿を助け、瑞々しい肌を保つのです。肌を守るバリアとはどのようなものなのか。バリアの機能やケアの仕方などを紹介します。

肌を守るバリア機能とは

肌には、本来外的刺激から守るバリア機能があります。肌表面0.02mmの角質層には油分が含まれており、それによって肌に弾力と潤いを与え、肌の健康を守るのです。ですが、ストレスや加齢など、何らかの原因によって油分が減少すると、肌が固くなり弾力性も失われます。肌表面を覆う油の膜も無くなることで、体内から出る水分を防ぐことができなくなり、ガサガサ肌になるのです。他にも、紫外線から皮膚を守ってシミ・ソバカスを予防したり、雑菌を防いで風邪を引きにくくするなどの効果もあり、肌のバリア機能は美容と健康の両方に役立つのです。

3つの肌バリア

肌のバリアは全部で3段階から成り立ちます。それぞれ役割は違いますので、覚えておくと良いでしょう。

皮脂膜

皮脂膜は、角質の表面を守る膜のことです。端的に言ってしまえば、肌表面と言えるでしょう。皮脂膜には、汗腺から出る汗(水分)と皮脂腺から出る皮脂(油)が混ざり合い、肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。また、油分があることで弾力性や滑りも良くなり、外部刺激から肌を守ってくれます。他にも、雑菌やアレルゲンなども皮脂膜で防ぐことができ、身体を健康に維持する役割もあるのです。

NMF

NMFとは、「ナチュラル モイスチュアライジング ファクター」(Natural Moisturizing Factor )の略称です。乳酸やミネラルなどの天然保湿因子を一纏めにした総称でもあり、角質細胞に水分を蓄え、常に細胞に潤いを与えます。

細胞間脂質

細胞間脂質とは、角質細胞の間を満たす油溶性の潤い成分です。煉瓦の間に入れるセメントのように、角質細胞同士の間に詰まっており、角質細胞の間から水分が抜けてしまうのを防いでくれます。細胞間脂質が低下していると、いくらNMFが潤っていてもすぐに水分は蒸発してしまいます。乾燥肌を改善するためには、細胞間脂質を補充することが大切です。

敏感肌は肌のバリア効果が低い可能性がある

日光やほこりなど、外刺激に弱い肌のことを敏感肌。痒みや発疹などができやすく、悩んでいる人も多いことでしょう。そんな敏感肌ですが、原因は肌のバリア機能の低下が関係しているかもしれません。そもそも敏感肌は、肌の乾燥が原因で生じる状態です。肌に潤いがなくなると、外部刺激から守る膜(皮脂膜)も減ってしまい、痒みの原因となるアレルゲンや菌の侵入を許してしまいます。弾力もなくなることで刺激も強く感じるようになり、より敏感になるのです。また、潤いがなくなることで肌もガサつきます。水分のない角質は剥がれやすくなり、フケやささくれなども目立つようになるでしょう。

肌バリアを保つためには

肌バリアを正常に保つための方法をいくつか紹介します。

肌は優しく洗う

肌バリアは、強く擦ることで壊れてしまいます。身体を洗う際は、ゴシゴシ洗わず優しく洗ってください。泡をしっかり立て、撫でるようにしながら洗うと良いです。また、熱いお湯も避けてください。温度が高いと水分の蒸発も多くなり、余計に肌が乾燥します。ぬるま湯で泡をしっかり流した後は、タオルで優しく拭き取りましょう。

洗ったらすぐに保湿する

顔や体を洗ったら、すぐ保湿するようにします。身体を洗った後は肌バリアも減少しており、放置していると、どんどん肌の水分が蒸発してしまうからです。洗体後、約15分を目安に保湿ケアをしてください。ちなみに、保湿液と保湿クリームは別の物です。保湿液はNMFに水分を与え、保湿クリームは皮脂膜や細胞間脂質を強化し水分の蒸発を防ぐのです。保湿するならクリームの方が効果的ですが、どちらも違う役割がありますので、両方使うようにしましょう。

紫外線対策をする

紫外線も、肌バリアが低下する原因の一つです。長時間紫外線に当たると、活性酸素が発生し細胞が変質(日焼け)してしまいます。変質した細胞はバリアに必要な栄養素を満足に作れなくなり、結果として肌がガサガサになってしまうのです。また、極度の日焼けは悪性腫瘍(がん)の発生率も高め、あまりよくありません。帽子や長袖、日焼け止めなど、夏場はもちろん、日差しが強い日には欠かさず対策を行ってください。

生活習慣の見直し

肌バリアが低下する原因は、外部刺激からだけではありません。自律神経の乱れによって生成がされにくくなります。睡眠不足、運動不足、喫煙、偏食など、身体へのストレスは総じて自律神経の乱れに繋がります。良質の睡眠や適度な運動、バランスのとれた食生活を意識し、ストレスの無い健康的な生活を目指しましょう。

肌バリアを改善すれば外見年齢も変わる

肌バリアがしっかり形成できていれば、瑞々しい肌を保つことができます。瑞々しい肌は若々しく見え、簡易的なアンチエイジング効果も期待できるでしょう。もちろん、老いや体質など人によっては限界がありますが、やらない理由はありません。保湿液や保湿クリームはもちろんですが、「保湿ケアをしているけど乾燥肌が治らない」と言う人は、生活習慣を見直して見ると良いでしょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!