スッキリさせるキッチンの収納法!意外な収納方法をご紹介

キッチンは物が多い場所です。まな板と包丁を始め、鍋、お玉、フライパン、調味料、ハサミなど、料理のレパートリーを増やすごとに増えていきます。

散らかったままだと料理もできないため収納したいところですが、量が多くてどのように収納すればいいのか悩みの種です。

キッチンをスッキリさせるにはどのようにすればいいのか、一例ではありますが紹介します。

基本は「見やすく使いやすく」

収納は、「見やすく使いやすく」を念頭に作業を行います。調理道具は、普段から使用する物です。いくらスッキリ収納しても、使いにくければ意味がありません。

また、見やすくすることも重要です。どこに何があるのかが分かれば、すぐに道具が使えて時間と労力を少なくできます。

「自分だけが分かればいい」という人もいますが、家族も使うなら見やすく使いやすいのは大切です。なにより、スッキリした見た目は清潔感があり、やる気もみなぎってくるでしょう。

場合によっては収納できる量と反する事もありますので、いろいろと試してみてください。

アイデア:1「吊るして収納する」

普段お玉をどのように収納していますか?一般的に吊り下げて収納していると思います。吊り下げておくと見やすくて取りやすく、とても便利です。

それと同じように、吊り下げられる物は吊り下げてしまいます。フライ返し、穴あきお玉、ヘラなどは場所を取らずにかけておけます。壁や棚の下にフックを取り付ければ、すぐに収納場所ができるでしょう。マグネット式のフックなら取り外しも便利でおすすめです。

もしフックを取り付ける場所が無ければ、木製のウォールやメッシュパネルなどで壁を自作し、そこにフックを取り付けることもできます。

また、お玉などだけではなく、コップやフライパンなども吊り下げられます。邪魔にならない範囲でいろいろとと吊り下げてみましょう。

アイデア:2「立てて収納する」

フライパンなどは立てて収納するといいです。一般的にフライパンは重ねて収納しますが、それだと、下のフライパンを取り出す時には全て出さなければいけません。ですが、立てて収納すれば、重ねる必要が無くすぐに取り出せます。

また、立てておけば収納スペースも広がります。鍋などの、横スペースが広くてあまり収納できない道具も、立てて収納すれば約2倍は収納できるようになるでしょう。

立てる際は、100均でも販売しているファイルボックスがおすすめです。引き出しに引き詰め、個別に入れていきましょう。

他にも、キッチンペーパーも立てておくと邪魔になりにくいです。専用のキッチンペーパーを立ても販売していますので導入してもいいでしょう。

アイデア:3「ラックで上下に分ける」

シンクの下の引き出しなど、収納スペースの上の部分がデッドスペースになることがあります。本来なら取りやすくするために余裕をもたせているのですが、スペースが少し勿体ないです。

そのような時には、収納棚にラックを入れるといいです。ラックを使って高さを区切れば、空間を無駄なく使い収納することができます。

また、ラックで分けることで見やすくもなります。一つの収納棚の中でも、鍋、フライパン、ザル、缶詰といったように、種類ごとに分けることもできるのです。

他にも、小さいラックを使えば、食器棚や冷蔵庫の中に新しい棚(段)を作ることもできます。丁度いいサイズのラックが無ければ、100均でも購入できるつっかえ棒を横向きに取り付けることで棚としてもいいでしょう。

アイデア:4「箱に小分けにする」

ラックとは別に、箱を収納棚に入れることでスッキリ整頓することができます。調味料やスプーンなどの細かい物も、まとめて収納できでしょう。

また、取っ手やキャスターが付いていると、引き出しとしても使えます。ラックと組み合わせれば、即席の収納棚の完成です。奥の方に入れてしまってもスムーズに取り出せます。

他にも、醤油や食用油などの大きい物を区切ったり、冷蔵庫の中身をまとめたりなどにも使えます。

100均で大量に箱やケースを仕入れて、収納棚や冷蔵庫の中をスッキリ見やすくしましょう。

アイデア:5「容器を入れ替える」

調味料などは、購入したままにはせずに入れ替えてしまってもいいでしょう。醤油や砂糖などは容器が大きくて使いにくいですので、小さい容器に移し替えて使用します。

また、トウガラシや胡椒などの容器の大きさが違うものは、同じサイズの容器に移し替えておくと、無駄なスペースができにくくキッチリ収納できます。見た目も統一されて、とてもおしゃれです。名前付けテープ(テプラ)を付ければ、容器が同じでも迷う心配はありません。

他にも、取り出しにくいゴミ袋をファイルケースに移したりするのもいいでしょう。

ただ、移し替えるのは大変ですので、面倒なら無理にやる必要はありません。

収納テクニックは無限大

今回紹介した収納テクニックはあくまで一例です。他にも、扉に小物入れを付けてそこにお玉などを収納したりなど、工夫次第でいくらでも収納ができるでしょう。

キッチンの状態はもちろん、それに伴い見やすさや使いやすさは家庭ごとに違ってきます。いろいろと試してみて、最も使いやすいキッチンを実現してください。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!