家庭でできる冷え性対策!冷え性は何が原因?

手足が寒くて辛い冷え性。冬場は特に冷えてしまい、困っている人も多いのではないでしょうか?寒さ対策として、靴下を履いたり暖房を入れたりもしますが、酷い時にはそれでも寒く感じてしまいます。

生活に支障を与える冷え性は、どうにかできないのか?冷え性の原因と、家庭でできる冷え性対策を紹介します。

冷え性はなぜおきる?

なぜ冷え性になるかというと、自律神経の乱れによる血行不全が原因です。

人間には交感神経と副交感神経という2つの神経(自律神経)があり、それぞれ交互に切り替わって体の調子を整えます。緊張して交感神経が働くことで血管が収縮し、逆にリラックスすることで副交感神経が働き血管が拡張するのです。

ですが、ストレスなどによって自律神経が乱れると、自律神経の切り替えが上手くいかず、常に緊張して血管が収縮した状態が続いてしまいます。(交感神経優位)

人の体温は血流量によって決まり、血流量が多いと体温が高く、逆に血流量が少ないと体温も低くなるのです。

また、血流量が減ることで、代謝も少なくなります。血液には細胞に酸素や栄養を運ぶ働きがあるのですが、血流量が減れば運ぶ酸素や栄養も減ってしまいます。

すると、代謝が低下してしまい、発熱されず冷え性になってしまうのです。

ストレスには様々な理由があります。生活や会社への不安、寝不足、偏食、体の疲れなど、日々の負担が全て冷え性の原因といえます。冷え性にならないためには、生活改善をして、それらのストレスを溜めないようにするのが大切でしょう。

女性が多い理由

冷え性は、特に女性がなりやすいです。というのも、女性の方が男性よりも筋肉量が少ないからです。

筋肉は収縮(運動)することで熱を放出します。筋肉量が多ければ、それに比例して発熱量も増えるのです。女性だからといって筋肉量が少ないわけではありませんが、男性と比べると少ないのが一般的といえます。

また、女性には生理があります。生理中はホルモンバランスが崩れやすく、自律神経が乱れ血管が収縮しやすい状態です。月経により血液量も減ってしまい、全体的に冷え性になりやすい状態といえるでしょう。

家庭でできる冷え性対策

冷え性は、自宅で改善することができます。靴下を重ね履きしたり、暖房器具が手放せない人は、ぜひ試してみましょう。

体を温める食事をする

食生活を変えることで冷え性も改善します。人参やごぼうといった根菜類を始め、かぼちゃ、ジャガイモ、玉ねぎなどの、水分が少なく寒冷地(冬に育つ野菜)で育つ作物は、食べることで体を温めてくれます。

もちろん、温かい鍋にして食べればより効果的です。

他にも、筋肉を付けるタンパク質(肉や豆)や炭水化物。納豆やキムチなどの発酵食品。血行促進を促すビタミンEを含むナッツ類なども、冷え性に効果があります。

また、紅茶やウーロン茶などの製造過程で発酵させた飲み物。血管拡張作用の効果があるポリフェノールを含むココアや赤ワイン。ワサビやトウガラシや生姜などの調味料も体を温めてくれるでしょう。

大まかな体を温める食品(例外あり)

  • 寒い地方で収穫できる作物や海鮮類
  • 地面より下で育つ根菜類
  • 赤や橙色などの暖色の食品
  • 発酵食品や香辛料

体を冷やす食べ物

体を温める食べ物とは逆に、体を冷やしてしまう食べ物もあります。基本的には、水分が多く温暖地(夏に育つ野菜)で育つ作物は、体を冷やしやすいです。

きゅうりやナスなどの夏野菜や、柑橘類を除いたフルーツ類。豆腐、枝豆、小麦、緑茶、コーヒー、バターなども体を冷やしてしまいます。

偏食になるため全くダメというわけではありませんが、食べすぎには注意しましょう。

大まかな体を冷やす食品(例外あり)

  • 暖かい地方で収穫できる作物やフルーツ
  • 地面より上で育つ根菜類や葉物野菜
  • 青や緑などの寒色の食品
  • 麦、乳製品、酢(酸味が強い食品)

体を動かす

体を動かすことで、脂肪が燃焼され発熱します。代わりに筋肉量は増え、血流量が増えるのです。

運動が苦手という人はウォーキングやストレッチでも効果があります。自分で手足をマッサージするのも良いでしょう。見た目は良くありませんが、貧乏ゆすりなどの動作も効果はあります。

とにかく、体を動かすことが冷え性対策になるといえるでしょう。

入浴する

一番手っ取り早いのは入浴してしまうことです。体の芯まで温められ、冷え性対策になります。

サッと湯船に浸かるだけではなく、汗が滲み出るようにじっくり湯船に浸かってください。熱過ぎないよう、大体40℃くらいがおすすめです。

時間が無ければ、手足だけでも大丈夫です。手足が温められることで末梢血管も温められ、心臓を経由して全身に血液が巡ることで、全身が温められます。

入浴後は、湯冷めしないように暖かい格好で過ごしましょう。

早寝早起きを心がける

冷え性は早寝早起きをすることでも改善されます。冷え性の原因は自律神経の乱れにありますので、規則正しい生活をして自律神経を正せば、自然と冷え性は改善されるのです。

他にも、ストレスを溜めないのはもちろん、マッサージや入浴などをしてリラックスすることでも自律神経は改善されます。

仕事などの都合で規則正しい生活は難しいかもしれませんが、意識して精神に負担がかからない生活を送りましょう。

元を改善して冷え性を治す

一般的な冷え性対策は、とにかく温めることです。靴下などの重ね履きはもちろん、暖房器具や懐炉で暖をとる人は多いことでしょう。

もちろん、冷え性対策として間違ってはいませんが、それだけだと根本的な解決にはなりません。

食事や運動など、生活習慣が改善されれば冷え性も改善されます。私生活を見直して、冷え性に悩まない生活を送りましょう。



『驚くほど当たる』と話題の奇跡のスピリチュアル診断が今なら初回無料!

あなたの不安や悩みに対して、占い鑑定師が親身に受け答えしてくれます。 恋愛における片思いの相手の気持ちや相性、転職・仕事の運勢、結婚や復縁の相談など、不安なことにメール占いで答えます。

『今後の運勢』知りたい方!今だけ≪無料鑑定≫を体験下さい!